大手カードローン会社「金利」比較と目の付け所!

「カードローンでもっとも重要なポイントは?」と聞かれたら間違いなく金利です。金利が高いと「いつまでも返済が終わらない・・・・・・」なんてことにもなりかねません。

逆に金利が低ければ低いほど、返済は楽になっていきます。

そこで今回はカードローンの金利に関して徹底解説してみました。まずは大手カードローン会社の金利を比較してみましょう。消費者金融系と銀行系カードローンに分けて比較しています。

\すぐに借りるなら/

大手消費者金融系の金利一覧

企業名 金利(年率)
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%

大手銀行系カードローンの金利一覧

企業名 企業名
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
イオン銀行カードローン  3.8%~13.8%
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8%
住信SBIネット銀行ミスターカードローン スタンダードコース 8.99%~14.79%
プレミアムコース 1.899%~7.99%

銀行系VS消費者金融系どっちの金利がお得?

上記の比較表を見て分るとおり、あきらかに銀行系のほうが低金利です。最低金利に関してはどちらも大差ないように感じます。しかし、消費者金融系はプロミス以外、すべて最大金利が18%になっています。プロミスに関しても、17.8%ですのでたったの0.2%しか違いがありません。

対して銀行系の最大金利は15%以下が多くなっています。住信SBIネット銀行ミスターカードローンのプレミアムコースにいたっては、7.99%と消費者金融系の半分以下です。このように金利に関してはあきらかに銀行系のほうが有利になっています。

注目すべきは最低金利より最大金利。その理由とは?

カードローンの金利は4.5%~18.0%などと、最低金利と最大金利が表示されています。このどちらに注目すべきがですが断然、最大金利のほうになります。理由は大抵の場合、最大金利に設定されることが多いからです。

金利は限度額によって決まります。限度額が高くなるほど金利は下がり、逆に限度額が低いほど金利は高くなるのです。どの業者でも最初から、高額の限度額を設定してもらうのは難しいです。まずは小額の限度額からスタートして、返済実績を積み上げてから増額するというパターンが一般的になります。

とくに消費者金融は総量規制がありますので、年収の1/3までしか限度額を設定してもらえません。年収300万円とすると限度額は100万円までになります。しかも100万円はあくまで最大限度額ですので、ほとんどの場合、100万円以下になることが多いです。

一方、総量規制のない銀行系のほうはどうでしょうか?消費者金融系よりは限度額を高めに設定してもらえる可能性はあります。しかし、やはり初めから高額の限度額というのは、難易度が高くなります。

医師や弁護士、公務員など安定した職業についており、収入も高いという場合なら、話は別ですが、そうでない場合ははじめから高額の借入れは期待できません。そうした理由から、金利は最低金利よりも最大金利に注目する必要があります。

100万円以下の借入れは最大金利に設定される!?

業者にもよりますが、100万円以下の借入れは最大金利に設定されることがほとんどです。これは利息制限法が関係しています。利息制限法とは、借入額ごとの上限金利を定めた法律になります。利息制限法の上限金利は以下のとおりです。

借入額 上限金利
10万円未満 年20%
100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

この範囲内であれば業者は金利を自由に設定しても問題ないということです。業者は金利で儲けているため、できるだけ金利を高くしたいと思っています。とくに消費者金融系はその傾向が強いため、100万円未満の限度額では、最大金利の18%付近になってしまうことが多いです。銀行系に関しても、100万円未満では金利に大きな変更はありません。

金利が違うと利息差はどれくらいになる?シミユレーションしてみた!

金利が低くなるほど利息が安くなるというのは誰でも理解できます。しかし、実際どれくらい差が生まれるのかは金利だけみても実感できません。そこで金利による利息の差をシミュレーションしてみました。

シミュレーションはすべて返済期間を5年として、「借入額×金利÷365×返済期間
」で計算しています。

金利18%の場合

借入額 利息
10万円 9万円(合計返済額19万円)
30万円 27万円(合計返済額57万円)
60万円 54万円(合計返済額114万円)
100万円 90万円(合計返済額190万円)

金利15%の場合

借入額 利息
10万円 7万5,000円(合計返済額17万5,000円)
30万円 22万5,000円(合計返済額55万5,000円)
60万円 45万円(合計返済額105万円)
100万円 75万円(合計返済額175万円)

金利10%の場合

借入額 利息
10万円 5万円(合計返済額15万円)
30万円 15万円(合計返済額45万円)
60万円 30万円(合計返済額30万円)
100万円 50万円(合計返済額150万円)

ご覧のように金利が数%違うだけでも利息にかなりの差がでています。とくに借入額が大きくなるほどその差も大きくなり、借入額100万円のケースですと、18%と10%では40万円も差がついてしまいました。このことからも、借入れするのは金利がなるべく低い業者にしたいものです。

補足として、実際の返済額は各社の返済方式によって違ってきます。より正確に知りたい場合は、各社のシミュレーション機能を利用してください。

まとめ

消費者金融系よりも銀行系のほうが金利が低い傾向にある。

チェックすべきなのは最低金利よりも最大金利のほう。

金利は限度額によって決まるため、初回は最大金利付近になることが多い。

金利は数%違うだけでも利息に差がつくので、なるべく低い業者で借入れしたい。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド