金利(利息)が安いのはどっち?銀行系と消費者金融系カードローン比較!

カードローンには様々な種類がありますが、もっとも人気なのが銀行系と消費者金融系です。

実際にカードローンを利用する方の多くは、このどちらかに申込みをしています。ただ、借入れするならなるべく利息を抑えたいところです。

利息を抑えるにはなるべく低金利で借入れすることが必須です。ここで疑問がでてきます。「銀行系と消費者金融系のどっちが低金利で借入れできるのだろう?」かと。

今回はそんな疑問について徹底解説してみました。この記事を読めば、銀行系と消費者金融系どちらが低金利で借入れできるのかが分ります!

\すぐに借りるなら/

大手銀行系と消費者金融系の金利を徹底比較!お得なのはどっち?

まずは大手銀行系と消費者金融系の金利を比較してみましょう。比較時に注目すべきなのは最大金利のほうです。

ついつい最小金利のほうに注目してしまいがちですが、はじめての借入れ時に最小金利に設定されることはまずありません。

はじめは最高金利付近になることがほとんどです。そのため、金利を見るときは「一番高い金利に設定される」と思って、最高金利に注目するようにしください。それでは金利を比較していきましょう

大手銀行系カードローンの金利一覧

カード名 金利(年率)
新生銀行カードローン・レイク 4.5%~18.0%
三井住友銀行カードローン 4.5%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
じぶん銀行・じぶんローン 2.2%~17.5%
みずほ銀行カードローン・コンフォートプラン 3.5%~14.0%
みずほ銀行カードローン・エグゼクティブプラン 3.0%~7.0%
りそなクイックカードローン 9.0%~12.475%
りそなプレミアムカードローン 3.5%~12.475%

大手消費者金融系の金利一覧

業者名 金利(年率)
モビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
ノーローン 4.9%~18.0%

大手銀行系カードローンと消費者金融系の最大金利を比較した場合、あきらかに銀行系のほうが低金利となっています。

銀行系は最大でも15.0%以下というカードが多いですが、消費者金融系は18.0%で横並びです。

唯一、プロミスが17.8%となっていますが、たったの0.2%しか違わないため、差はあってないようなものです。こうした理由から、銀行系カードローンのほうが低金利であると言えます。

銀行系には最大金利10%以下の超低金利カードもある!

銀行系カードの最大金利の相場は14.5%付近ですが、なかには10%以下の超低金利なカードもあります。

例えば、「住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 」は0.99%~7.99%、「みずほ銀行カードローン・エグゼクティブプラン」は3.0%~7.0%と非常に金利が低くなっています。

また、地方銀行を探せばもっと低金利なカードがあります。和歌山県にある紀陽銀行の「ステータス」というカードローンは、5.2%固定と超低金利になっています。

このように銀行系カードは消費者金融系よりも、最大金利がはるかに低いカードが多くあるのです。

ただし、低金利なカードは申込み条件や審査が厳しいので注意!

銀行系の低金利なカードは年収や勤務年数などの条件があることが多いです。例えば、先に紹介した紀陽銀行の「ステータス」には以下のような申込み条件があります。

  • 勤続(営業)年数が3年以上必要
  • 前年度税込年収が500万円以上必要

こうした申込み条件だけでなく、審査も非常に厳しくなると予想できます。超低金利なカードローンに申込むときはこうした点に注意しておきましょう。

借入れ時の金利はどうやって決まるのか?その仕組みを徹底解説!

金利は限度額によって決まります。限度額が高くなるほど金利が下がっていくのです。これは銀行系でも消費者金融系でもおなじになります。

銀行系(楽天銀行スーパーローン)と消費者金融系(アコム)の限度額ごとの金利を見ていきましょう。

楽天銀行スーパーローンの適応金利一覧

限度額 金利
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

アコムの適応金利一覧

限度額 金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

上記のように限度額が大きくなるほど、金利が下がっていくのが分ります。ただ、先にもお伝えしたように、初めて借入れする場合は最大金利に設定されることがほとんどです。

理由は新規での借入れ時の限度額は100万円以下になるケースが多いためです。

銀行系でも消費者金融系でも、100万円以下ですと金利がほとんど下がらず、最大金利での借入れになることが基本です。実際に楽天銀行スーパーローンは100万円未満ですと、最大金利の14.5%が設定されます。

アコムに関しても7.7%~18.0%となっていますが、100万円以下の限度額では、実際のところ18.0%付近になることがほとんどかと思います。

また、アコムのような消費者金融系には総量規制があります。総量規制によって年収の1/3以上の借入れはできないため、限度額を上げてもらうのが銀行系よりも厳しくなっています。

このように金利は銀行系・消費者金融系ともに限度額によって決まります。どちらも最初は100万円以下の借入れになることがほとんどなため、初めの金利は最大金利付近に設定されることが多くなります。

まとめ

借入れ時に注目すべきは最大金利です。消費者金融系の最大金利の平均は18.0%ですが、銀行系は最大でも15.0%以下というカードが多くなっています。そのため、銀行系のほうが低金利と言えます。

「できるだけ低金利で借入れして、利息を少なくしたい」というなら、銀行系カードローンのほうが間違いなくおすすめです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド