お金をたくさん貸してくれるのはどっち?銀行系と消費者金融系カードローン比較!

「できるだけたくさんのお金を借りたい!」このようなとき、銀行系と消費者金融系ではどちらが良いのでしょうか?今回はそんな疑問を解決すべく調査をして、どちらが高額融資に向いているのかを解説してみました。

この記事を読めば銀行系と消費者金融系、どちらの方が限度額が高いのかや、高額の借入れをおこないやすいかなど一目瞭然!

高額融資を狙うなら、銀行系・消費者金融系どちらが良いのかという、あなたの疑問がスッキリと解決します。

\すぐに借りるなら/

銀行系と消費者金融系はどっちが高額?大手カードの限度額を比較!

大手銀行系カードローンの限度額一覧

カード名 最大限度額
三井住友銀行カードローン 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 500万円
新生銀行カードローン・レイク 500万円
じぶん銀行・じぶんローン 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
みずほ銀行カードローン 1,000万円
イオン銀行カードローンBIG 800万円
ソニー銀行カードローン 800万円
住信SBIネット銀行MRカードローン 1,200万円

大手消費者金融系カードローンの限度額一覧

カード名 最大限度額
モビット 800万円
アコム 800万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
ノーローン 300万円

こうして比較してみると銀行系の方が高い傾向にあるのが分ります。消費者金融系は最大800万円までですが、銀行系は1,000万円以上のカードもあります。

「住信SBIネット銀行MRカードローン」にいたっては、1,200万円までと非常に高額になっています。このように、限度額の高さは銀行系のほうが優れていますので、高額の借入れに向いていると言えます。

・ただし最大限度額=借入れ可能額ではない点に注意しておこう!

比較表の最大限度額はあくまで、最大に設定してもらえた場合の金額になります。実際にこの金額で借入れするのは非常に困難です。とくに新規の場合はまず無理だと思ったほうがいいかと思います。

限度額はクレジットカードとおなじく、取引実績によって上がっていくものです。はじめは取引実績がないので抑え目になることがほとんどです。大抵は100万円以下でスタートとなることが多いのです。

もちろん年収等のステータスが高ければ、高めになることもありますが、それでも難しいことには変わりありません。これは銀行系・消費者金融系でもおなじです。

銀行系のほうが高額の借入れに向いているもうひとつの理由とは?

銀行系は消費者金融系よりも限度額が高いだけでなく、高額の借入れに向いているもうひとつの理由があります。それは「総量規制」がないことです。

消費者金融のような貸金業者には総量規制があり年収の1/3までしか借入れできないという欠点があるのです。

例えば、年収400万円なら、借入れできる額は1/3の133万円までなります。さらに他の貸金業者の借入れも総量規制の対象になります。

例えば貸金業者A社で50万円、B社で30万円、C社で40万円と合計120万円借入れしているとしましょう。

このとき年収400万円なら、1/3の133万円-120万円=13万円となり、新たな貸金業者では13万円までしか借入れできません。このように消費者金融系には総量規制があり、高額の借入れが非常にむずかしいのです。

一方、銀行系は総量規制がありません。年収の1/3までという縛りがないのです。そのため、年収の1/3以上の借入れも理論的には可能なのです。もちろん、限度額は年収の影響を大きく受けますので、上限はある程度決まってきます。

それでも、総量規制がない銀行系カードは消費者金融系よりも高額の借入れに向いているのは間違いありません。

銀行系は収入証明が不要になる可能性が高いのもメリット!

銀行系カードは収入証明が不要になる可能性が高いというメリットもあります。消費者金融系では50万円以上、もしくは他の貸金業者と合わせて借入れ額が100万円以上になる場合、収入証明が100%必要になります。

一方、銀行系は各社によって異なりますが、300万円以上というところが多くなっています。実際に銀行系の収入証明が必要な額を見てみましょう。

カード名 収入証明が必要な限度額
新生銀行カードローン・レイク 100万円以上
三井住友銀行カードローン 300万円以上
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 200万円以上
みずほ銀行カードローン・コンフォートプラン 200万円以上
じぶん銀行・じぶんローン 300万円以上
楽天銀行スーパーローン 300万円以上
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 300万円以上
イオン銀行カードローン BIG 300万円以上
住信SBIネット銀行・MR.カードローン 300万円以上
ソニー銀行カードローン 300万円以上

ご覧のように各社によってバラつきはあるものの、300万円未満は不要という銀行が多くなっています。

このため、銀行系で借入れする場合は収入証明不要で借入れできる可能性が高いです。収入証明は用意するのが意外と面倒なため、これはかなりのメリットです。

まとめ

高額の借入れに向いているのは銀行系カードローンです。銀行系の場合、消費者金融系よりも限度額が高い傾向にあります。

総量規制がありませんので、年収の1/3までという縛りも受けません。さらに収入証明が不要になる可能性が高いというのもメリットです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド