主婦でも借りやすいのはどっち?銀行系と消費者金融系カードローン比較!

「生活費が足りない!」、「今月は友人の結婚式が3回もある・・・」、「どうしても欲しいものがあるのにお金がない」主婦の場合、どうしても使えるお金に限りがありますので、このように頭を抱えてしまうケースが少なくありません。

そんなときにカードローンを有効活用すれば、問題を解決することが可能です。しかし、カードローンには審査があります。できれば審査はビシッと一発で通したいもの。

人気なのは銀行系と消費者金融系ですが、主婦ですとどちらの方が借りやすいのでしょうか?今回はそんな主婦の借入れについて徹底解説していきます。

\すぐに借りるなら/

銀行系VS消費者金融系。主婦が借入れするならどっちが利用しやすいか?

どちらが借入れしやすいかは主婦のタイプによって違います。主婦といっても、仕事を持っている主婦の方と、専業主婦の方に分かれます。このどちらかによって、利用しやすいものが異なるのです。

そこで主婦のタイプ別に、銀行系・消費者金融系どちらが借りやすいかを解説していきます。

仕事を持っており収入がある主婦の場合

正社員だったり、パートやアルバイトをしている主婦なら、銀行系と消費者金融系ともに利用可能です。どちらでも問題なく借入れできます。

ただし、銀行系は消費者金融系に比べて審査が厳しい傾向にあるため、消費者金融系のほうが借りやすいと言えるかと思います。

収入がない専業主婦の場合

専業主婦の方の場合、銀行系でしか借入れできません。理由は消費者金融系には、総量規制があるためです。総量規制とは「借入れは年収の1/3まで」という法律です。

例えば、年収300万円の方ですと100万円までしか借入れできないことになります。

専業主婦の方ですと収入が0円なため、借入れ額も0円となってしまうのです。このように消費者金融系は総量規制があるため、専業主婦の方の借入れは100%不可能です。

一方、銀行系には総量規制がありません。そのため、専業主婦の方であっても利用可能です。ただし、「配偶者に安定収入があること」が条件となります。

また、すべての銀行系カードがOKというわけではありません。専業主婦NGな銀行もあります。とくに金利等の条件がよいカードほど、その可能性が高いです。

主婦の場合、カードローンの審査はどのようにされるのか?

審査のステップは銀行系と消費者金融系、どちらもほぼおなじです。収入のある主婦でも、専業主婦でも変わりなく、どのカードでも大体以下のようなステップになります。

  1. 申込み
  2. 本人確認
  3. 審査~在籍確認~審査結果の通知
  4. 契約

申込みが完了すると本人確認の電話があります。その後、審査がされ職場に在籍確認の電話がされます。

ただ、専業主婦の場合、在籍確認はありません。(配偶者の職場にされることもほぼなし)その後、審査に通れば契約という形になります。

審査の合否はどう決まるのか?

審査の基準は各社によって違い、完全にブラックボックスです。よって関係者以外は知りようがありません。ただ、大手ですと「スコアリング」と「信用情報」が大きなウエイトを占めるのは間違いありません。

スコアリングとは、あなたの個人情報をもとに返済能力をスコア化する審査方法です。申込み時には職業や年収、勤務年数、家族構成などの情報を記入することになります。

そうした情報それぞれに点数をつけ、返済能力をスコア化しているのです。

信用情報というのは、いわゆる「クレジットヒストリー」のことです。クレジットカードやローンを利用すると、その情報が信用情報機関というところに記録されます。

大手のカードローン会社は、この信用情報機関に必ず加盟しており、審査時に100%チェックします。

信用情報機関には、現在の借入れ状況や返済状況、契約情報等が記録されています。また、過去に延滞等の事故情報を起こした場合も、その情報が一定期間記録されます。

そのため、事故情報があると審査に通るのが非常に厳しくなります。

このようにカードローンの審査は、スコアリングと信用情報によって決まってくるのです。

主婦だと審査に不利って本当?

「主婦は審査に通りにくい」このような噂をチラホラ見かけます。しかし、これは正しくありません。

先にも解説したように、主婦といっても仕事を持っている主婦と、専業主婦の2つがあります。そのため、おなじにすることはできないのです。

収入のある主婦の場合

正社員なら不利になることはありません。ただし、パートやアルバイトの場合、若干不利になります。これはスコアリングの点数が低くなるためです。

ただ、正社員と比較して不利というだけです。パートやアルバイトだからという理由だけで、審査落ちすることはありません。

専業主婦の場合

専業主婦の場合、審査上不利なのは間違いありません。専業主婦の方は本人に収入がないため、どうしてもスコアリングの点数が低くなります。

ただ、それだけで審査落ちすることはないので安心してください。専業主婦OKという銀行なら、審査基準を満たすことができればちゃんと融資を受けられます。

パートやアルバイト、専業主婦は限度額が低めになると思っておこう!

ここまで解説してきたとおり、収入のあるないに関わらず、主婦でも借入れは可能です。

しかし、パート・アルバイト・専業主婦の場合は限度額が低めになる可能性が高いです。限度額は、おもにスコアリングと信用情報によって決まります。

パート・アルバイト・専業主婦の場合、どうしてもスコアリングが低くなってしまうため、低めに設定されることがほとんどなのです。

カードによっては、「パート・アルバイト・専業主婦は30万円が上限」などと、最初から決まっていることも多いです。そのため、パート・アルバイト・専業主婦の場合は限度額が低めになると思っておきましょう。

まとめ

仕事を持っている主婦なら、銀行系・消費者金融系どちらでも選び放題です。ただ、審査の通りやすさという点なら、消費者金融系のほうが優れています。

専業主婦の場合、総量規制の関係で消費者金融系は利用不可です。よって利用できるのは銀行系のみとなります。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド