銀行カードローンならどっち?三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 と三井住友銀行徹底比較!

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 と「三井住友銀行カードローン」。この両カードは銀行系カードローンの中でも、もっとも人気の高いカードとして有名です。

そんな両カードは多くの人が注目していますので、「どちらがいいんだろう?」と迷っている方も多くいます。

そこで今回、バンクイックと三井住友銀行カードローンを徹底比較してみました。この記事を読めば、どちらのカードが優れているのか一目瞭然。果たしてその結論は・・・?

まずは両カードのスペックを比較してみよう!

カード名 三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 三井住友銀行カードローン
金利 1.8%~14.6% 4.5%~14.5%
限度額 500万円 10~800万円

バンクイックVS三井住友銀行カードローン。金利はどちらがお得か?

バンクイックの金利は1.8%~14.6%。三井住友銀行カードローンの金利は4.5%~14.5%ですので、最小金利はバンクイック、最大金利は三井住友銀行のほうが低くなっています。

仮に両カードとも最大金利・30回払いで借入れした場合、利息は以下のようになります。

借入れ額 バンクイック
(金利14.6%)
三井住友銀行カードローン
(金利14.5%)
10万円 19,943円 19,802円
20万円 39,902円 39,613円
30万円 59,862円 59,428円
40万円 79,820円 79,241円
50万円 99,774円 99,053円

両カードの最大金利差は0.1%なので、利息にほとんど差はつきません。

ただし、三井住友銀行カードローンはバンクイックよりも、限度額100万円以下の金利の下げ幅が大きいというメリットがあります。まずは両カードの適応金利を見ていきましょう。

バンクイックの適応金利一覧

限度額 金利
100万円以下 年12.6%~14.6%
100万円超200万円以下 年9.6%~12.6%
200万円超300万円以下 年7.1%~9.6%
300万円超400万円以下 年6.1%~7.1%
400万円超500万円以下 年1.8%~6.1%

三井住友銀行カードローンの適応金利一覧

限度額 金利
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

上記のように両カードともに限度額が高くなるほど、金利が下がっていきます。ただ、はじめから高額の限度額を設定してもらうのはむずかしいです。

どれくらいになるかは審査次第ですので一概には言えません。

100万円以下ですとバンクイックでは12.6%~14.6%、三井住友銀行カードローンでは12.0%~14.5%で設定されます。となると、三井住友銀行のほうが低金利で借入れできる可能性があります。

バンクイックでは100万円以下ですと最小でも12.6%ですが、三井住友銀行は12.0%での借入れが可能です。

仮に30回払いでバンクイックを12.6%、三井住友銀行カードローンを12.0%で借入れした場合の利息は以下のようになります。

借入れ額 バンクイック
(金利12.6%)
三井住友銀行カードローン
(金利12.0%)
10万円 17,079円 16,234円
20万円 34,179円 39,613円
30万円 51,275円 48,719円
40万円 68,369円 64,961円
50万円 85,466円 81,205円

それほど大きな差がついたわけではありませんが、先ほどのケースよりは利息差が広がりました。このように金利という点では、三井住友銀行カードローンのほうが若干優れているかと思います。

審査から融資までのスピード。早いのはどっち?

両カードともローン契約機がありますので、審査通過後は土日祝にローンカードを受け取ることができます。

先にWEBから申し込んで審査結果を受け取ると早めに融資が受けられます。

バンクイックは自動契約機を利用すれば早くカードが発行されます。

限度額はどちらが高いか~高額の借入れに向いているのは?

バンクイックの最大限度額は500万円。それに対して、三井住友銀行カードローンは800万円まで借入れが可能です。

また、バンクイックと三井住友銀行カードローンは50万円を超える申し込みの場合は収入証明書類が必要です。

こうしたことから、限度額に関しては三井住友銀行のほうが優れています。

申込みの手軽さはどっちが上か?

まずはそれぞれの申込み方法を確認していきましょう。

カード名 バンクイック 三井住友銀行カードローン
申込み方法 インターネット
モバイル
テレビ窓口
電話
インターネット
ローン契約機
電話

バンクイックも基本的な申込み方法をおさえていますし、自動契約機(テレビ電話)もありますのでその差はほとんどありません。

借入れや返済はどちらが便利か?

両カードの借入れ&返済方法は以下のとおりです。

カード名 バンクイック 三井住友銀行カードローン
借入れ方法 ATM
振込み
ATM
インターネットバンキング
モバイルバンキング
テレホンバンキング
返済方法 ATM
振込み
口座振替
ATM
振込み
口座振替

両カードともに基本的な利用方法はおさえています。提携コンビニATMの手数料は無料です。借入れと返済の利便性に関して差はありません。

結論!バンクイックと三井住友銀行カードローン優れているのは?

今回、様々な角度から比較しましたが両者に優劣をつけることはむずかしいです。金利・限度額などの面から見ると、三井住友銀行カードローンのほうがやや優れています。しかし、その差は決定的なものではありません。

どちらを選んでも差はないため、あなたの利用しやすいほうを選択するのがおすすめです。