はじめてのカードローンはどこがいい?三菱東京UFJ・オリックス・みずほ・三井住友を徹底比較!

「はじめてカードローンを作ることにした。でもどれがいいのか分らない・・・」そんなあなたへ。カードローンは特徴を把握するのがむずかしいため、「どのカードが良いのか?」と悩んでしまうケースが少なくありません。

そこで今回は、三菱東京UFJ・オリックス銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の4社のカードを徹底比較。はじめて利用するなら、どういった基準で、どのカードを利用すべきなのかを解説してみました。

\すぐに借りるなら/

三菱東京UFJ・オリックス・みずほ・三井住友。それぞれの特徴をコンパクトに解説!

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

金利 1.8%~14.6%
限度額 最大500万円

 

金利が最大でも14.6%と消費者金融系よりも低いのもメリット。三菱東京UFJ銀行以外の、コンビニ等の提携ATMで利用しても手数料無料な点も見逃せません。

オリックス銀行カードローン

金利 1.7%~17.8%
限度額 最大800万円

オリックス銀行カードローンは正直、これといった優れた点が見当たらないカードです。即日融資に対応しておらず、今回したカードのなかでは最大金利が17.8%と一番高くなっています。

最大金利17.8%は消費者金融系並ですので、銀行系の売りである金利の低さが得られません。唯一のメリットと言えば、提携ATMの利用でも手数料無料になる点くらいです。

三井住友銀行カードローン

金利 4.0%~14.5%
限度額 最大10~800万円

三井住友銀行カードローンの特徴は、WEBで申込を行い審査通過後、三井住友銀行に設置されている「ローン契約機」を利用すれば、その場でカードを発行してくれるところです。

カード発行後は、土日祝であっても提携のコンビニATMを利用すれば、土日祝であってもどこのATMで利用しても手数料無料という点も魅力的です。

三菱東京UFJ・オリックス・みずほ・三井住友。はじめて利用するならどのカード?

この4社のなかですと必然と、候補は三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の3社に絞られてきます。オリックス銀行は金利が高かったり、他の3社に比べてどうしても見劣りしてしまいます。

そのため、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の3社から選ぶのがおすすめです。ただ、「どういった基準で選んだらいいのか・・・」このような方は多いかと思います。

そうした場合、カードに何を求めるかによって決めるのが良いでしょう。以下にどういった基準で選べばいいかの一例を乗せておきますので、参考にしてください。

金利を重視したい!

「なるべく低金利で借入れしたい!」このような場合、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

できるだけ限度額が大きいほうがいい!

限度額の大きさで選ぶなら、みずほ銀行カードローンが適しています。最大1,000万円と今回紹介した4社の中では一番高くなっています。

まとめ

今回紹介した4社の中から選ぶなら、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の3社の中から選択するのがおすすめです。

オリックス銀行はこの3社に比べて、金利や融資のスピードという点で見劣りしてしまいます。3社の中からどう選ぶかは、金利やスピードなど、あなたが何を望むのかによって決めるのがおすすめです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド