カードローンにおける保証会社の役割と仕事の流れ

多くのカードローンでは、連帯保証人や担保が不要となっていますが、銀行カードローンの場合「保証会社」の保証を受ける必要があります。

保証会社とは、主に利用者が支払いを滞らせた場合に、代わりに負債を支払う会社のことです。

また銀行カードローンの場合、銀行の代わりに審査を行ない、融資できるかどうかを判断するという重要な役割も持っています。

私たちに直接関係がないようで、実は関係のあるカードローンの保証会社の役割や、業務の流れなどについてご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

銀行カードローンの「保証会社」ってどんなところ?

個人向けの使い道自由なフリーカードローンは、連帯保証人や担保が不要となっているところがほとんどです。

住宅ローンやビジネスローンなどの金額が大きいローンを利用する場合は、連帯保証人を立てなくてはいけないケースが多いのですが、そういった手間をかけずに気軽に利用できるのがカードローンのメリットですね。

ただし、銀行カードローンの申し込み条件を見ると、その中に「所定の保証会社の保証を受けられる方」という記載があるところが多く見られます。

私たちがカードローンを申し込む先は銀行ですが、実際に契約を行なうためには、その銀行が指定する保証会社の保証を受ける必要があるのです。

ちなみに保証会社の名前を見ると、有名な消費者金融の会社や信販会社が多いことがわかります。以下はその一例です。

銀行名 保証会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
三菱東京UFJ銀行 アコム
みずほ銀行 オリコ
りそな銀行 オリックス・クレジット
住信SBI銀行
  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • 住信SBIネット銀カード株式会社
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
楽天銀行
  • 楽天カード株式会社
  • セディナ
じぶん銀行 アコム

なぜアコムやプロミスなどの消費者金融が名を連ねているかというと、これらの会社は古くから個人向けの少額融資を専門に行なってきた実績があることが一因です。

今でこそ、メガバンク・地方銀行含め数多くの銀行が個人向けのフリーカードローンを取り扱っていますが、もともと銀行は保証人や担保不要のカードローン事業を専門に行なってきたわけではないため、ノウハウを十分に持っているとはいえません。

そこで貸し倒れのリスクを軽減するために、個人向けカードローンのノウハウや知識を豊富に有している消費者金融や信販会社を保証会社として付けているのです。

ちなみに保証会社を2つ用意しているところは、申し込みのあった金額によって保証会社を変えている可能性が考えられます。

保証会社の2つの役割とは?

銀行カードローンの保証会社が行なう業務は、主に以下の2つです。

審査業務

融資する側にとってもっとも避けたいのが、貸したお金を返済してもらえないことです。

そこで、信頼に値する人物かどうかを判断するための審査が重要になります。

しかし、個人向けカードローン事業に参入してまた歴史の浅い銀行は、その審査のノウハウがまだ十分ではありません。そこで、消費者金融や信販会社などの保証会社に審査を代わりに行なってもらう必要があります。

特に銀行カードローンはノンバンクに比べると金利が低い上、最高1,000万円などの高額融資にも対応していますので、貸し倒れのリスクを軽減するためにも保証会社のサポートは非常に重要です。

代位弁済と債務の回収業務

もう一つ、保証会社の重要な業務に「代位弁済」があります。

代位弁済とは、利用者の返済が万が一滞った場合、代わりに返済を行なうことを指します。

保証会社が審査に通して銀行が融資を行ないますので、返済が滞った責任は保証会社にあるとみなされるわけです。

もちろん、保証会社はただ借金を肩代わりするだけではなく、その債務を回収する権利も持つため、利用者に対して返済するよう働きかける仕事も行ないます。

ちなみに代位弁済が発生すると、その情報は利用者の信用情報として記録が残り、今後ローンの審査を受ける際に非常に不利になってしまいます。

保証会社の行なう仕事の流れ

実際に保証会社はどのようなタイミングで業務を行なうのでしょうか?

ここでは、私たちが銀行カードローンに申し込んだ際の流れを簡単にご紹介します。

  1. 利用者が銀行カードローンに申し込む
  2. 銀行による仮審査が行なわれる
  3. 仮審査に通った後、保証会社が本審査を行なう
  4. 本審査に通ると融資OKとなり、銀行が契約手続きを行なう
  5. 利用開始
  6. 万が一利用者が返済を延滞した場合、保証会社が代わりに銀行側に返済する
  7. 債務の回収権が保証会社に移り、利用者への督促を行なう

保証会社が介入するタイミングは、大体上記の通りです。

カードローンの審査は、仮審査と本審査の2つに分かれます。仮審査とは、送られてきた申し込み情報をもとに簡易的なチェックをするもので、現在多くの会社がコンピュータによる自動判定を採用しています。

たとえば年齢や年収、勤続年数などが、そのカードローンの申し込み条件に合わないような場合は、本審査にかける前に落とされてしまうのです。

一方、仮審査にパスした後は保証会社がより詳しい本審査を行ないます。本審査では、信用情報機関に照会をかける「信用情報調査」をはじめ、提出書類の詳しいチェックも行なって、融資可能かどうかを最終的に判断します。

また、融資できる金額や金利なども保証会社が決定することが一般的です。

ただし、銀行カードローンによっては「スピード審査」などとして、初めから保証会社に申し込み内容が送信されるような入力フォームを用意していることもあります。

この場合、銀行側によるチェックが不要になるため、通常よりも早く審査回答を受けることが可能です。

このように、銀行カードローンでは保証会社のサポートを受けることで貸し倒れのリスクを軽減し、健全な業務を継続できるようにしています。

私たち利用者は、「万が一支払いが遅れても保証会社が何とかしてくれる」とは考えず、信用を失わないためにもしっかりと返済することが大切です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド