事業資金を借りたい人はカードローンとビジネスローンのどちらがいい?

インターネットの発展にともなって、個人事業主や自営業者の数が増えている今、ビジネスのための資金をカードローンで借りたいと考えている方も多いと思います。

一時的な資金をまかなうために少しだけ借りたい場合や、もしくはある程度まとまった開業資金や運営資金が必要な場合など、人によって事情はさまざまでしょう。

しかし普通のカードローンには事業性資金には使えないものも多いため、事前の確認が必要です!

また、希望する借入額が多い場合は特に、ビジネス専用のローンのほうが融資を受けられる可能性がありますので、検討してみることをおすすめします。

\すぐに借りるなら/

銀行カードローンは事業性資金には使えない!?

カードローンの多くはフリーローンとなっており、使い道自由のものがほとんどです。

ただし事業性資金だけは例外で、特に銀行カードローンではほとんどが使い道の欄に「事業性資金を除く」と明記しています。

一方、消費者金融では使い道は完全に自由となっているため、ビジネスの利用も原則OKです。

消費者金融カードローン

会社名 事業性資金としての利用
アコム OK
プロミス OK
アイフル OK
モビット OK

銀行カードローン

銀行名 事業性資金としての利用
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
NG
三井住友銀行 NG
みずほ銀行 NG
りそな銀行 NG
新生銀行(レイク) NG
ジャパンネット銀行
(ネットキャッシング)
NG
楽天銀行
(スーパーカードローン)
NG
イオン銀行
(イオンカードBIG)
NG

このように、大手の消費者金融がいずれも事業性資金としての利用を可としているのに対し、銀行カードローンでは軒並み不可となっています。

なぜ銀行カードローンが事業性資金としての利用をNGとしているのかというと、もともと普通の個人向けローン(消費者ローン)と事業のためのローンは別物だからです。

消費者ローンは、原則として本人確認書類と、必要に応じて収入証明書だけで審査を行ないます。

一方、事業性資金となると、その会社の決算書や申告書などを見てじっくり審査する必要があります。つまり個人ではなく会社の業績を見る必要があるのです。

特に銀行は、事業性融資を専門に行なってきた金融機関ですので、普通の消費者ローンと事業性ローンは厳然と区別しています。

一方、消費者金融では原則として使い道は完全に自由となっています。消費者金融は、銀行と比べて金利が高く設定されていますが、それはさまざまな貸し倒れのリスクを考慮した上での金利だからです。

ただし、アコム・プロミス・アイフルの3社は、いずれもビジネス専用のローンも取り扱っています。

通常のフリーローンは総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか借りられませんが、ビジネスローンは例外的に総量規制の対象外ですので、まとまった資金を借りたい方にはおすすめです。

高額融資を受けたいなら、ビジネスローンのほうがお得!

一般的に、事業性資金を借りるならビジネスローンのほうが高額融資&低金利で利用できます。

以下は、国内の代表的なビジネスローンの一例です。

銀行のビジネスローン

銀行名(商品名) 最高融資額 金利(年) 返済期間
三菱東京UFJ銀行
「融活力」
5,000万円 2.35%~9.00%(変動) 1ヶ月~3年
三井住友銀行
「ビジネスセレクトローン」
1億円 2.125%(変動) 最長7年(据置期間の設定も可能)
横浜銀行
「スーパービジネスローン」
5,000万円
  • 固定金利:2.7%~
  • 変動金利:2.95%~
最長5年
楽天銀行
「ビジネスローン」
1億円 固定・変動金利
(所定の利率)
5年以内

銀行の取り扱うビジネスローンは、消費者向けのカードローンと比べるとかなりの高額融資に対応しています。まとまった事業性資金を必要とする方には、非常に心強いといえるでしょう。

さらに、金利も普通のカードローンよりずっと低く設定されているため、断然お得に利用することができます。

ローン会社のビジネスローン

銀行名(商品名) 最高融資額 金利(年) 返済期間
オリコ
「CREST for Biz」
300万円 6.0%~18.0% 1ヵ月~159ヵ月
ビジネクスト
「カードローン」
1,000万円
  • 100万円以上:8.0%~15.0%
  • 100万円未満:13.0%~18.0%
最長5年
(60回以内)
ビジネスパートナー
「スモールビジネスローン」
500万円 9.98%~18.0% 最長5年
(60回以内)
オリックス
「VIPカードローンBUSINESS」
500万円 6.0%~17.8% 最長10年2ヶ月

上記は、信販会社やローン会社の取り扱うビジネスローンです。

銀行に比べると融資額が低く、金利も高めではありますが、堂々と事業性資金に使うことができますし、総量規制の対象になりません。

また金利が高い分、銀行よりも審査に通りやすい可能性があります。

消費者金融のビジネスローン

会社名(商品名) 最高融資額 金利(年) 返済期間
アコム
「ビジネスサポートカードローン」
300万円
  • 100万円未満:12.0%~18.0%
  • 100万円~300万円:12.0%~15.0%
最終借入日から最長8年7ヵ月
(1回~89回)
プロミス
「自営者カードローン」
300万円 6.3%~17.8% 最終借入後原則最長6年9ヶ月
(1回~80回)
アイフル
「事業サポートプラン(無担保ローン)」
500万円 6.0%~18.0% 最長10年
(120回)

アコム・プロミス・アイフルの大手消費者金融3社は、いずれも個人事業主や自営業者を対象としたビジネス専用のカードローンを用意しています。

最高融資額は、普通のカードローンに比べると低めに抑えられていますし、金利も特に安いわけではありませんが、前述した通りビジネスローンには総量規制が適用されない点が最大の特徴です。

普通のカードローンで300万円借りようとすれば、3倍の900万円の年収が必要になりますが、ビジネスローンなら年収にかかわりなく借り入れられる可能性があります。

カードローンVSビジネスローンまとめ

上記をまとめますと、以下のようなことがいえます。

  • 消費者金融は事業性資金OKだが、銀行カードローンは原則NG
  • 銀行の場合、ビジネス専用のローンのほうが圧倒的な高額融資&低金利で利用できる
  • 消費者金融の場合、総量規制に抵触しない程度の少額融資を希望する場合は普通のカードローンでも問題ないが、ある程度まとまった資金を借りたい場合はビジネス専用ローンのほうが希望の額を借りられる可能性が高い

以上のことを踏まえた上で、自分に合った最適なローンに申し込んでみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド