歩合制で給料が安定しなくてもカードローンでお金は借りられる?

完全歩合制などで毎月の給与が安定しない方でも、カードローンを利用することはできるのでしょうか?

結論からいえば、答えは「YES」です。消費者金融だけではなく、最近は銀行カードローンも正社員に絶対的にこだわるところは少ないため、一定の年収があれば審査に通る可能性は十分にあります。

ただし、毎月決まった給与をもらっている人に比べると収入面でのスコアが低くなるのは確かですので、自信のない方はなるべく審査の厳しくないカードローンを選んだほうが安心です。

\すぐに借りるなら/

カードローンの審査に通るかどうかは、総合的なスコアによる

営業職などで給与が歩合制の場合、収入の安定性という観点から、カードローンの利用は難しいと考える人もいるかもしれません。

消費者金融・銀行ともに、「20歳以上で、安定した収入のある方」という申し込み条件を提示していることが多いからです。

しかし、実際は歩合制の給与の方でも審査に通る可能性はあります。

中には「正社員や会社代表者で、年収400万円以上」というふうに、細かく条件を出しているカードローンもありますが、ほとんどはそこまで厳しくありません。

固定給であれ歩合給であれ、一定の収入があれば、それに見合った利用枠が設定されるカードローンが多いのです。

また、カードローンの属性審査はスコアリングシステムといって、各項目を点数化し、その合計点で可否を判断するようになっています。

収入でいえば、確かに固定給のほうが歩合給よりもスコアは高めです。

しかし結局は総合点がものを言いますから、年収がある程度高かったり、住宅を所有していたりするなどして他のスコアが高ければ、審査に通る可能性は十分にあります。

もちろん、どのような場合でも信用情報に傷がないことは大前提です。過去に自己破産や任意整理などの債務整理をしている方や、現在ほかのローンを延滞している方などは、属性に関わらず審査に落とされてしまいます。

そういった事故情報がない以上は、歩合制でお仕事をしている方もあきらめることなく、カードローンに申し込んでみましょう。

審査の自信のない歩合給の方におすすめのカードローン

歩合給の方でも、仕事をして収入を得ている限りは、ほとんどのカードローンに申し込むことができます。

しかし、「自分は結婚もしていないし、家も持っていないし、年収自体もそんなに高くはない…」という場合は、なるべく審査基準の厳しくないところを選んで申し込んだほうが無難です。

消費者金融は、審査に通る可能性が高い!

一般的に、銀行よりも消費者金融のほうが審査のハードルは低くなります。

消費者金融では、銀行よりも高い金利を設定しているところが多いのですが、「金利が高い=多くの層を融資の対象としている」ということでもあるからです。

たとえば、全国の信用金庫や信用組合などでは、普通の銀行よりもかなり低金利のカードローンを販売しています。

中には年利10%以下など、驚くような低金利を設定しているところも少なくないのですが、申し込み基準を見ると、職業や年収などに一定の条件を設けていることがほとんどです。

つまり、お金を貸し出す相手を限定している分、貸し倒れのリスクが低くなり、結果的に金利を安くできる、ということになります。

一方、消費者金融はパートやアルバイトの人も原則OKとするなど、より幅広い人を融資の対象としています。その分、貸し倒れのリスクが高まるために、金利を高めに設定する必要があるのです。

ですから、審査に自信のない方は消費者金融か、もしくはなるべく金利の低すぎない銀行カードローンを選んだほうが、審査にパスできる確率が上がります。

「個人事業主・自営業者OK」の銀行カードローンを選ぶ

「歩合給だけれど、少しでも金利の低い銀行カードローンで借りたい!」という場合は、申し込み条件に「フリーランス・個人事業主・自営業者可」と明記されているところを選ぶのがおすすめです。

こういった条件が提示されているということは、固定給にこだわらないと考えられますから、歩合制の方でも審査に通る可能性は高くなります。

実際に、公式サイト上にそのような記載のある銀行カードローンをいくつかご紹介しましょう。

銀行名 金利(年利) 最高融資額 職業に関する記載の概要
新生銀行(レイク) 4.5%~18.0% 100万円 自営業でも、安定した収入があれば可
イオン銀行
(カードローンBIG)
3.8%~13.8% 800万円 自営業者の申し込み可
楽天銀行
(楽天銀行スーパーローン)
1.9%~14.5% 800万円 個人事業主・自営業者は、収入証明書を提出すれば申し込み可
ソニー銀行 2.5%~13.8% 800万円 自営業者の申し込み可

上記はほんの一例であり、他にも個人事業主や自営業者の申し込みを可能とする銀行カードローンは複数あると思われます。

自信のない方は、まずは気になるカードローンに電話をかけて相談してみましょう。

個人事業主や自営業者が審査にパスするためのコツ

完全歩合制でお仕事をしている方の中には、特定の会社に所属しない人もいると思われます。

自分で会社を設立していれば自営業者もしくは法人代表者、そうでない方は個人事業主やフリーランスと呼ばれますが、そのような方がカードローンに申し込む際は、できれば固定電話を持っていたほうが審査には有利です。

申し込む銀行や会社によっても異なるのですが、個人事業主がローンの審査を受ける際は、在籍確認をどのように行なうかが一つの問題となります。

もし携帯電話しかない場合、そこが職場であることの証明にならないため、「固定電話がないと不可」とする銀行や消費者金融もあるのです。

また、通常なら収入証明書の必要ない利用額でも、個人事業主の場合は確定申告書や、事業を稼働している証明になるもの(請求書など)の提出を求められる場合もあります。

このように、会社に属していない場合はやや手続きが面倒になることはありますが、それさえクリアすれば融資を受けられる可能性があるということですので、なるべくスムーズに審査を受けるためにも、収入証明書などは手元に用意しておくことをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド