カードローン以外のどこかからお金を借りる方法

お金を借りる先は、カードローン以外にも色々とあります。カードローンに抵抗のある人や、何らかの事情でカードローンを利用できない人は、ほかの方法を検討してみましょう。

たとえば、親や知人から借りるのも一つの方法ですし、昔ながらの質屋を利用するという手もあります。また、不動産を持っている人であれば「不動産担保ローン」を利用することも可能です。

カードローン以外のどこかからお金を借りる方法と、その注意点などについて解説していきます。

\すぐに借りるなら/

家族や知人からお金を借りる!

もしかしたら今後の人間関係にヒビが入ってしまう可能性もありますが、もっとも手近なところでは「家族や知人に頼る」という方法があります。

特に金銭の貸し借りが多いといわれるのは、親子間です。子どもが親から、もしくは年老いた親が子どもからお金を借りるケースが多くみられます。

相手が快く応じてくれれば、それに越したことはないわけですが、実は家族や知人からお金を借りる際に気を付けたいことがあります。それは「贈与税」です。

気心の知れた仲なら、無利子でお金を貸し借りすることも普通にあるでしょうし、人によっては返済を求めない、つまり「お金をあげる」つもりで貸してくれることもあります。

しかしその場合、借金ではなく贈与とみなされ、贈与税がかかってくることがあるのです。

贈与税は、1年間に110万円を超えるお金を受け取った場合にかかるものですので、それ以下の金額であれば問題はありません。

しかし、もしも多額のお金をもらった場合、贈与税を支払う義務が生じますので注意しましょう。

また、どんな間柄であっても借金には本来、利息が付くものとみなされますので、無利子でお金を借りると、利息分が贈与税の対象となってしまうことがあります。

もっとも、利息分が年間で110万を超えるようなことはまずありませんが、一応法律ではそのようになっていることを覚えておくと安心です。

贈与税の課税対象にならないためには、贈与ではなく、あくまで借金であることを証明する意味で、しっかりと「借用書」を書くことが望ましいといえます。

後々の返済トラブルを防ぐためにも、借用書はぜひ作成しておきましょう。

「不動産担保ローン」を活用する!

通常のカードローンのほとんどは「無担保ローン」といって、担保を必要としませんが、自身の所有する不動産を担保にお金を借りるローンのことを「不動産担保ローン」といいます。

不動産担保ローンは、土地や建物などを担保とすることで、低金利でお金を借りられる点が大きなメリットです。

無担保ローンと異なり、万が一返済が滞った時には不動産が没収されてしまうわけですから、貸す側としては「貸し倒れ」のリスクが少なく、そのぶん金利を低くすることができます。

また、不動産の価値によっては高額融資を受けることも可能です。カードローンの場合、最大でも1,000万円ぐらいまでの融資になりますが、不動産担保ローンでは、不動産の価値に応じて億単位の借入ができることもあります。

その他、普通のカードローンでは禁止されている「事業性資金」として使える不動産担保ローンもありますし、高額融資が可能なぶん、数社の負債を「おまとめ」するのにも向いています。

一方、不動産担保ローンのデメリットとしては「返済できなかった場合、不動産を失うリスクがある」ということです。担保として入れる以上、仕方のない措置ですので、しっかりと計画的に返済する必要があります。

また、事務手数料や不動産の鑑定費用などの諸費用がかかるほか、不動産の資産価値を判定するため、審査にやや時間がかかることなどもデメリットといえます。

ある程度の価値がある不動産を所有していて、まとまったお金を必要とする人には、メリットの多いローンといえそうです。

質屋を利用する!

昔ながらの質屋を利用することでも、お金を借りることができます。

質屋のシステムはとてもシンプルで、自分の身分証明書と担保になるものさえ持っていけば、その価値に応じたお金をすぐにその場で受け取ることが可能です。

また、質屋では契約期限が原則として3ヶ月と決まっており、その間に返済できなければ、担保が質屋に没収されることになります(質流れ)。

これによって、質屋としては貸したお金を回収できたことになりますので、借金の取り立てや督促は一切ない点も特徴です。

さらに、質屋の利用はカードローンやキャッシングと異なり、信用情報機関に記録されることがありません。つまり、お金を返済しても、質流れになったとしても、その記録が信用情報に影響することはないのです。

一方で、質屋の利息は圧倒的に高いという最大のデメリットがあります。カードローンの上限金利は「年20%」と法律で決められていますが、質屋の上限金利は、なんと「年109.5%」という高さです。

これは、質屋が「利息制限法」ではなく、「質屋営業法」という別の法律に基づいて営業していることが原因となっています。

実際に100%を超える年利を設定している質屋は少ないものの、カードローンに比べるとかなりの高金利であることは確かです。

なぜ質屋にそのような高金利が許されているのかというと、質屋の商売が3ヶ月の短期契約であることや、一度の融資が少額であること、また担保の鑑定や厳重な保管が必要であること、などが関係しているとされています。

ただし、最近は「質屋も貸金業者の一つである以上、利息制限法が適用されるべきだ」として、実際にいくつか裁判も起きるなど、その高金利に対しては賛否両論があるようです。

このように、カードローン以外でもお金を借りる方法はいくつかあります。借りたい金額や、自分の所有物(担保)などを考慮した上で、最適な方法を選ぶようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド