カードローン利用者の利用回数と頻度

カードローンの利用者というと、「しょっちゅう何度もお金を借りている人」、というイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかしアンケート調査の結果を見てみますと、カードローンを利用する頻度としては「2~3年に1回」がもっとも多く、また利用回数も「2~4回」が最多となっています。

もちろん、中には日常的に何度も利用する人もいると思われますが、「時々、数回利用するだけ」という人のほうが数としては多いのです。

カードローンの利用回数と頻度について、データをまじえながら詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

カードローンの利用回数は、意外と少ない!?

まずは、キャッシング(カードローン)の利用回数についてのアンケート調査の結果を見てみましょう。

キャッシングの経験はありますか?

この調査では、回答の多い順に以下のような結果となっています。

  • 1位:2~4回(約29%)
  • 2位:1回だけ(約18%)
  • 3位:5~9回(約11%)

カードローンの利用回数でもっとも多いのは「2~4回」です。次いで「1回だけ」となっていますので、全体的に少ないことがわかります。

カードローンと聞くと、「何度もお金を借りて、しまいには多重債務で苦しむもの」というイメージを持っていた人にとっては、意外な結果ではないでしょうか?

実際、「30回以上」と回答する人は全体の3%以下と、もっとも少なくなっています。

カードローンの利用頻度も、「ほんの時々」がもっとも多い!

次に、カードローンをどれぐらいの頻度で利用しているのかに関するアンケート調査をご紹介しましょう。

どのくらいの頻度で借入していますか?

回答数の多いトップ3は、以下の通りです。

  • 1位:2~3年に1回(約15%)
  • 2位:1年に1回(約12%)
  • 3位:ひと月に1回(約11%)

なんと、もっとも多かったのは「2~3年に1度」という回答です。

次いで「1年に1回」となっているため、日常的に借り入れを繰り返しているわけではなく、ほんの時々だけカードローンを利用する人たちが多いことがわかります。

とはいえ、3位は「ひと月に1回」となっていますので、やはりカードローンを毎月活用しながら、生活をやりくりしている人も一定数いるのは確かでしょう。

しかし全体的には、カードローンは「ここぞという時」に利用する人が多い、という結果になりました。

カードローンの利用が意外に少ない理由とは?

カードローンの利用回数や利用頻度が比較的少ないのは、なぜなのかと考えますと、たとえば以下のような理由が考えられます。

「クセになるのが怖い」と思う人が多いから

消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた時代、今と比べて上限金利が高く、また借入額を制限する「総量規制」のルールもなかったため、多くのカードローン利用者が多重債務に苦しみました。

1978年には「サラ金地獄」という言葉が流行語となり、返し終わらない借金に苦しむ人が続出したのです。

また、一部の消費者金融で悪質な取り立てが行なわれていたことも大きなニュースとなり、カードローンに対するイメージはますます悪いものとなっていきました。

現在は「貸金業法」という法律が改正され、上限金利が20%に引き下げられたり、年収の3分の1を超える借り入れが禁止されたりして、業界全体がクリアーになってきています。

しかし、やはり過去の反省から「カードローンに頼りすぎるのは危険」という認識を持つ人が増えたのか、いざ利用する際も「クセにならないように」と、自制する人が多いと思われます。

特に最近の若い世代は、バブル時代を経験した世代に比べるとシビアな金銭感覚を持つ人が多いといわれますので、特にカードローンに対しては慎重といえるかもしれません。

生活費以外での利用目的が増えたから

カードローンの利用目的に関しては、多くのアンケート調査において「趣味・教養・交際」などがトップを占めています。

「食費や家賃」などの生活費を補てんする目的でカードローンを利用する場合、どうしても一ヵ月に一回など、コンスタントにお金を借りる可能性が高くなりますが、最近はそうではなく、ここぞという時に利用する人が増えているのです。

たとえば「友人の結婚式が続いた時」や、「海外旅行(留学含む)に行く時」、「車の教習所に通う時」「大きな買い物をする時」など、いざという時にまとまった資金を用意するために、カードローンを利用する人が増えています。

ですから、2~3年に1度の利用で済むケースが多いと考えられるのです。

カードローンは、計画的に利用すれば怖くない!

このように、最近はお金を借りることに対して危機感を持つ人が増えたこともあり、きちんと目的を持って、最低限の利用にとどめる人が多くなったといえそうです。

実際、多重債務者は年々減り続けています。金融庁の調べによりますと、5件以上から借り入れている多重債務者は、2015年10月末の時点で12万人となっており、2007年2月のピーク時の、わずか7%にまで減ったとのことです。

もちろん、中には「借りては返して」の自転車操業状態におちいっている利用者もいるとは思われますが、全体で見ると、健全な利用をする人が増えたといえます。

実際、カードローンは自分の収入に見合った範囲内で、しっかりと計画性を持って利用する限り、多重債務に苦しむことはありませんし、むしろいざという時の強い味方になってくれるサービスです。

ぜひ収入と支出のバランスを考えた上で、上手に活用するようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド