銀行カードローンでお金を借りるメリット・デメリット

グレーゾーン金利の廃止にともない、過払い金の対応などで消費者金融が弱体化しつつある今、代わりに大きく台頭してきているのが、銀行カードローンです。

メガバンクでも地方銀行でも、今や多くの銀行が個人向けのカードローン商品を用意しています。

銀行カードローンの最大のメリットといえば、何といっても「金利の低さ」です。

また、消費者金融と違って総量規制の対象にならないため、よほど高額な融資を希望しない限り、収入証明書の提出を求められることもありません。

ただし、銀行カードローンにもいくつかのデメリットはあります。たとえば、消費者金融に比べると審査に時間がかかる場合があることや、銀行によっては口座を開設しなければいけないことなどです。

銀行カードローンでお金を借りるメリットとデメリットについて、それぞれご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

銀行カードローンでお金を借りるメリット!

銀行カードローンには、主に以下のようなメリットがあります。

金利が低い!

ユーザーにとってもっとも魅力的なのが、銀行カードローンの金利の低さです。多くの消費者金融では「5.0~18.0%」という金利が多いのに対し、銀行カードローンでは「3.0~15.0%」の間が多くみられます。

銀行は、一般的に貸金業者よりも資金力があり、経営的な体力が強いため、低金利での融資を実現できるのです。

融資限度額が大きい!

融資の最高額が高めに設定されているのも、銀行カードローンの特徴です。

多くの消費者金融では、最高500万円まで、もっとも高い「アコム」でも最高800万円までとなっていますが、銀行カードローンの中には1,000万円までOKとするところもみられます。

ただし、実際に高額な融資を受けるためには、ある程度の年収が必要です。

総量規制の対象外である!

消費者金融と違って、銀行には総量規制のルールが適用されませんので、「年収の3分の1までしか融資を受けられない」ということはありません。

もちろん、収入に応じて借りられる金額は変わってきますが、消費者金融ほど厳しくないため、多くの銀行では200~300万円までの融資であれば、収入証明書の提出を不要としています。

イメージが良い!

同じカードローンでも、やはり消費者金融よりは銀行のほうがイメージ的に安心、と感じる人は多いと思います。

消費者金融も、法律の改正などでだいぶクリーンなイメージになりつつありますが、やはり銀行は多くの人が長年親しんできたこともあって、心理的な抵抗感が少ないと思われます。

自動融資を受けられる場合がある!

銀行カードローンにしかないサービスの一つに、「自動融資」があります。

これは、その銀行の口座を使って公共料金などを支払っている場合に、口座の残高が足りなくなると、カードローンから自動融資(振り込み)が行なわれる、というものです。

逆にいえば、知らない間にカードローンを利用していた、という場合もあるわけですが、残高不足で何かの引き落としができなかった、というような事態を防げるという点では、便利なサービスだといえます。

銀行カードローンでお金を借りるデメリット

メリットの多い銀行カードローンですが、一方で以下のようなデメリットもあります。

審査や融資に時間がかかることがある!

審査や融資の速さでいうと、まだ消費者金融のほうが強いのが現状です。

最近は、即日融資に対応する銀行カードローンも増えていますが、たとえば土日祝日になると、消費者金融よりはスピードが落ちてしまうことがあります。

また消費者金融では、審査に通ればすぐにお金を指定の口座に振り込んでくれるところがほとんどですが、銀行の中には振り込みに対応しておらず、即日融資を受けるためには行内のローン契約機に出向かなければいけないところもあります。

口座の開設が必要な場合がある!

銀行カードローンの中には、その銀行に普通預金口座を開設する必要があるところと、そうでないところがあります。

たとえば、「みずほ銀行」や「ソニー銀行」「ジャパンネット銀行」「イオン銀行」などは、いずれも口座開設が必要です。

そのような銀行では、既に口座を持っている人のみ即日融資が可能で、そうでない人は後日、カードを郵送で受け取ってからでないと融資を受けられない場合があります。

延滞が続くと、銀行口座が凍結されてしまうことがある!

口座開設が必要な銀行カードローンの場合、長く支払いを延滞していると、強制的に銀行口座が凍結されてしまうことがあります。その口座にあるお金を引き出せなくなってしまう、ということです。

もちろん、口座にあるお金は返済に充てられるわけですが、ユーザーにとって困るのは、その口座が給与の振込先になっている場合です。

給与が全額、銀行カードローンの返済に充てられてしまいかねませんので、生活に困ることになります。

そうならないよう、給与の振込先の銀行でカードローンを申し込まない、というのも一つの方法ではありますが、何より返済を滞納しないことが一番大切です。

もし何らかの事情で返済が遅れそうな場合は、決して放置せず、必ず銀行側に連絡を入れるようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド