無職でもお金を貸してくれるカードローンの真実

多くのカードローンでは、申し込み条件として「本人に安定した収入があること」を挙げています。これは、銀行でも消費者金融でも基本的には同じです。

ですから、現在仕事をしていない無職の人や専業主婦(主夫)は、もっともカードローンの審査に通りにくい人たちだといえます。実際、無職というだけで、属性審査で落とされてしまうことが多いのです。

もっとも、配偶者に安定した収入がある人や、不動産収入がある人などは、無職であっても例外的に融資を受けられる可能性があります。

しかし、最初から「無職でもOK」とうたう業者がいるとすれば、それは違法な「ヤミ金」の可能性が大ですので、くれぐれも注意が必要です!

\すぐに借りるなら/

無職の人がカードローンを利用するのは、基本的に難しい!

銀行であれ消費者金融であれ、貸したお金を確実に返してもらわないと経営に支障をきたしますから、審査でもっとも重視するのは「返済能力の有無」です。

特に、「毎月安定した収入があること」を条件とするカードローンが多くみられます。

中でも収入に厳しいのが、消費者金融です。以前までは、無職であっても一定の貯蓄などがあれば融資を行なう会社も多かったのですが、2010年に「総量規制」のルールが完全施行されてから、事情が変わりました。

総量規制は、「年収の3分の1を超える貸付はできない」というルールですので、そもそも収入のない人は融資の対象にならなくなってしまったのです。

ですから、いくら貯金があったとしても、無職というだけで消費者金融の審査に通るのは難しいのが現状です。融資を受けるためには、アルバイトでもいいので何らかの仕事をする必要があります。

無職でも例外的にカードローンを利用できるケースとは?

無職の人がカードローンを利用するのは、基本的に難しいのですが、審査に通る可能性は0というわけではありません。たとえば以下のようなケースでは、例外的に審査に通ることもあります。

配偶者に安定した収入がある

本人が無職でも、夫もしくは妻に安定した収入がある場合、カードローンを利用できることがあります。

特に銀行カードローンは、専業主婦(主夫)にも比較的柔軟に融資してくれるところが多くみられます。

そもそも銀行は、消費者金融と違って総量規制のルールが適用されませんので、収入にかかわらず銀行の判断でお金を融資することができるのです。

ですから専業主婦(主夫)でも、配偶者の収入さえ証明できれば、一定額までの融資なら受けられる可能性は十分にあります。

また消費者金融でも、「配偶者貸付」という制度によって、専業主婦(主夫)にも融資を行なうことがあります。

配偶者貸付とは、「夫婦を合わせた年収の3分の1までの借入ができる」という、総量規制の例外的なルールです。

とはいえ、実際には配偶者貸付を行なう消費者金融は限られています。たとえば、アコム・プロミス・アイフルの大手3社は、いずれも配偶者貸付に対応していません。

ただし、「レディースフタバ」などの一部の消費者金融では、配偶者貸付を行なっています。

ちなみに、配偶者貸付を受けるためには、配偶者の同意書や、婚姻関係があることを証明できる書類(住民票や戸籍抄本など)、配偶者の収入証明書などが必要です。

一定の所得がある場合

無職でも、たとえば不動産収入などで一定の所得を得ている場合は、それが収入とみなされて融資を受けられる可能性があります。

ただしこの場合は、通常のカードローン(無担保ローン)ではなく、「不動産担保ローン」といって、所有している不動産を担保とする融資になることが一般的です。

不動産担保ローンは、融資の限度額が大きく、金利が低く設定されている点が魅力ですが、返済ができなくなると不動産を失うことになりますので、慎重に検討する必要があります。

「無職OK」とうたう業者は、ヤミ金の可能性が高い!

一方、配偶者の収入や不動産所得の有無などにかかわらず、完全なる無職であっても融資を行なう業者も、中には存在します。その多くが、「ヤミ金」と呼ばれる違法な貸金業者です。

ヤミ金も、貸したお金を返してもらわないと経営が成り立ちませんから、基本的には仕事をしている人を対象とするところが多いのですが、中には無職の人にも融資を行なうところも存在します。

たとえば、ある程度の貯蓄があったり、もしくは家族からお小遣いをもらっていたりするなど、「とにかく返済できる能力があれば、なんでもOK」とする業者もいるのです。

特にヤミ金では、家族の収入状況を重視する傾向がみられます。

同居・別居を問わず、確実に連絡のつく家族がいて、その家族に収入や資産がある場合、いざという時はそちらからお金を引っ張ればいいということになりますので、ヤミ金としては問題ないわけです。

しかし、ヤミ金は法外な高金利で貸付を行なう上、取り立ても厳しいため、家族にとっては大迷惑になります。

こういったリスクを考えると、どのような事情があれ、ヤミ金には手を出すべきではありません。

無職でカードローンの審査に通らない人は、ぜひ何かアルバイトを見つけて、一定の収入を得るようにしてから、まっとうな業者に申し込むようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド