専業主婦が旦那にバレずにカードローンでお金を借りる方法

多くのカードローンでは、申し込み条件に「本人に安定した収入がある方」と記載していますが、実際は専業主婦でも利用できるところはたくさんあります。

本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば、返済能力に問題はないとみなされるからです。

ところで、多くの専業主婦の方が気になるのが「夫にバレないか」ということだと思います。結論からいえば、「バレるカードローンと、バレない(バレにくい)カードローン」のどちらもあります。

夫バレしないカードローンを選ぶためのコツについて、分かりやすく解説していきましょう。

\すぐに借りるなら/

消費者金融のカードローンは、100%旦那にバレる!?

専業主婦でも申し込めるカードローンは多数ありますが、意外とハードルが高いのが消費者金融のカードローンです。

一般的には、銀行よりも間口が広いイメージのある消費者金融ですが、専業主婦となると話は変わってきます。それは、貸金業法という法律に「総量規制」のルールがあるためです。

総量規制は、2010年から完全施行されたルールで、「銀行以外の貸金業者からの総借入額が、年収の3分の1を超えることはできない」という内容になっています。

これは多重債務者を減らすために設けられたルールであり、実際に効果も上がっているのですが、同時にそもそも本人に収入のない専業主婦のような人は、お金を一切借りられなくなってしまったのです。

ただし特例措置として、「配偶者貸付」を行なう消費者金融はあります。これは、「配偶者の年収も合わせて、3分の1までとしますよ」というルールですので、夫に安定した収入があればOKということになります。

しかし、そもそも配偶者貸付を行なう消費者金融は一部に限られており、アコム・プロミス・アイフルなどの大手はいずれも対応していません。

また、配偶者貸付を利用するためには、配偶者の同意書や、婚姻関係を証明するための書類(戸籍抄本など)が必要です。もちろん、希望する融資額によっては、夫の収入証明書も必要となります。

戸籍抄本や収入証明書は夫に内緒で用意できるとしても、「配偶者の同意書」はそういうわけにいきません。つまり、専業主婦が消費者金融のカードローンを利用する際は、必ず夫の承諾が必要になるということなのです。

夫バレしにくい銀行カードローンの選び方

上記を踏まえますと、専業主婦が夫バレせずにカードローンを利用するためには、銀行カードローンを選ぶ必要があります。

専業主婦に関しては、一般的に銀行のほうが消費者金融よりも敷居は低めです。たとえば、以下のような銀行カードローンが「専業主婦の申し込み可」としています。

銀行名 融資限度額 金利
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
専業主婦は30万円まで 1.8%~14.6%
みずほ銀行 専業主婦は30万円まで 12.0%~14.0%
新生銀行 1万円~500万円 4.5%~18.0%
ソニー銀行 専業主婦は50万円まで 2.5%~13.8%
ジャパンネット銀行
(ネットキャッシング)
10万円~1,000万円 2.5%~18.0%
イオン銀行カードローン
(カードローンBIG)
専業主婦は50万円まで 3.8%~13.8%
楽天銀行
(楽天スーパーローン)
専業主婦は50万円まで 1.9~14.5%
じぶん銀行
(じぶんローン)
最高800万円まで 2.4%~17.5%

上記のほかにも、専業主婦の申し込みを受け付けている銀行は多いと思われますので、まずは電話で申し込めるかどうか相談してみることをおすすめします。

銀行カードローンでは、夫の審査は行なわれない!

次に気になるのが、肝心の「夫バレ」ですが、ほとんどの銀行カードローンでは申し込み者の属性のみで審査の可否を判断します。つまり、夫の情報はあまり関係がないということです。

実際、夫の収入証明書の提出を求めたり、夫の職場に在籍確認の電話をかけたりする銀行はほとんどありません。そうしなくてもいいように、専業主婦の融資限度額はあらかじめ低く設定されていることが多いのです。

もちろん、夫の同意書や、戸籍抄本なども必要ありません。

気を付けたいのは、郵送物やローン専用カード!

そうなると、銀行カードローンの夫バレで気を付けるべきは、自宅にくる電話や郵送物ということになります。

電話に関しては、今は多くの方が自分専用の携帯電話やスマホを持っていますので、特に問題はないかもしれません。

一方、郵便物は避けられない場合があります。というのも、消費者金融と違い、多くの銀行カードローンでは「ローンカードを自宅に郵送する」という形をとっているからです。

上記の表でご紹介した銀行の中では、三菱東京UFJ銀行のカードローン(バンクイック)と、新生銀行のカードローン(レイク)が、いずれも自動契約機を利用してカードを発行することができますので、カードや書類の送付がありません。

ただし、ローン専用のカードを持っていることで、それを夫に見られてしまう可能性はあります。

そう考えると、銀行カードローンではできるだけ「キャッシュカードと一体化になったローンカード」を選んだほうが安心といえそうです。

たとえば、みずほ銀行やイオン銀行のカードローンでは、銀行のキャッシュカードにローン機能を加えることができますので、見た目にはカードローンを利用していることが分かりません。

特に夫の目が気になる専業主婦の方にはおすすめです。

とはいえ、多少の郵便物であれば専業主婦のほうが夫よりも受け取りやすいですし、銀行の場合は銀行名で届きますので、万が一封筒を見られても特に怪しまれることはないかもしれません。

「絶対に夫バレしたくない!」という方は、慎重を期するためにも、キャッシュカードとローン機能が一体化したものを選ぶようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド