2社目、3社目と複数のカードローン会社から借り入れする場合の注意点

1つのカードローンだけでは必要な額を借りられなかった場合、2社目、3社目と新たなカードローンに申し込む人もいます。

しかし、複数のカードローン会社から借り入れることにはいくつかのデメリットがあります。

返済や管理が面倒になることもそうですが、一番問題なのは「今後、ローンやクレジットカードなどの審査を受ける際に不利になる可能性がある」ということです。

また、短期間のうちに複数のカードローンに申し込むと、いわゆる「申し込みブラック」として審査に落ちてしまう場合もあるため気を付けましょう!

ここでは、複数のカードローンから借り入れる場合のデメリットや注意点などについてご紹介します。

\すぐに借りるなら/

複数のカードローンから借り入れるデメリットとは?

たとえば100万円必要だったのに、最初に申し込んだカードローンでは50万円しか借りられなかった場合、残りの50万円を借りるために2社目、3社目のカードローンに申し込まざるを得ないケースがあります。

本当は1つのカードローンで必要な額をすべて借りられるのがベストなのですが、特に初めて利用する会社ではまだ実績がない状態のため、最初は限度額を低く抑えられてしまうことも多いでしょう。

しかし、基本的には複数のカードローンを利用することにはデメリットが多いのが現状です。たとえば、以下のような問題があります。

新たなローンの利用が難しくなる可能性がある!

各種ローンやクレジットカードに申し込んだ際は、必ず信用情報調査が行なわれます。これは、ローン会社やカード会社が信用情報機関に問い合わせて、申込者の信用情報をチェックする調査です。

これによって、たとえば過去に起こした金融事故(延滞や債務整理)や、現在のローンの利用状況などがわかるようになっています。

一般的には、利用しているローンの数が多ければ多いほど、信用情報調査に引っかかってしまうリスクは高くなります。

ですから、複数のカードローンを利用していると今後新たにカードローンの申し込みをしても審査に落とされやすくなりますし、カードローン以外でも住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードなどの審査の際に不利になる場合があります。

ちなみに、信用情報機関のデータベースには「ただ申し込んだだけの情報」も最長6ヵ月間残ってしまう点に注意しましょう。

あまり短期間のうちに数社のカードローンに申し込むと、審査の際に「よほど切羽詰まった状況なのではないか」と危ぶまれてしまいます。

その結果、審査に落とされたり、他社での借入額が確定するまで審査の結果連絡を保留されてしまったりすることもあるのです。

複数のカードローンに申し込む場合は、念のため「1ヵ月に最高3社まで」を目安にすることをおすすめします。

返済が大変になる!

利用するカードローンの数が増えるほど、当然ながら管理も大変になってきます。

特に注意したいのは返済です。カードローンによって返済日や返済方法は異なりますので、毎月それぞれのカードローンを忘れずに返済するよう気を付ける必要があります。

また、所持しているカードの数が多いほど、盗難や紛失のリスクも高くなるため、セキュリティの面でも十分な注意が必要です。

返済計画が立てにくくなる!

複数のカードローンを利用していると、各社からどれぐらいの利率でどれぐらいの額を借りていて、いつ完済できるのか、といった状況が見えにくくなるデメリットもあります。

その結果、漫然と最低返済額だけを返済していって、なかなか完済までたどり着けないといった事態も起こりやすくなります。

増額や「おまとめローン」の利用も検討してみよう!

このように、複数のカードローンから借り入れることにはいくつかのデメリットがありますので、できることなら1社だけで完結できるのが理想的です。

そのためには、以下のような方法を検討してみましょう。

以前から利用しているカードローンで増額を申し込んでみる!

カードローンでは、利用限度額の増額申請をすることができます。

増額にあたっては審査がありますので、希望が通るかどうかは申し込んでみないとわかりませんが、ほかのカードローンに申し込む前に試してみる価値はあると思います。

特に、以前から利用しているカードローンがある場合、ある程度の返済の実績がある状態ですので、増額に対応してもらえる可能性があります。まずは相談してみましょう。

金利の低いカードローンで「おまとめ」する!

すでに数社のカードローンから借り入れている場合は、負債を一本化する「おまとめ」を検討してみてもいいかもしれません。

その際、わざわざ金利の高いところでおまとめしてしまうと、支払いの総額が増えるだけですので、できるだけ金利の低いところを選ぶことが大切です。

現在利用中のカードローンの中で、もっとも低金利のところに増額を申請するのも一つの方法ですが、それが難しい場合は新たな「おまとめ先」に申し込むことも考えてみましょう。

たとえば銀行カードローンは、ノンバンクと比べると金利も低めですし、「おまとめ利用OK」としているところが多くみられます。

負債を一本化することで返済や管理がラクになる上、金利の低いところでまとめれば利息の支払いも少なくなる可能性がある点がメリットです。

ただしその際、毎月の返済額をこれまでよりも低くしすぎてしまうと、逆に利息の支払いが増える可能性があります。

おまとめローンを上手に利用するためには、月々の返済額を少なくしすぎず、コンスタントに一定額を返済していくことがコツです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド