カードローン各社の借入限度額の相場

カードローン選びのポイントの一つに、借入限度額があります。借入限度額とは、そのカードローンで借りられる最高額のことです。

生活費の補てんなどのために少額だけ借りたい人は、それほど気にする必要はありませんが、何かの目的である程度まとまった金額を借りたい人は、その額に対応したカードローンを選ぶ必要があります。

ただし、希望する借入額が大きくなるほど、収入証明書の提出が求められる点に注意が必要です。

また、銀行以外の貸金業者(ノンバンク)の場合は総量規制のルールがあるため、年収の3分の1を超える額を借り入れることはできません。

ここでは、国内の代表的なカードローンの借入限度額について一覧形式でご紹介していますので、カードローン選びの際の参考にしてみてくださいね。

\すぐに借りるなら/

消費者金融カードローン

会社名 金利(年) 借入限度額 収入証明書
アコム 3.0%~18.0% 800万円 50万円超の利用額を希望する場合、もしくは他の貸金業者からの借入との合計額が100万円を超える場合
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円
レディースフタバ 14.959%~17.95% 50万円

上記の消費者金融のうち、もっとも借入限度額が高いのはアコムとモビットで、最高800万円と銀行なみの高額融資に対応しています。

プロミスとアイフルは最高500万円、女性専用のレディースフタバでは最高50万円という少額融資のみを行なっています。

それぞれ必要な金額に合わせて借り入れ先を選べばいいわけですが、まず注意したいのが総量規制です。

消費者金融のような銀行以外の貸金業者では、法律で「ほかの貸金業者からの借入額も合わせて年収の3分の1まで」しか借りられないことになっているため、たとえば年収300万円の人が借りられるのは最高100万円までということになります。

この総量規制のルールに抵触しないかどうかを確認するためにも、多くの消費者金融では50万円を超える融資を希望する場合、および他の貸金業者からの借り入れと合わせて100万円を超える場合に、収入証明書の提出が求められます。

つまり、高額融資に対応しているカードローンに申し込んだとしても、実際にその額を借りられるかどうかはそれぞれの年収によるということです。

信販系カードローン

会社名 商品名 金利(年) 借入限度額 収入証明書
セゾン マネーカード 15.0% 100万円 必要
セディナ セディナカードローン ~18.0% 200万円 申し込み内容による
オリコ カードローン
「CREST」
4.5%~18.0% 500万円 50万円超の利用額を希望する場合、もしくは他の貸金業者からの借入との合計額が100万円を超える場合
三井住友カード 三井住友カードゴールドローン 3.5%~9.8% 700万円

信販会社のカードローンの借入限度額は、100万~300万円など、銀行カードローンや消費者金融よりも低めに抑えられているところが多いようです。

ただし、三井住友カードのゴールドローンのように、最高700万円もの融資に対応するところもあります。

クレジットカード会社や信販会社もノンバンクですので、総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借り入れることができません。

その確認のためにも、消費者金融と同じような条件で収入証明書の提出が求められるところが多くみられます。

銀行カードローン

銀行名 金利(年) 借入限度額 収入証明書
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円 300万円超
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
1.8%~14.6% 500万円 200万円超
みずほ銀行 3.0%~14.0% 1,000万円 200万円超
りそな銀行 3.5%~12.475% 800万円 300万円超
オリックス銀行 1.7%~17.8% 800万円 300万円超
ジャパンネット銀行
(ネットキャッシング)
2.5%~18.0% 1,000万円 300万円超
新生銀行
(レイク)
4.5%~18.0% 500万円 100万円超
楽天銀行
(スーパーカードローン)
1.9%~14.5% 800万円 300万円超
イオン銀行
(カードローンBIG)
3.8%~13.8% 800万円 300万円超

資金力が豊富な銀行のカードローンでは、最高1,000万円もの大型融資に対応するところも少なくありませんので、まとまった金額を借りたい方には便利です。

さらに銀行は、消費者金融や信販会社のような貸金業者ではないため、総量規制の対象外である点が最大の特徴といえます。つまり、年収によって借入額が制限されることはありません。

とはいえ、収入と借入額のバランスはやはり大切ですので、銀行カードローンでも一定以上の金額の借り入れを希望する場合は収入証明書の提出が必要となります。

新生銀行(レイク)では100万円超からとなっていますが、多くの銀行では200万~300万円を超える申し込みをした際に提出を求められることが一般的です。

信金・信組・ろうきんのカードローン

銀行名 金利(年) 借入限度額 収入証明書
東京信用金庫
(カードローンJOY)
11.5% 100万円 100万円
長野信用金庫
(きゃっする500)
5.5%~14.5% 500万円 不要
東京東信用組合
(ひがしんカードローン)
6.475%~14.5% 300万円 不要
茨城県信用組合
(アラカルト)
6.0%~13.0% 300万円 不要
中央労働金庫
(マイプラン)
3.875%~8.475% 500万円 一般就労者(非組合員)のみ必要

信金・信組・ろうきんのカードローンの借入限度額は、銀行カードローンよりも低く抑えられていることが一般的です。

また、最高額を借り入れできる人が限定されているケースも多いため注意しましょう。

たとえば中央ろうきんの「マイプラン」の場合、団体会員の構成員の方、および生協会員の組合員(とその家族)は最高500万円まで申し込めますが、それ以外の一般就労者は100万円が上限となっています。

このように無理のない利用額に抑えられている分、収入証明書の提出が必要ないところも多いのが信金やろうきんの特徴です。

カードローンの借入限度額まとめ

上記を踏まえますと、カードローンの借入限度額については以下のようなことがいえます。

  • 銀行以外のカードローンで借りられるのは、年収の3分の1まで!
  • 銀行カードローンは総量規制の対象外だが、申込額によっては収入証明書が必要
  • 信金やろうきんのカードローンは、取引状況や所属会員によって限度額が異なる場合がある

いずれのカードローンを選ぶにしても、返済で苦しまないようにするために無理のない金額にとどめておくことが大切です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド