銀行系カードローンを新たな借り入れ先として選んだ人の理由

事情があってお金が必要になった場合、現金を融資してくれる非常に心強いサービスがカードローン(キャッシング)です。

カードローンには、大きく分けると「消費者金融」と「銀行系」の2種類があります。どちらも審査に通れば現金を融資してくれる点は同じなのですが、金利や借入限度額、審査の基準やスピードなどに違いがみられます。

まずは、消費者金融と銀行系カードローンの違いについて知り、どちらが自分に合っているかを見きわめることが大切です。

\すぐに借りるなら/

消費者金融(ノンバンク)とは

消費者金融とは、個人にお金を貸す賃金業者のことです。金融を扱ってはいるけれども銀行ではないことから、「ノンバンク」とも呼ばれます。

代表的な消費者金融

国内では、「アコム」や「SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」、「アイフル」などが消費者金融の専業大手として知られています。

中堅企業もいくつかあるのですが、近年は破産したり、他社に買収されたりする会社が増え、その数は少なくなりつつあります。

他にも、銀行と消費者金融が提携して設立した「銀行系消費者金融」という会社もあります。

銀行という言葉がついているため、銀行が提供するカードローンと区別しにくいのですが、正確には銀行のバックアップを受けた消費者金融です。

三菱東京UFJ銀行とプロミスの提携による「モビット」が代表的ですが、アコムやプロミスなども、それぞれ三菱UFJフィナンシャル・グループ、SMBCグループに属していることから、広義には銀行系の消費者金融ともいえます。

「○○銀行系」「○○銀行グループ」とうたわれている場合は、消費者金融であることがほとんどです。

消費者金融の特徴

消費者金融のカードローンには、以下のような特徴があります。

「総量規制」というルールがある!

消費者金融と銀行系カードローンの最大のちがいが、「総量規制」の対象となるかどうか、です。

銀行がお金を貸し出す際は「銀行法」という法律が適用されるのに対し、消費者金融では「貸金業法」という法律が適用されます。

一般的に、貸金業法のほうがお金の貸し出しに制限が多いのですが、中でも特徴的な制限が「総量規制」です。

総量規制とは、「個人の総借入金額が、年収の3分の1を超えてはいけない」というルールで、すべての消費者金融からの借入が対象となります。

たとえば年収300万円の人の場合、一社であろうが数社であろうが、ノンバンクからは合わせて100万円までしか融資を受けられないということです。

一般的には、一社からの融資が50万円を超える場合、もしくは他の賃金業者からの借入を含めて100万円以上の融資を希望する場合は、年収の3分の1を超えないかどうかをチェックするために、「収入証明書」の提出を求められます。

融資までの時間が短い!

消費者金融は、銀行系カードローンと比べると審査が早く、スピーディに融資を受けられる点も特徴です。

銀行系カードローンの場合、申し込みからカードが手元に届くまでに数日かかることも多いのですが、消費者金融は即日融資に対応しているところが多くみられます。

その理由としては、消費者金融は一般的に銀行カードローンと比べると審査が厳しくないということ、またカードを郵送で受け取らなくても、無人契約機や銀行振り込みなどですぐにお金を融資できるシステムが整っていること、などが挙げられます。

ただし「総量規制」の項でもご説明したとおり、一社から50万円以上の借入をする場合などは、収入証明書の提出が必要になりますので、融資に少し時間がかかることもあります。

金利はやや高め!

審査にさえ通れば、スピーディに融資を受けられる消費者金融ですが、金利は銀行カードローンと比べるとやや高めに設定されています。

借入金額や返済期間などにもよりますが、銀行系カードローンの金利が平均3.0~15%なのに対し、消費者金融では5~18%となっています。

ただし、消費者金融の中には「初回融資のみ30日間無利息」などのキャンペーンを行なっているところも多いため、上手に利用すれば銀行系カードローンよりもお得にお金を借りられる場合もあります。

銀行系カードローンとは

銀行(系)カードローンは、銀行が直接提供するカードローンのことです。多くの場合、「○○銀行カードローン」という商品名がつけられています。

「○○銀行グループ」「○○銀行系」とうたわれている場合は、銀行系消費者金融である場合がほとんどですので、間違わないよう見きわめが必要です。

こういった銀行系消費者金融と区別するために、「銀行系カードローン」ではなく「銀行カードローン」という呼称を使うこともあります。

代表的な銀行系カードローン

国内の銀行系カードローンとしては、「オリックス銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」「三菱東京UFJ銀行カードローン」などが大手として知られています。

銀行は、もともとお金を預かるだけではなく、企業や個人にお金を貸し付けることで利益を得ていますので、ほぼすべての銀行がカードローンのサービスを行なっています。

ちなみに、カードを使わずに口座への振り込みなどでお金を貸し付けるローンは、カードローンとは違う形態のローンになります。

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンには、以下のような特徴があります。

総量規制の対象外である!

銀行の融資には、「賃金業法」ではなく「銀行法」という法律が適用されますので、消費者金融と違って総量規制のルールがありません。つまり、年収の3分の1を超える融資も受けることができます。

ですから、銀行によっては最高限度額1,000万円など、大口融資にも対応が可能です。

また、数社からの借入を一つにまとめたいけれど、消費者金融では総量規制に引っかかってしまう場合なども、「おまとめローン」として利用することができます。

審査はやや厳しい!

大口融資に対応している銀行カードローンでは、一般的に消費者金融よりも審査基準は厳しくなります。

銀行によっても異なりますが、たとえば「20歳以上70歳未満」で、「安定した収入があること」を条件とするところが多くみられます。つまり、継続的な勤労が可能な層を対象としている、ということです。

ただし収入証明書に関しては、消費者金融よりも基準が甘く、「希望借入額が100万円以上」の場合に提出を求められるところが多くみられます。

もちろん、これまでの借り入れ・返済の実績などの個人情報は、他行や消費者金融も含め、信用情報機関にしっかり照会して確認されます。

金利が低め!

銀行系カードローンは、審査がやや厳しい分、金利は消費者金融よりも低めとなっています。借入金額や返済期間にもよりますが、平均すると3.0~15%です。

原則としては、借りる金額が大きければ大きいほど、金利は低くなります。

このように、消費者金融と銀行系カードローンにはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分の年齢や収入、また希望する借入金額や「いつまでに現金が必要か」などをよく考えた上で、最適な借入先を選ぶようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド