カードローン自動契約機でお金を借りるまでの流れ

一部のカードローンでは、自動契約機を使って申し込みやカード発行ができます。

契約機まで直接出向く手間はかかりますが、カードローンの自動契約機は夜まで営業しているところが多いため、当日中にお金を借り入れたい方にとっては非常に助かるシステムです。

ただし、自動契約機でカードを発行するためには持参しなければいけないものがいくつかありますので、二度手間にならないようしっかり用意していく必要があります。

また、すでに先客がいる可能性もあるため、なるべく時間にゆとりをもって行くことも大切です。

ここでは、自動契約機でのカード発行に対応しているカードローンと、それぞれの手続きについて詳しくご紹介します。

\すぐに借りるなら/

自動契約機を設置しているカードローン一覧

2017年2月現在、自動契約機を設置しているカードローンは以下の通りです。

消費者金融

会社名 自動契約機の名称と場所 営業時間
アコム 全国に設置の「むじんくん」 8:00~22:00
プロミス 全国に設置の「自動契約機」 9:00~22:00※一部21時もあります。
三井住友銀行内に設置の「ローン契約機」 9:00~21:00※契約機により営業時間、休日が異なります。
アイフル 全国に設置の無人契約でんわBOX「てまいらず」 8:00~22:00
モビット 全国に設置の「ローン申込機」 8:00~21:00

銀行カードローン

会社名 自動契約機の名称と場所 営業時間
三井住友銀行 三井住友銀行内に設置の「ローン契約機」 9:00~21:00
プロミス自動契約コーナー内に設置の「自動契約機」
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行内に設置の「テレビ窓口」
  • 平日:9:00~20:00
  • 土曜・祝日:10:00~18:00
  • 日曜:10:00~17:00
新生銀行
(レイク)
全国に設置の「自動契約機」
  • 平日・土曜:8:45~24:00
  • 日曜・祝日:8:45~22:00
  • 第3日曜日:8:45~19:00

※はじめてのお客さまへの当日の融資は、8:45~21:00

一部の店舗では営業時間が異なる可能性がありますので、まずは最寄りの契約機を検索の上、時間を確認してから行くようにしてください。

自動契約機の使い方の手順

自動契約機でカードを発行するまでの流れは、おおよそ以下の通りです。

  1. 来店・申し込み
  2. 審査・審査回答
  3. 契約手続き
  4. カード発行

審査の混雑状況にもよりますが、カード発行まで早いところでは30分程度、遅い場合は60分近くかかることもあります。

カードが発行された後は、併設されているATMもしくはコンビニなどの提携ATMから出金が可能です。

ただし書類に不備があると手続きができないため、必ず必要なものをしっかりと確認してから出向くようにしましょう。

アコムの場合

「むじんくん」の手続きに必要なものは以下の通りです。

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書(必要な場合)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国籍の方)

本人確認書類でもっとも望ましいのは、運転免許証です。

ない場合は個人番号カードや健康保険証も使えますが、顔写真がないものや、現住所と違う住所が記載されている場合は、現住所が記載された公共料金の領収書・住民票・納税証明書のいずれかを一緒に提出する必要があります。

また、収入証明書が必要なのはアコムで50万円を超える契約をする場合、および他社を含めた借入額が100万円を超える場合です。

個人事業主の方は、その他の書類が必要になる場合がありますので、事前にアコムに電話で確認することになっています。

プロミスの場合

プロミスでは、プロミスの自動契約機のほか、三井住友銀行内に設置のローン契約機からも手続きが可能です。以下のものを持参します。

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書類(必要な場合)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国籍の方)

本人確認書類は運転免許証が最優先されますが、持っていない場合は「パスポート」または「健康保険証」のいずれか一点と合わせて「住民票」を持参する必要があります。

収入証明書類が必要になるのは、プロミスでの希望借入額が50万円を超える場合、もしくは希望額と他社からの借入を合わせて100万円を超える場合です。

最新の源泉徴収票や確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)などを用意していきます。

アイフルの場合

アイフルの自動契約機(てまいらず)は、電話でオペレーターと話しながら手続きが可能です。

無人でんわBOXに入ったら、電話の「1」のボタンをプッシュし、オペレーターにつないで手続きを進めていきます。

必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書(必要な場合)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国籍の方)

本人確認書類でもっとも望ましいのは、運転免許証もしくは運転経歴証明書です。

いずれも持っていない場合は、パスポート・個人番号カード(表面のみ)・住民基本台帳カード・その他公的証明書類(氏名・住所・生年月日・顔写真付き)などで代用します。

収入証明書が必要なのは、アイフルの希望契約額が50万円を超える場合、もしくは他社からの借り入れを含めた総額が100万円を超える場合です。

それ以外でも、アイフルが必要と判断した場合に提出を求められることがあります。

収入証明書として使えるのは、最新の源泉徴収票・確定申告書・住民税決定通知書・所得証明書・直近2ヵ月分の給与明細書などです。

モビットの場合

モビットにも全国にローン申込機がありますが、ほかのカードローンと違い、その場でカードを発行してもらった後、契約は郵送で行ないます。

  1. ローン申込機から申し込み
  2. 簡易審査と結果表示
  3. カード発行
  4. 本審査結果の電話連絡と、入会の確認
  5. モビットから送付された必要書類を返送

実際にカードを使えるようになるのは、電話で本審査結果の連絡を受け、入会に同意した時点からです。

モビットの申し込みには、自宅の郵便番号(7桁)が必要ですので、事前に確認してから行きましょう。また、必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書類(必要な場合)

本人確認書類は、基本は運転免許証ですが、ない場合はパスポートもしくは健康保険証でも代用できます。

収入証明書類は、本審査の結果、提出を求められた時のみ必要です。最新の源泉徴収票や確定申告書、所得証明書、給与明細書などを提出します。

また個人事業主の場合、公式サイトからダウンロードできる「営業状況確認のお願い」という用紙の提出が必要になることがありますので、あらかじめ用意しておくと安心です。

三井住友銀行カードローンの場合

三井住友銀行カードローンは、行内のATMコーナーにあるローン契約機、もしくはプロミスの契約コーナーにある自動契約機からも申し込みが可能です。以下の必要書類を持参します。

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書類(300万円を超える申し込みの場合)

本人確認書類として使えるのは、運転免許証・パスポート・個人番号カード・住民基本台帳カード(顔写真付き)などです。

それ以外の書類を使用したい場合は、事前にカードローンプラザ(0120-923-923)に問い合わせる必要があります。

収入証明書類は、希望契約額が300万円以下の場合は必要ありません。

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の場合

三菱東京UFJ銀行カードローンの自動契約機は、行内のATMコーナーに設置されている「テレビ窓口」というブース内にあります。オペレーターと話しながら手続きが可能です。

必要書類は以下の通りです。

  • 運転免許証(必須)
  • 勤務先の情報(住所・電話番号・社員数・入社年月)
  • 学生証(学生の方)
  • 収入証明書(200万円超の契約を希望する場合)

テレビ窓口でカードを発行するためには、運転免許証が必須です。ほかの本人確認書類では受け付けてもらえないため、運転免許証がない方は後日郵送でカードを受け取ることになります。

また、申し込みにあたって勤務先の情報を記入する必要があるため、社員数や自分の入社年月などの情報をあらかじめメモしていくようにしましょう。

収入証明書類は、希望契約額が200万円以下の場合は不要です。

新生銀行カードローン(レイク)の場合

新生銀行カードローンの自動契約機は、消費者金融のレイク時代のものが今なお全国各地に残っています。

必要書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(必須)
  • 収入証明書類(100万円を超える契約額を希望する場合)

本人確認書類としてもっとも望ましいのは運転免許証ですが、ない場合は健康保険証・パスポート・個人番号カードなどで代用できます。また、外国籍の方は在留カード、特別永住者証明書も必要です。

ただし健康保険証を使う場合、もしくは本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑登録証明書のいずれかを合わせて提出する必要があります。

以上、カードローンの自動契約機での手続きの流れをご紹介しました。

早いところでは最短30分ほどでカード発行ができますが、時間が遅すぎたり、申し込みが多い時期だったりすると、審査結果の連絡が翌日になることもあります。

当日中にカードを手にしたい方は、必要書類をきっちりそろえた上で、なるべく早めの時間帯に行くことをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド