カードローン業者間で利用者の借り入れ情報は共有されている?

カードローンの借り入れ情報は、業者間で共有されているといわれますが、それは事実です。

ただし、会社から会社へと直接個人情報を渡し合っているのではなく、それぞれが加盟する信用情報機関を通して情報が共有される、というシステムになっています。

これによって、どのカードローンに申し込んだとしても、他社からの借り入れ状況や延滞などの情報はすぐにわかるようになっているのです。

このような信用情報機関の情報共有のシステムについて、詳しく解説していきます。

\すぐに借りるなら/

日本には、3つの信用情報機関がある!

日本には現在、以下の3つの個人信用情報機関があります。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

銀行や信用金庫などの金融機関はKSC、消費者金融や信販会社などはCICとJICCに加盟しています。中には、複数の機関に加盟する会社も少なくありません。

これらの機関は、個人の信用情報の保管や提供を行なっています。

たとえば、カードローンやクレジットカードの申し込みがあると、その会社は自らが加盟する信用情報機関に問い合わせを行ない、申込者の信用情報を照会します。

その結果、もし信用情報に問題があれば、審査に落とさざるを得ません。

このように、審査の可否に大きな影響を与える信用情報ですが、各社が加盟する信用情報機関に登録されている情報しか閲覧できないと、さまざまな問題が生じてきます。

たとえば、ほかの機関に加盟する会社のカードローンで借り逃げした人が申し込んできた場合、その情報が見えないと、審査に通してしまうことになりかねません。

実際、少し前まではこの盲点を突いて別の会社からどんどん借り入れ、多重債務に苦しむ人がたくさんいました。そこで、現在は各信用情報機関の間で、情報が共有されるようになったのです。

3社間の情報交流ネットワーク「CRIN」

信用情報機関の情報共有システムの一つに、「CRIN(クリン)」があります。

CRINは、「CRedit Information Network」の略で、CIC・JICC・KSCの3社の間で情報を共有するためのシステムです。

いずれかの信用情報機関に事故情報などがあると、ほかの2社にもその情報が共有されます。共有される情報は各機関にもよりますが、大体以下のようなものです。

  • 個人を識別するための情報(氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先など)
  • 契約内容についての情報(契約日・契約の種類・契約額など)
  • 支払い状況に関する情報
  • 事故情報についての情報(延滞・代位弁済・債務整理など)
  • その他の本人申告情報

CRINでは、各社が他機関のデータベースに直接アクセスできるわけではなく、CRINというネットワーク上にそれぞれの情報を登録して、それを共有し合います。

つまり、CRIN情報として登録されて初めて他社が閲覧できるようになるということです。

2社間の情報交流ネットワーク「FINE」

信用情報機関の情報共有システムには、もう一つ「FINE(Financial Information Network)」があります。

こちらは、CICとJICCの2社間のネットワークです。

契約状況や事故情報のほか、現在の借入残高も共有し合っているため、たとえばカードローンに申し込んだ人が既に他社から借り入れている場合は、その金額も含めてすぐにわかります。

CICとJICCは、多くの消費者金融が加盟する信用情報機関ですので、融資額が総量規制に抵触しないかどうかを確認するためにも、情報をしっかりと共有する必要があるのです。

さらに、カードローンやクレジットカードに申し込んだだけの情報も共有されるため、あまり短期間のうちに複数の申し込みをすると、いわゆる「申し込みブラック」として審査に落とされてしまう可能性があります。

情報交流ネットワークの情報は、必ずしも参照されるわけではない!?

上記のように、現在の日本ではそれぞれの信用情報機関がネットワークを通じて情報を共有し合っていますので、問題の多い人が新たにカードローンやクレジットカードを契約することは難しくなっています。

情報共有システムが確立される以前であれば、銀行、消費者金融、信販会社でそれぞれ借金を重ねていく、という人も多かったのですが、今は審査の段階でNGとなることが多いのです。

とはいえ、情報交流ネットワークでは、各機関が所有するすべての情報を共有しているわけではありません。基本的には、本人を識別するための情報と、現在進行形の延滞情報が中心となります。

たとえば、今現在延滞が続いていたり、任意整理中であったりする場合、これ以上債務を増やさないためにも情報はしっかりと共有されますが、過去の債務整理に関する情報は出てきません。

また、必ずしもすべての会社が、信用情報調査の際にネットワークを参照するわけではない、という事実もあります。

というのも、CRINの情報を閲覧する際には一回ごとに手数料がかかるため、必要があると判断した場合にしか参照しない会社もあるのです。

ちなみに、消費者金融の中にはCICとJICCのどちらにも加盟している会社が多くみられます。こうすることで、CRINやFINEの情報を利用しなくても、申込者の情報を調べやすくなるからです。

また、たとえCRINで問題のある情報が見つかったとしても、融資を行なうかどうかは各社の判断によります。実際、会社によっては可決することもありますので、CRINの情報がすべてというわけでもありません。

とはいえ、延滞や借り逃げなどをすれば高確率でほかのカードローンも利用できなくなることは事実ですから、どの会社であっても返済はしっかりと行なうようにしたいものです。

自分の信用情報を知りたい場合は、CIC・JICC・KSCそれぞれの機関で情報開示を受け付けていますので、請求手続きをしてみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド