カードローンでお金を借りるまでの最も一般的な流れ

カードローンでお金を借りる場合は、電話もしくはインターネットから申し込みをし、審査に通った後で融資を受ける、という流れが一般的です。

銀行カードローンの場合は、カードが手元に届くまでに1週間程度かかることもありますが、消費者金融ではスピーディに審査を行ない、早ければその日のうちに現金を手にすることができます。

カードローンでお金を借りるまでの一般的な流れについて、詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

カードローンでお金を借りるまでの流れ

カードローンを利用する際は、一般的に以下のような手順を踏みます。

  1. 電話もしくはWEBから申し込む
  2. 申し込み確認の電話がくる
  3. 審査
  4. 成約(借入)

STEP1.申し込み

カードローンを利用したい場合は、まずは銀行もしくは消費者金融の会社に新規申し込みをする必要があります。

申し込みの窓口としては、電話もしくはインターネットが代表的ですが、特に急がない場合は郵送でも可能です。

また、店頭窓口での申し込みにも対応しているところがほとんどですし、無人契約機を利用して申し込みできる場合もあります。

いずれの方法でも、本人からの申し込みであることを確認するために、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

また、希望する借入額によっては収入証明書の提出が求められますので、源泉徴収票などを用意しておく必要があります。

webで申し込むか、電話で申し込むか?

今は、どのカードローン会社もホームページを持っていますので、オンラインで簡単に申し込むことが可能です。必要事項をフォームに記入し、送信するだけで申し込みが完了します。

ちなみに、申し込む際にインターネットか電話かで迷う方もいるかもしれませんが、最近はインターネットからの申し込みが主流です。本人確認書類も、スマホのアプリなどを使ってオンラインで送信することができます。

ただし即日融資を希望する場合は、時間帯によっては電話で申し込んだほうがスピーディに審査に進める可能性がありますので、一刻も早く審査を受けたい方は、申し込み専用のフリーダイヤルにかけることをおすすめします。

申し込む際の注意点

カードローンの申し込みは、基本的に「まずは一社だけ」にしたほうが無難です。

すぐにでも現金が必要な場合、あせる気持ちから一気に複数の会社に申し込みたくなるものですが、各会社が審査のために信用情報機関に照会をかけた際、他社への申し込み履歴もしっかりチェックされてしまいます。

信用情報機関には、実際にカードローンを利用した際の実績だけではなく、ただ申し込んだだけの記録も残るからです。

一般的に、短期間のうちに複数の申し込みをしていることが発覚した場合は、よほど切羽詰まった状況であると判断され、審査に通りにくくなる可能性が上がります。

そうならないよう、まずは一社に申し込んで審査の可否を待つことをおすすめします。

また、銀行や会社によっては、web上で「簡易審査(クイック診断)」を行なっていることもあります。

年齢や年収、希望する借入額などを入力するだけで、審査に通る可能性があるかどうかを即座に診断してくれるサービスです。

審査に自信のない方や、初めての利用で不安な方などは、こうしたサービスを利用してみてください。

STEP2.申し込み確認の電話

申し込みが完了したら、会社の営業時間内であればすみやかに審査のための手続きが行なわれます。

特に消費者金融や、スピーディな融資をうたっている銀行カードローンの場合は、その日のうちに審査を受けられることが一般的です。

ただし多くの場合、本格的な審査を行なう前に、申し込み内容を確認するための電話がかかってきます。

本人からの申し込みであるかどうか、送信した内容に間違いがないかどうかなどを聞かれますので、特に早めの融資を希望する場合は必ず電話に出るようにして、必要事項にしっかりと受け答えすることが大切です。

STEP3.審査

申し込み確認が終了した後は、実際の審査へと移ります。カードローンの審査では、主に以下のようなことが行なわれます。

属性審査

年齢や年収、勤務形態などの基本的なプロフィールのチェックです。会社ごとに、所定の条件を満たした人を対象に融資を行なっていますので、まずは条件に合致しているかどうかが確認されます。

在籍確認

担当者が、申し込み内容に記載されている勤め先に電話をかけ、本人が在籍しているかどうかを確認します。申し込み内容に虚偽がないかどうかをチェックするために行なわれるものです。

信用情報調査

カードローンの審査では、必ず信用情報機関への問い合わせを行ないます。

信用情報機関とは、個人のこれまでのクレジットカードやキャッシングの利用に関する情報を、登録・提供するところで、日本には「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」の3つの機関があります。

CICは、主にクレジットカードや信販系の会社、JICCは消費者金融、そして全国銀行個人信用情報センターは銀行が加盟しています。

ただし、各機関の情報は共有されていますので、過去にいずれかの信用情報機関に延滞や不払いなどの履歴が残っている場合は、どのカードローンであっても審査に通る可能性が低くなります。

カードローンを申し込んだ際は、上記のような審査がすみやかに行なわれ、カードを発行できるかどうかの決断が下されます。

STEP4.成約

審査の可否は、登録したメールアドレス、もしくは電話で通知されることが一般的です。無事に審査に通ると、成約となり、カードの発行手続きがとられます。

多くの消費者金融では、成約と同時に、指定の口座に現金を振り込んでもらうことが可能です。つまりカードが手元に届くまで待たなくても、融資を受けることができます。

銀行カードローンでも、最近は銀行内にあるローン契約機を利用すれば、その場でカードを発行してもらえるところが増えてきました。

またキャッシュカードとローンのカードを一体化する場合は、手持ちのキャッシュカードでカードローンを利用できることもあります。

成約後、いつ現金を手にできるかは会社や銀行によってまちまちですので、希望する期日に間に合うかどうか、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド