失業中の方がお金を借りる方法

現在、失業中で無職の人が、お金を借りる方法はあるのでしょうか?

失業手当をもらえている間はまだしも、手当が打ち切られた後も就職が決まらない人や、そもそも失業手当の出ない人などは、毎日の生活にかなり困窮する可能性があります。

しかも、銀行や消費者金融のカードローンは「現在仕事をしている人」を対象としているため、失業中の人が利用できる可能性はほぼありません。

ただし、国の支援金を利用できる可能性はありますし、生命保険に入っている人は、「契約者貸付」という制度を利用できることもあります。

失業中の方がお金を借りるためのさまざまな方法について、ご紹介しましょう。

\すぐに借りるなら/

失業中の人がカードローンを利用できる可能性は、ほぼゼロ!

お金を借りられるサービスといえば、銀行や消費者金融のカードローンが真っ先に思い浮かびますが、どのカードローンでも申し込み条件として「安定した収入がある方」と規定しています。

どこに問い合わせても、現時点で失業中の人が新たに申し込める可能性は、限りなくゼロに近いのが現状です。

ただし、以下の場合は例外的に融資を受けられる可能性があります。

配偶者に収入がある場合

本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば、申し込めるカードローンはいくつかあります。特に銀行カードローンでは、配偶者の同意書や収入証明書を提出することなく融資を受けられるところがほとんどです。

ほかに所得がある場合

失業中でも、不動産やネットオークションなど、さまざまな形で何らかの所得がある場合、融資を行なうカードローンもあります。基本的には、所得を証明できる書類の提出が必要です。

上記のいずれにも当てはまらない方は、現時点ではカードローンの利用は難しいため、とりあえず何でもいいのでアルバイトを見つける、というのも一つの方法です。

ひとまず仕事が決まった時点で、カードローンに申し込む権利を得ることができます。

まだ仕事を始めたばかりですと、審査に通っても融資額は低く抑えられてしまう可能性はありますが、収入が安定するまでの間の助けにはなるかもしれません。

ちなみに、堂々と「失業中(無職)の方でもOK!」とうたっている業者があるとすれば、それは高確率で違法なヤミ金業者です。まっとうな業者では、絶対にそのような広告文句は出しませんので、十分に注意してください。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

既に持っているクレジットカードにキャッシング枠がついている場合、それを利用してお金を借りることができます。これは、既に契約済みのカードローンにもいえることです。

クレジットカードでもカードローンでも、本来なら勤務状況については申告義務がありますので、失業したことはすみやかに報告する必要があります。

しかし、失業中こそキャッシングやカードローンを利用して、再就職までのつなぎにしたいと思う人が多いのも事実です。その場合、次の職場が決まり次第、すぐにカード会社に連絡を入れるようにしましょう。

もちろん、安易にお金を引き出すことはおすすめできません。収入が絶たれている以上、無理にお金を借りても、返済に行き詰まってしまうリスクがあります。

特にクレジットカードのキャッシングは、カードローンよりも高い金利が設定されていることが多いですので、あくまで無理のない範囲で利用することが大切です。

社会福祉協議会の「総合支援資金」を利用する

失業中でも安心してお金を借りられる先としては、各市区町村の社会福祉協議会が提供する「総合支援資金(生活福祉資金)」があります。

総合支援資金には、生活費に使える「生活支援費」や、それでは賄えない費用(滞納した公共料金の支払いや、就職のための技能習得など)に使える「一時生活再建費」、また新たな住居に移るための「住宅入居費」などがあります。

費用の種類 貸付限度額 据え置き期間 返還期限 利息
生活支援費 (2人以上)
月20万円以内
(単身)
月15万円以内
最終貸付日から6ヶ月以内 据置期間経過後10年以内 保証人あり:
無利子
保証人なし:
年1.5%
住宅入居費 40万円以内 貸付けの日(生活支援費とあわせて貸し付けている場合は、生活支援費の最終貸付日)から6ヶ月以内
一時生活再建費 60万円以内 貸付けの日(分割による交付の場合には最終貸付日)から6ヶ月以内

厚生労働省ホームページ「生活福祉資金貸付条件等一覧」をもとに再作成

このように、総合支援資金では返済期限に余裕がある上、保証人を立てれば年1.5%という格安の金利でお金を借りることができるのです。

利用するためには、所定の条件を満たす必要がありますので、まずは最寄りの社会福祉協議会の窓口で相談してみましょう。

生命保険の「契約者貸付」を活用する!

生命保険に加入している場合、生命保険の「契約者貸付」という制度を利用できることがあります。

契約者貸付とは、契約中の生命保険の解約返戻金を担保として、保険会社からお金を借りる制度です。借りられる額は、保険会社や保険商品によっても異なりますが、一般的には解約返戻金額の70~90%の範囲になります。

もちろん借金ですので、利息は支払わなくてはいけません。利率は、生命保険を契約した時期にもより、昔の契約であればあるほど高くなることが普通です。最近の契約であれば、年3.0%前後が平均となっています。

契約者貸付は、解約払戻金額の範囲内であれば何度でも利用することが可能ですが、返済をしていかないと借入額が解約払戻金額を超えてしまい、保険が失効してしまうこともあります。

利用する場合は、しっかりと計画的に返済していくことが大切です。

上記のほかにも、最後のセーフティーネットである生活保護も含め、失業中の人がお金を調達できる方法はいくつかありますので、ぜひ役所やハローワークなどでも相談してみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド