最適なキャッシングご利用希望枠の設定金額

カードローンを申し込む際、必ず入力する項目に「希望の借入額」があります。つまり、いくらの融資を希望するか、ということです。

カードローンの審査にスムーズに通るためにも、希望借入額はできるだけ慎重に設定する必要があります。

最適な額は、その人の年収や、他社からの借入状況などにもよりますが、初回の申し込みでは、少なければ少ないほど審査に通る可能性は上がることが一般的です。

カードローンの最適な利用希望枠の設定金額について、詳しく解説していきましょう。

\すぐに借りるなら/

消費者金融の場合、「総量規制」に引っかからない金額で

消費者金融カードローンに申し込む際、特に希望借入額は重要になります。

というのも、銀行以外の貸金業者(ノンバンク)からの借入額は、すべて合わせて「年収の3分の1まで」と、貸金業法という法律の中の「総量規制」というルールによって決められているからです。

つまり一社であっても数社であっても、銀行以外から借りる金額は、年収の3分の1を超えることはできません。

他の消費者金融はもちろん、クレジットカードのキャッシング枠も含まれますので、まずは自分の借入状況を正確に把握する必要があります。

ちなみに他社からいくら借り入れているかは、信用情報調査という審査で分かることですので、嘘をついてもすぐにバレてしまいます。

虚偽の内容で申し込むと、その時点で審査に落とされてしまう危険性が大ですので、必ず正直に申告するようにしましょう。

たとえば年収が300万円の人の場合、ノンバンクから借りられるのは総額100万円までです。ですから、既に他社から50万円借りている場合は、消費者金融カードローンではあと50万円しか借りられない、ということになります。

ちなみに、多くの消費者金融では「50万円以上」の借入を希望した場合、もしくは他社からの借入がある人の場合は、総量規制に引っかからないかどうかをチェックするために、収入証明書の提出を求められることが一般的です。

つまり、消費者金融カードローンの審査に通るためには、希望借入額は「自分の年収に応じて、総量規制に引っかからない範囲で」設定する必要があります。

ちなみに、他社からの借入がない場合でも、初回はできるだけ収入証明書が要らない50万円以下に設定したほうが、審査にスムーズに通る可能性が高くなります。

銀行カードローンも、最初は少なめの利用枠で申し込んだほうが◎!

それでは、総量規制の関係ない銀行カードローンの場合は、どれぐらいの希望額で申し込めばいいのでしょうか?

銀行は、貸金業法ではなく「銀行法」という別の法律が適用されますので、融資額に関する明確な決まりはありません。つまり銀行がOKと判断すれば、限度額までの範囲内でいくらでも融資できるということになります。

とはいえ、実際はやはり収入と照らし合わせて、返済に無理のない範囲での貸付を行なう銀行がほとんどです。

特に、その銀行カードローンを初めて申し込む人の場合、まだ実績がない状態ですので、最初は年収にかかわらず少なめの額で申し込んだほうが無難でしょう。

銀行の公式サイトの中には、毎月の返済予定額や、返済年数などを入力することで、借りられる金額をシミュレーションできるページを設けているところもあります。

たとえば「三井住友銀行カードローン」で、「毎月10,000円を、2年間(24ヶ月)返済する」という内容で入力してみます。

借入可能額シュミレーション-1

三井住友銀行カードローン「借入可能額シミュレーション」より

すると、次のような結果が表示されます。

借入可能額シュミレーション-2

つまりこの場合、およそ20万円までなら融資可能ということです。

もちろん、実際は一人ひとりの年収や勤務状況なども関わってきますので、一概にはいえませんが、もしこうしたシミュレーションのできる銀行のサイトがあれば、ぜひ参考に活用してみてください。

最初は少なくても、後で「増枠」することはできる!

基本的には、消費者金融でも銀行でも、最初はできるだけ少なめの金額で申し込んだほうが、審査には通りやすくなります。

何かの理由で、よほどまとまったお金が必要という場合でない限りは、10万~30万、多くとも50万円までにとどめたほうが、スムーズに審査に通れる可能性が高くなります。

また、カードローンには借入限度額を上げてもらう「増枠」というシステムがあります。

最初に借り入れた金額をしっかりと毎月返済していけば、実績が付きますので、その後より多くのお金を融資してもらえる可能性があるのです。

消費者金融の場合は総量規制があるため、収入によって借りられる上限額が決まっていますが、総量規制のない銀行カードローンは、あとから増枠できる可能性が十分にあります。

クレジットカードでも、ある程度使っているうちに「増枠しませんか?」というお誘いがくることがあるように、カードローンでも銀行のほうから増枠の提案をしてもらえることもあるのです。

そのためにも、まずは最初に借りたお金を一度も延滞せず、しっかりと返済していくことが大切になります。

カードローンの利用希望枠の最適な設定金額について、まとめてみましょう。

  • まずは、できるだけ少ない額で申し込む
  • 特に消費者金融の場合は、総量規制に引っかからない金額にする
  • 銀行カードローンの場合、実績を付けてから増枠を狙う

特に収入や勤務状況の面で、審査にあまり自信のない方は、なるべく低い額で申し込んでから、コツコツと実績を積み重ねていくことをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド