どちらが早く借りられる?カードローンのWeb申し込みと自動契約機

「今すぐ借りたい!」カードローンを利用するときは、このように急いでいるときがほとんどです。

ですので、申込みから借入れまでなるべく早くしたいところ。そこで疑問なのが「Web申し込みと自動契約機どっちが早いか?」という点です。

カードローンの申込み方法と言えば、Web申し込みと自動契約機が主流です。この2つのどちらのほうが、申込み~審査~借入れまで早く済むのか気になっている方が多いかと思います。

そこで大手の消費者金融と銀行系カードローンをくまなく調査してみました。果たして、どちらのほうがスピーディーに借入れ可能なのでしょうか?

\すぐに借りるなら/

Web申し込みVS自動契約機どっちが早く借りられる?

結論から言えば差はありません。どちらも大手であればその日に審査が終了し、即日融資が可能です。

どちらかを選んでも審査~融資までのスピードは変わりないかと思います。ただし、それぞれメリットとデメリットが異なります。

Web申し込みのメリット&デメリット

Web申込みのメリットは、銀行振込を選択すれば来店する必要がないことです。大手であれば、基本的にほとんどの会社が契約後、すぐに指定口座に振込をしてくれます。

そのため、ほとんどの手続きがネット上で完結するという便利さがあります。

一方、デメリットは土日祝の即日融資は基本できない点です。Web申込みの場合、銀行の営業時間の関係で、即日融資は平日14:00~15:00までという、カード会社がほとんどです。

また、後日カード等が郵送されてくるという欠点もあります。

自動契約機のメリット&デメリット

自動契約機のメリットは、その場でカードが発行されるため、銀行の営業時間外でも即日融資ができる点です。

そのため、土日祝でも申込み当日に借入れをすることができます。また、カードをその場で受け取ることができるため、郵送物もなしにできます。

一方、デメリットは自動契約機まで出向かないといけない点です。自動契約機の設置場所は限られているため、場合によってはかなり遠くなってしまう可能性もあります。

また、自動契約機の前で細かい必要事項を記入したり、審査を待たないといけないという欠点もあります。

もっともオススメなのはWeb申し込み&自動契約機の合わせ技!

先にお伝えしたように、Web申し込みと自動契約機のスピードに差はありませんが、それぞれ欠点があります。

そこでこの欠点を解消するために「Web申し込みをして自動契約機で契約する」という方法がおすすめです。この方法なら両方の欠点を少なくできます。

手順は非常に簡単で「自宅からWeb申し込み」⇒「審査結果を待つ」⇒「審査に通ったら自動契約機に行って契約」これだけです。

この方法なら、申込み~審査が自宅で完了しますので、自動契約機の前で細かい記入をしたり、審査待ちをする必要がありません。

審査に通ったら、あとは自動契約機にいって契約するだけです。すぐにカードを発行してもらえるので土日祝でも即日融資が可能です。

また、郵送物もなしにできます。このようにWeb申し込み+自動契約機という方法であれば、お互いのデメリット少なくできるのです。

ちなみにこの方法がつかえるのは大手ですと、以下のカードローンになります。

  • モビット
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • ノーローン
  • 新生銀行カードローン・レイク
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

これらのカードローンであれば、Web申し込みができるだけでなく、自動契約機も完備していますので、ネットで審査を済ませて自動契約機で契約という方法が使えます。

必読!審査をスムーズにするためにコレだけは準備が必要

審査をスムーズにするために、事前に準備しておく必要があるものがあります。それは「本人確認書類」と「収入証明」です。

カードローンの審査には、本人確認書類と収入証明が必要になります。できるだけ審査をスピーディーに進めるには、こうした必要書類を用意しておく必要があります。

とくに本人確認書類は必須です。これはどのカード会社でも一緒になります。本人確認書類として有効なのはカード会社によって若干違いますが、運転免許証やパスポート、保険証などです。

収入証明は限度額によって必要になることがあります。消費者金融系は50万円を超えるか、他の貸金業者との合計100万円を超える場合に必要です。銀行系の場合は、以下のようにカードによって違います。

カード名 収入証明が必要な限度額
新生銀行カードローン・レイク 100万円以上
三井住友銀行カードローン 300万円以上
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 200万円以上
みずほ銀行カードローン・コンフォートプラン 200万円以上
じぶん銀行・じぶんローン 300万円以上
楽天銀行スーパーローン 300万円以上

上記のように銀行によって、収入証明が必要な限度額が違います。いくらから必要かは、カード紹介のHPに記載されていますので、事前にチェックしておきましょう。

こういった書類は申込んでからいざ用意しようとすると、意外と手間がかかることもあります。申込み中に手間取ると契約までがスムーズにいかなくなります。

そういった事態を避けるためにも、申込み前に準備しておくようにしてください。

まとめ

Web申し込みと自動契約機の借入れまでのスピードにありません。どちらの申込み方法を選んでも借入れまでの時間に差はつかないかと思います。

この2つ申込み方法にはそれぞれ異なったデメリットがありますが、「Web申し込みをして自動契約機で契約する」という方法を取れば、2つのデメリットを非常に少なく出来ます。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド