無登録貸金業者「ヤミ金」で借り入れたことがある人の割合

ヤミ金とは、高金利の貸し付けを行なう無登録の貸金業者のことです。

消費者金融や銀行のカードローンと違い、法律を無視した融資をしていますので、いくらお金が必要になっても決して手を出すべきではありません。

しかし実際には、さまざまな理由からヤミ金を利用してしまう人たちもいます。

その数は決して多くはありませんが、最近は総量規制によって、貸金業者からまとまったお金を借りにくくなったこともあって、ヤミ金を利用せざるを得ない人たちが増えてきたといわれています。

実際にヤミ金で借り入れたことのある人はどれぐらいいるのか、またその理由などについて詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

借入経験のある人のうち、100人中4人はヤミ金を利用している!?

まずは、ヤミ金の利用経験に関する、金融庁の調査結果を見てみましょう。

無登録業者(ヤミ金)の利用経験

この調査では、直近3年以内にお金を借り入れたことのある人と、それ以外の人とを、別々に分けて集計しています。

グラフを見ますと、3年以内借入経験者のうち、約90%は「ヤミ金の利用経験なし・利用の意向もなし」と回答していますが、「利用経験はないが、意向はある」と答えた人が5.4%、そして実際に利用したことのある人が4.4%いることがわかります。

一方、3年以内の借入経験がないグループでは、ほとんどの人がヤミ金の利用経験も意向もなく、実際に利用したことのある人はわずか0.2%にとどまっています。

このグループの中には、これまで一回も借金の経験がない人も多く含まれますので、当然の結果かもしれませんが、気になるのは「ここ3年以内にお金を借りた人のうち、一部の人はヤミ金を利用したことがある」という事実です。

まだ実際に手は出していなくても、利用を考えている人も含めると、全体の1割程度を占める計算になります。

高金利なのにヤミ金を利用する人がいるのはなぜ?

ヤミ金は、法律で定められている上限金利を大幅に無視した高金利で、お金を融資する違法な業者です。

たとえば、10日で1割の利息が付く「トイチ」という言葉がよく聞かれますが、この場合、10万円借りたとしたら、10日間で1万円の利息が発生します。

また、中にはそれ以上の金利を取るヤミ金業者もたくさんいます。

普通に考えると、絶対に手を出したくないはずのヤミ金ですが、実際に利用する人がいるのはなぜなのでしょうか?その理由としては、以下のようなことが考えられます。

正規の借入ができないから

ヤミ金を利用する理由として、昔からよくあるのが、「普通の業者から借りられないから」というものです。

たとえば、過去に延滞や不払いなどの金融事故を起こして、いわゆる「ブラックリスト入り」してしまった人は、その情報が信用情報機関のデータベースから消えない限り、新たに借り入れることはできなくなります。

また、無職やフリーターなど普通のカードローンの審査に通りにくい人も、ヤミ金を利用することがあります。

比較的、審査に通りやすいといわれる消費者金融であっても、やはり最低限の条件はクリアする必要がありますので、あまりに収入の低い人は断られてしまうことがあるのです。

一方、ヤミ金では上記のような人でも、一定の条件さえ満たせばお金を融資します。

業者にもよりますが、一般的には「身元や住所がしっかりしていて、何らかの仕事をしており、いざという時に連絡できる家族がいること」などが重視されるポイントです。

こういった条件さえ満たせば、他から借りられない人にもヤミ金は融資を行なうことがあります。

ヤミ金と知らなかったから

ヤミ金利用者の中には、知識が乏しかったために、違法な業者だと知らずにお金を借りてしまった、という人もいます。

特に初めて借金をする人で、なんの予備知識もなかった場合、たまたま目にした広告やダイレクトメールなどに誘われ、思わず連絡してしまうこともあるでしょう。

本来なら、銀行や消費者金融などの正規の業者から借りられるような人であっても、一歩間違えてしまうとヤミ金を利用してしまうこともあるのです。

「総量規制」によって、多額のお金を借りられなくなったから

ヤミ金に手を出してしまう理由として、現在もっとも多いのが「総量規制の影響」だといわれています。

総量規制とは、銀行以外の貸金業者(ノンバンク)からの総借入額が、年収の3分の1を超えてはいけない、というルールです。

以前まではなかったルールなのですが、多重債務者の増加防止を目的に2006年から段階的に法律(貸金業法)が改正され、2010年6月から完全施行されました。

つまり、収入に見合っただけの借り入れしかできなくなったということです。

このルールが適用された甲斐あって、多重債務者は年々減少しているのですが、一方でまとまった資金が必要な人には、非常に困った状況も招きました。

特に、法律が完全施行される前に多額のお金を借りていた人は、それ以上新たな借り入れができなくなってしまったのです。

このように、本来はカードローンユーザーを守るために施行された法律が、一方では一部のユーザーをヤミ金へと走らせることにつながってしまいました。

そのため、最近では「総量規制をもう一度見直すべきではないか」という議論も起こっています。

それでも、ヤミ金を利用するべきではない理由とは?

このように、中には致し方ない理由でヤミ金を利用する人もいるのですが、違法な業者であることは確かですので、手を出すのはやはり危険です。

法外な金利をとられるだけではなく、万が一返済が滞った時に悪質な取り立てを受けたり、場合によっては家族にも迷惑がかかったりしてしまいます。

もう一つ、ヤミ金で怖いのが「個人情報の流出」です。

ヤミ金を一度でも利用すると、その情報が顧客名簿に登録され、ほかのヤミ金業者に流出してしまう可能性があります。実際、そうした事例は数多く報告されているのです。

手を出したほうが悪いといってしまえば、それまでですが、中には騙される形でヤミ金を利用してしまう人もいますし、取り立てへの恐怖や返済のプレッシャーから、精神的に追い詰められてしまう人も少なくありません。

ヤミ金被害に遭っている方は、決して一人で悩まず、しかるべきところに相談してみましょう。

法の専門家である弁護士に依頼するのがもっとも早いのですが、法的トラブルの相談窓口である「法テラス」でも、ヤミ金への正しい対処法を教えてくれます。

条件を満たせば弁護士費用の立て替えもしてもらえますので、ぜひ相談してみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド