郵送物なしでカードローンでお金を借りる方法

カードローンに申込むと郵送物が高い確率で発生します。とくにカードは必ず郵送されてくると思って間違いありません。そもそもカードローンはカードで利用するのが基本なため、こればっかりはしょうがありません。

しかし、「郵送物でカードローンの利用がバレてしまった!」このようなことがあるのは事実です。カードローンに理解がある人は少ないため、なるべくなら内緒で借入れしたいところです。

そこで今回、郵送物なしで借入れするための方法を解説してみました。この記事を読めば郵送物をなしにすることができ、郵送物バレを回避することが可能です。

\すぐに借りるなら/

カードローン会社からの郵送物はどんなものがある&気になる差出人名は?

まずはカードローン会社からの郵送物にはどのようなものがあるのか知っておきましょう。おもに発生する郵送物は以下の3つです。

  • カード
  • 契約書
  • 利用明細

次には差出人名です。どのカードローン会社も郵送物はカードローンと分らないように配慮してくれます。大手のカード会社ですと以下のような差出人名で郵送されてきます。

大手消費者金融系の差出人名一覧

業者名 差出人名
アコム ACサービスセンター
アイフル 担当者名
プロミス 事務センターからの個人名
モビット MCセンター
ノーローン 住所のみで社名などはなし

大手銀行系カードローンの差出人名一覧

カード名 差出人名
新生銀行カードローン・レイク 新生銀行
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行
みずほ銀行カードローン みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック 三菱東京UFJ銀行
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行株式会社

大手のカードローンですと上記のような差出名で郵送されてきます。消費者金融系・銀行系ともにカードローンとは分らないようになっています。

とくに銀行系の場合は銀行名で郵送されるので開封されでもしない限り、カードローンとはまず分りません。

消費者金融系の場合は少々注意が必要です。例えば、モビットですと「MCセンター」という差出名で送られてきます。よほどカードローンに詳しい人以外は、MCセンターがモビットとは思わないでしょう。

しかし、不審に思われてネットで検索されてしまうとすぐに分ってしまいます。

郵送物は自分で受け取れないことも多々あります。家族や恋人の目に触れる危険があります。そのため、カードローンの利用が発覚する可能性は否定できません。

少しでも発覚の可能性を下げるためにはなるべくなら、郵送物をなしにしたいところです。

郵送物ごとの対策を伝授!これで郵送物ゼロにできる

先にもお伝えしましたが、カードローンで発生するおもな郵送物はカード・契約書・利用明細です。それでは郵送物ごとの対策方法を見ていきましょう。

カードと契約書はこう対策してナシにする!

カードと契約書は同時に郵送されてくることが基本です。この2つの郵送を回避するには自動契約機のある会社のカードを利用するのが一番オススメです。

自動契約機ならその場でカードと契約書が発行されますので、100%郵送が防げます。自動契約機のあるカード会社は以下のとおり。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • モビット
  • ノーローン
  • 新生銀行カードローン・レイク
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

自動契約機以外の対策としては、カードレスで利用できるカードを選ぶことです。例えば、

プロミスやモビットですとカードレスで利用できる申込方法があります。

これらの申込方法なら、カードの発行自体がありません。契約書もネットで交付という形ですので郵送はありません。

また、銀行系カードのなかにはキャッシュカードで兼用できるカードがあります。その場合、基本的にカードの発行はありません。契約書が発生する場合は窓口で受け取ればOK。

ネット銀行系なら、ネットで交付という形が一般的ですので郵送はありません。

利用明細はこう対策してナシにする!

利用明細は「WEB明細」が利用できるカードを選ぶことで郵送をなしにできます。WEB明細とはその名のとおり、明細書をネットで管理するサービスです。大手のカード会社であれば、ほとんどがWEB明細に対応しています。

大手消費者金融を選べば郵送物はほぼナシにできる可能性が高い!

大手のカードローン、とくに消費者金融系はすべての業者で自動契約機があります。また、明細書はWEB明細が基本です。そのため、大手消費者金融を選べばカード・契約書・利用明細の郵送を回避することが可能です。

完全に郵送物をゼロにしたい場合は大手消費者金融系を中心に選択するのがオススメです。もちろん、自動契約機があるなら大手銀行系カードローンでも問題ありません。

まとめ

カードローンで発生する郵送物はカード・契約書・利用明細の3つが基本です。カードと契約書は自動契約機のあるカード会社を利用することで郵送が防げます。

利用明細に関しては大手なら、ネットで管理という形が多いのでそこまで心配ありません。そのため、自動契約機のある大手を選べば郵送物なしで借入れできます。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド