カードローンの借り換え前に増額申請をしてさらに得する方法!

カードローンの借り換えというと、今借りているところから、より金利の低いところに乗り換える、というイメージがあると思います。

しかし、実際はそれ以外にも方法はあります。それは、「現在の借入先で融資の限度額を上げてもらう」という方法です。

どのカードローンでも、融資の限度額が多ければ多いほど金利は低くなります。

特に複数の借入先がある場合、そのうちもっとも金利の低いところで増枠してもらい、新たに借りられるようになったお金で他社の負債を完済する、という離れ業も行なうことができるのです。

意外と知られていない、増枠を利用したカードローンの借り換えについて詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

カードローンの金利は、限度額を上げることで安くなる

「この会社の金利は高すぎる!もっと低いところで借り換えて、利息の支払いを減らしたい!」と考えている方は多いと思います。

しかし、新しいカードローンを契約するには、また新たに審査を受けなければいけません。しかも借り換えとなると、既に他社からの借入がある状況での申し込みになるため、審査が厳しくなる可能性もあります。

ですから、まずは他社への乗り換えを検討する前に、「今、利用している借入先の金利を安くできないか?」ということを考えてみましょう。

カードローンの金利は、融資の限度額(契約極度額)が高ければ高いだけ、低く設定されています。これは、消費者金融でも銀行でも同じです。

消費者金融「アコム」の金利

融資限度額 金利(年率)
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

「M銀行カードローン」の金利

融資限度額 金利(年率)
700万円~800万円 4.0%~4.5%
600万円~700万円 4.5%~5.0%
500万円~600万円 5.0%~6.0%
400万円~500万円 6.0%~7.0%
300万円~400万円 7.0%~8.0%
200万円~300万円 8.0%~10.0%
100万円~200万円 10.0%~12.0%
100万円以下 12.0%~14.5%

このように、カードローンでは融資の上限額に応じて金利が変わりますので、借り換えを検討する際は、まず今借りているところに増枠申請をするのがおすすめです。

ちなみに、融資限度額とはあくまで「最高この金額まで貸し出せますよ」というもので、そのうち実際にいくら借り入れるかはユーザーの自由です。

つまり、同じ100万円借りるのでも、融資限度額が100万円ギリギリの場合と、200万円まである場合とでは、適用される金利が異なります。

増枠申請に通るためには?

とはいえ、誰でも申請すれば上限額を上げてもらえるわけではありません。

融資する側にとっては、貸し出すお金が多ければ多いほど、回収できなかった時のダメージは大きくなりますから、信頼できる顧客にしか増枠したがらないのが普通です。

一般的には、少なくとも半年以上、その会社や銀行のカードローンを延滞することなく利用しているユーザーであれば、増枠してもらえる可能性はあります。該当する方は、ぜひ一度連絡をして相談してみましょう。

また増枠してもらうためには、所定の審査が必要です。

消費者金融の場合は50万円以上、銀行の場合は200~300万円以上の枠を希望する際、収入証明書類の提出が必要になることが多いため、収入によっては審査にパスできない可能性もあります。

数社からの借入を一本にまとめる「増枠テク」とは?

いくつかの会社や銀行から借り入れている場合も、増枠を利用して、金利を低くできる可能性があります。

たとえば、以下のような借入をしている人がいたとしましょう。

借り換え前

借入先 融資限度額 借入額 金利 3年間で返済した場合の利息
A銀行 50万円 50万円 15% 25,000円
B社 30万円 30万円 18% 18,000円

そこで、まずは金利の低いA銀行に増枠申請を行ない、100万円まで限度額を上げてもらえたとします。

すると、A銀行から新たに50万円を借り入れることができますので、そのうち30万円を借りて、B社の負債を一気に完済することができるのです。

借り換え後

借入先 融資限度額 借入額 金利 3年間で返済した場合の利息
A銀行 100万円 80万円 12% 32,000円
B社 30万円 0円 18% 0円

こうすることで、金利の高かったB社の負債がなくなる上、増枠したことで、A銀行の金利が低くなる可能性も出てきます。

つまり、同じ80万円の借入でも、別々に借りていた場合と比べると、支払う利息が少なくなるわけです。

このように、新たな借入先を探さなくても、増枠ができれば現在利用しているカードローンだけでうまく整理できる場合もあります。

ちなみに、数社から借り入れている場合、その中でもっとも金利の低いところにまとめるのが鉄則ですが、その時注目すべきは「増枠後の金利」です。

たとえば、現在の限度額ではA社よりもB社の金利のほうが低くても、増枠した後の金利は、A社のほうが低くなることもあります。希望する増枠額の金利で見比べるようにしましょう。

ただし、よほど年収の高い人でない限り、増枠にも限度があります。

もし多額の負債がある場合、現在契約しているカードローンだけでは整理しきれない可能性もありますので、その場合は借り換えやおまとめ専用のローンに、新たに乗り換えたほうがいいかもしれません。

いずれにせよ、これまで半年以上、延滞せずに利用してきたカードローンがあるなら、まずは限度額を上げてもらえないか相談してみましょう。

そして上げてもらえたら、増えた枠を使って金利の高い他社の負債を一括返済する、というテクを利用してみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド