まとめて得するカードローンの借り換えとは?

「複数の借入れがあり返済が大変」、「金利の高い会社で借入れしてしまい、残高が一向に減らない」。そんなときに便利なのが借り換えになります。借り換えを活用すれば、こうした状況を改善できる可能性があるのです。

しかし、借り換えで損してしまうケースもあるので注意が必要です、そこで今回は借り換えとはどういうものかや、上手に借り換えするための知識をお伝えしていきます。

\すぐに借りるなら/

そもそも借り替えとはどのようなものか?

借り換えとは、今ある借金を他社で借入れして完済してしまうことを意味します。例えば、現在金利18%で40万円借金しているとしましょう。

この40万円を金利15%の会社で借入れして完済してしまうのです。金利が下がったわけですから、通常であれば利息も減ります。こうした目的での借入れを借り換えと呼ぶのです。

また、似たケースに「おまとめ」があります。おまとめの場合、複数の会社の借金をより条件のよいところで1つにします。どちらかというと、月々の返済額を減らす目的で使用する方が多くなっています。

一般的には借り換えが1つの借金を、おまとめが複数の借金を他社で完済すると覚えておけばいいでしょう。ただ、借り換え・おまとめともに具体的な線引きがあるわけではありません。複数の借金を1つにすることを借り換えと呼ぶこともあります。そこで今回は借り換えで統一していきます。

借り換えの具体的なステップ

今ある借金を借り換えするステップは以下のようになります。

  1. カードローン会社から現在の借金と同額の融資を受ける
  2. そのお金で現在の借金を自分で完済する
  3. 借りたお金を返済していく

どのような借金でも借り換えすることが可能か?

借金といってもいろいろな種類があります。カードローン以外にも、車のローンや住宅ローン、プライダルローンと様々です。クレジットカードの分割払いやリボ払いも借金のひとつになります。

「借金の種類によっては借り換えできないかも?」と思う方もいることでしょう。しかし、安心してください。借り換えの場合であれば、基本的にどのような借金にでも使うことができます。カードローンは基本的に使い道自由です。借入れしたお金はあなたの自由に使用してかまわないわけです。

借り換えとはいっても、通常の借入れと変わりありません。借りたお金はどの借金の返済に当ててもかまいません。そのため、実質的にどんな借金であっても借り換えすることが可能です。

おまとめローンとの違いについても知っておこう!

金融会社のなかには、借り換え専用の「おまとめローン」を扱っているところがあります。このおまとめローンは、先ほどまで説明していた借り換えとは若干違います。おまとめローンの場合、通常の借入れはできず、あくまで借り替え専用のローンとなります。

また、借り換えできるのはカードローンの借金のみになる点にも注意しておかなくてはいけません。通常のカードローンで借金を1つにするときのように、どんな借金にでも利用できるわけではないのです。借金完済の手続きもあなたではなく、カードローン会社がおこなうことになります。

借り換えで得するケース&損するケース

借り換えをおこなえば、月々の返済額を減らしたり、利息合計も少なくすることが可能です。しかし、得するケースばかりではありません。場合によっては損してしまうケースもあるのです。

そこでどのようなケースが得するのか損するのかを解説していきます。今回は3社から合計120万円を借り換えするとして想定しています。

3社の借入れ詳細

  A社 B社 C社 合計
借入れ額 60万円 40万円 20万円 120万円
金利 14.5% 15% 18%
返済期間 70ヶ月 40ヶ月 24ヶ月
月々の返済額 12,750円 10,807円 9,984円 33,541円
利息 29万2,472円 14万322円 39,627円 47万2,421円
返済総額 89万2,472円 54万322円 23万9,627円 167万2,421円

借り換えをおこなわなかった場合、返済期間は70ヶ月、金利の平均値は15.8%、月々の返済額は33,541円、利息合計は47万2,421円、総返済額は167万2,421円になります。

ではこの金額が借り換えするとどうなるか、5つのパターンと比較してみましょう。

  借り替え前 パターン1 パターン2 パターン3 パターン4 パターン5
金利 15.8% 12% 10% 17% 15% 13%
返済期間 70ヶ月 55ヶ月 70ヶ月 70ヶ月 75ヶ月 80ヶ月
月々の返済額 33,541円 28,471円 22,695円 27,136円 24,747円 22,503円
利息合計 47万2,421円 36万5,913円 38万8,659円 69万9,569円 65万6,077円 60万251円
返済総額 167万2,421円 156万5,913円 158万8,659円 189万9,569円 185万6,077円 180万251円

借り換えで得するケース

今回の場合、借り換えで得するケースは以下になります。

  • パターン1(金利が低くなり返済期間も短くなった)
  • パターン2(金利が低くなった)

パターン1の場合、金利が低くなり返済期間も短くなったため、利息を9万円以上も大きく減らすことに成功しています。月々の返済額もおよそ5,000円減っていますので借り換えが成功しています。

パターン2の場合、金利が15.8%から10%に大きく減少しましたので、おなじ返済期間でもお得に借り替えできています。

このケースから分るように借り換えで得をするには、できるだけ金利を低くし、返済期間を少なくすることが理想になります。

借り換えで損するケース

今回の場合、借り換えで損してしまうケースは以下のとおり。

  • パターン3(金利が高くなった)
  • パターン4(金利がほとんど変わらず返済期間が延びた)
  • パターン5(金利は低くなったが返済期間が延びた)

パターン3の場合、返済期間が変わらないのに金利が高くなってしまったことで、利息が増えてしまっています。

パターン4は金利が減りましたが、たったの0.8%。しかも返済期間が延びてしまったため、支払う利息が大きくなってしまいました。

パターン5は金利こそ低くなっていますが返済期間が10ヶ月も延びています。それが原因で利息が増えてしまっています。

借り換えをすると月々の返済額は減らせます。しかし、金利が高くなったり、返済期間が伸びると最終的な利息額が増えてしまうことがあります。とくに返済期間には注意しておきましょう。

まとめ

借り換えはとても便利ですが得するケースばかりではありません。損するケースもありますので気をつけておかなくてはいけません。とくに月々の返済額ばかりに目を奪われていると利息が膨らみ「いつまでも支払いが終わらない・・・・・・」なんてことにもなります。

上手に借り換えするためには「金利を低くする」、「返済期間を短くする」の2点が重要です。借り換え先を選ぶときはこの2点をしっかり注目しておきましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド