カードローンの金利・年利、利息・利子、実質年率の違い

金利・年利、利息・利子、実質年率。これらの意味を理解していますか?カードローンのHPを見ると必ず見かけますが、それぞれの意味が分らないという人も多いようです。

お金を借りるのですから、意味を理解せずに利用するのは良くありません。

理解していなかったことが原因で思わぬ勘違いから、「こんなはずじゃなかった・・・・・・」と後悔してしまうこともあるのです。

そうした失敗を防ぐために金利・年利、利息・利子、実質年率の意味や違いを分りやすく解説していきます。

\すぐに借りるなら/

これでスッキリ解決!金利・年利、利息・利子、実質年率の意味や違い

まずは金利・年利について理解しよう!

金利とは利息がいくらになるかを計算するのに使う数値のことです。金利18%と表示されていれば、借入れ額の18%が利息になるという意味になります。

これに対して年利とは金利が1年間に何%になるかを表しています。カードローンの場合、金利=年利と思って間違いありません。そのため、金利18%なら、借入れ額に対して年間18%の利息が発生することになります。

例えば、金利18%で20万円借入れしているなら、「20万円×0.18=36,000円」で年間の利息は36,000円です。

このように金利は利息がいくらになるかを計算するための値となり、年利は金利が1年間に何%かかるかを表しているのです。

ちなみに日本では、利息制限法で年間の上限金利が以下のように決まっています。

借入れ額 利息制限法の上限金利
10万円未満 年20%
10万円以上~100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

この金利の範囲であれば自由に設定してもよいことになっています。カード会社も商売でやっているため、できるだけ上限金利ギリギリで設定しようとする傾向があります。

そのため、この上限金利は借入れするとき、どれくらいの金利に設定されるかの目安として使えます。

意外と多くの人が知らない利息と利子の関係について

まず利息から解説します。利息とは、かんたんに言えばカードローン会社に支払うレンタル料のことです。

カードローン会社も当然、無料でお金を貸してくれるわけではありません。貸し出したお金に対してレンタル料を請求することになります。このレンタル料が利息になります。

次に利子ですが、利子は利息とおなじ意味を持ちます。どちらも金利から発生するお金のことを意味します。この2つには明確な違いは存在しないのです。

ただし、貸し手と借り手側によって呼び分けられることが多くなっています。

貸し手側は利子と呼び、借り手側は利息と呼ぶのが一般的です。意味自体はおなじなのですが、立場によって呼び方が異なるというふうに認識しておけば問題ありません。

カードローンの利息はどのように計算されているのか?

カードローンの場合、利息は「日割り計算」によって算出されます。日割り計算とは、残高に対して毎日利息がつく計算方法のことです。計算式は「借入れ残高×金利÷365×借入れ日数=利息」となります。

例えば、30万円を金利18%で1年間(365日)借入れした場合、「30万円×0.18÷365×365=18,000」で利息は18,000円と計算されます。どのカードローン会社もこの計算方法によって利息を計算しています。

ただし、各社によって返済方式が違い、利息に差がでることもあります。正確な利息を知るためにも、各社にあるシミュレーション機能を使用するようにしてください。

利息は残高から引かれない!?借金がなかなか減らない理由

利息は残高から引かれないということも覚えておかなくてはいけません。利息はレンタル料ですから、いくら支払っても残高は減りません。

カードローンの返済額は(元金+利息)となっています。例えば、返済額が1万2,000円なら(元金7.000円+利息5,000円)という内訳になっているのです。このうち残高から引かれるのは元金の7,000円のみになります。

残高が30万円なら元金の7,000円のみが引かれ、29万3,000円が残高になります。

このため、元金と利息の割合がどれくらいなのか確認しておかないと、「なかなか残高が減らない・・・・・・」ということもあり得ます。この点は見逃しがちですので注意しましょう。

実質年率とは。年利となにが違う?

先ほど、年利は年間何%の金利がかかるのかを表すとお伝えしました。では、実質年率とはどのような意味があるのでしょうか?実質年率とは、カード会社へ支払う経費を含めて計算した実質的な金利のことです。

あなたがカード会社に申込むと審査が開始されます。その過程では調査費用や書類の作成費用などが発生します。これらの費用はあなたが負担することになります。そうした諸費用を金利に含めたものが実質年率なのです。

そのため、実質年率以上の費用はかからないという意味にもなります(ATM手数料や振込み手数料は除く)。

カードローン会社が表示しているのは実質年率ですので、借り手側のあなたにとっては実質年率も年利も違いはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?金利・年利、利息・利子、実質年率の意味や違いを理解してもらえたかと思います。

こうした細かな点を知っておくだけでも、カードローンを賢く利用できますので是非、しっかり理解しておくようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド