カードローンの金利は他の借金と比べて高いのか安いのか?

「カードローンは金利が高い」こうしたイメージがある方も多いのでないでしょうか?実際のところどうなのか、その答えを出すにはまず他の借金との金利を比較してみるのが一番です。

そこでそれぞれの最大金利の相場と比較してみました。

\すぐに借りるなら/

カードローンの金利は高いか?低いか?他の借金と比較

借金の方法 最大金利の相場
消費者金融系カードローン 18%付近
銀行系カードローン 15%付近
個人間での借金 無利息?
住宅ローン 1%付近
カーローン 1%~5%
奨学金 最大3%
クレジットカードのキャッシング枠 18%付近
フリーローン 10%~15%

カードローンは金利が高く利用するメリットなし!?

「カードローンの金利高すぎ!」比較表を見てこう感じた方も多いでしょう。たしかにカードローンの金利は決して低いとは言えません。とくに消費者金融系はどの業者でも18%付近であり、高いと言わざるを得ません。

金利が低いとされる銀行系カードローンであっても、相場は15%付近です。1%付近である住宅ローンや1%~5%のカーローン、基本的に利息が発生しない個人間での借金などと比べると高いと感じるのは仕方ありません。しかし、これらとは一概に比較することはできないのです。

住宅ローンやカーローン、奨学金と比較するのはフェアじゃない!

住宅ローンやカーローン、奨学金は借入れする金額がカードローンより大きくなりがちです。住宅ローンの場合、数千万になるケースも多いですし、カーローンや奨学金も数百万になることがほとんどです。

金利というのは借入れ額(限度額)が大きいほど低くなっていきます。カードローンは1万円~借入れができますので、住宅ローンやカーローン、奨学金よりも最大金利が高いのは当たりまえになります。

カードローンでも、仮に住宅ローンやカーローン並みの金額を借入れすれば、金利はそう大差がつかないはずです。

例えば三菱UFJ銀行のバンクイック(金利1.8%~14.6%)では限度額が上がると金利は以下のように変化していきます。

限度額 金利(年率)
10万円以上100万円以下 12.6%~14.6%
100万円超200万円以下 9.6%~12.6%
200万円超300万円以下 7.1%~9.6%
300万円超400万円以下 6.1%~7.1%
400万円超500万円以下 1.8%~6.1%

400万円超500万円以下の借入れであれば金利は1.8%~6.1%ですので、1.8%で借入れすることも可能なわけです。

1.8%の金利であれば住宅ローンやカーローン、奨学金の金利と大差はありません。こうした理由から、カードローンの金利は住宅ローンやカーローン、奨学金とは比較できないのです。

個人間での借金はトラブルのもと!オススメはできない

個人間での借金であれば利息はかからないことが多いです。そのため、カードローンよりもずっと返済も楽になります。しかし、怖いのが人間関係が壊れてしまう可能性がある点です。

きっちり返済していけるのであれば問題はありませんが、なにかの理由でそれができなくなることも十分考えられます。そうなってしまいますとトラブルになる可能性があります。

お金が原因で人間関係が崩壊してしまった人は多くいますので、個人間で借金するのはあまりオススメできません。友人や恋人、家族などからお金を借りるときは慎重にするようにしてください。

フリーローンの金利と比較するとどうか?

フリーローンの最大金利は、大手銀行やネット銀行ですと10%~15%の間が多くなっています。地方銀行のなかには10%以下も珍しくありません。全体的に見るとカードローンよりも金利が低い印象を受けます。

ただし、地方銀行は審査~融資まで時間がかかることが多く、1週間~3週間、なかには1ヶ月以上という銀行もあります。また、大手のカードローン会社と比べると、年収や勤務年数の条件があったり審査も厳しいです。

また、フリーローンはカードローンと異なり、1度きりの融資しか受けられません。カードローンのように何度でも、借入れできるわけではありませんので注意しておきましょう。

クレカジットカードのキャッシング枠の金利と比較すると?

クレジットカードのキャッシング枠の金利相場は18%付近です。消費者金融系と変わりなく、銀行系よりは高いという感じになります。クレカのキャッシング枠の場合、カードさえ持っていれば審査はほぼないようなものです。申込めばすぐに開始できるというメリットがあります。

ただし、限度額はカードローンよりも低めになることがほとんどです。およそ30万円程度までになることが多くなっています。限度額はショッピング枠と共通になる点も注意しておかなくてはいけません。

例えば、ショッピング枠の限度額100万円のとき、キャッシング枠の限度額が30万円だとします。キャッシング枠を限度額一杯の30万円利用すると、当然、キャッシング枠はもう利用できません。

さらにこれはショッピング枠を30万円利用したのとおなじになります。そのため、ショッピング枠も70万円までしか利用できなくなります。

このようにクレジットカードのキャッシング枠は、限度額がショッピング枠と共通になります。気をつけて利用しないと、「ショッピング枠の残高が足りない!」という自体にもなりかねませんので注意しておきましょう。

まとめ

カードローンの金利は一見すると高く見えがちです。しかし、他のローンとは一概に比較はできません。利用目的や借入れする金額が違ってくるからです。

カードローンはおもに1万円~10万円程度の借入れに向いています。1万円~10万円程度の借入れであればカードローンの金利は妥当だと言えます。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド