個人事業主はカードローンとクレジットカードどちらが良い?

会社や組織に属さない個人事業主は、一般的にカードローンやクレジットカードの審査に通りにくいといわれています。

カードローンやクレジットカードでは、「継続的に安定した収入があるかどうか」を重視するため、給与所得者ではない個人事業主は、信用度という点で少し不安視されてしまうからです。

それでも個人事業主が申し込むなら、カードローンとクレジットカードではどちらのほうが審査に通りやすいのでしょうか?また、長い目で見るならどちらのほうが使い勝手がいいのでしょうか。

カードローンやクレジットカードの申し込みを考えている個人事業主の方のために、分かりやすく解説していきます。

\すぐに借りるなら/

なぜ個人事業主は、カードローンやクレジットカードの審査に通りにくい?

ネット社会の今、個人事業主の数は年々増加しているといわれます。たとえば、SEやwebデザイナー、アフィリエイターなど、会社に属さずともインターネットを使っていくらでも仕事ができる時代だからです。

一方、カードローンやクレジットカードの審査では、どうしても会社員や公務員などに比べると、個人事業主のスコアは低くなってしまいます。

カード会社や銀行は、「毎月確実に返済してくれるかどうか」をもっとも重視するため、時期によって収入に浮き沈みが出やすい個人事業主や自営業者は、ややハイリスクとみなされるのです。

もう一つ、銀行やカード会社が個人事業主への融資をためらう理由の一つとして、「借りたお金を事業に使われるのではないか」という心配があります。

通常のカードローンや、クレジットカードのキャッシングサービスは、原則として「事業資金以外の用途」に限定されています。

しかし、住宅ローンやマイカーローンと異なり、フリーローンやキャッシングでは実際にユーザーが何にお金を使っているかを確認する術はありません。

実際、個人事業主や自営業者が、事業の資金繰りのためにお金を借り、結果的に返済不能となってしまうケースもあるため、そういう点でも個人事業主の審査は厳しいと考えられるのです。

ちなみに、事業資金として使いたい場合は、「ビジネスローン」という商品が別にありますので、最初からそちらを選ぶことをおすすめします。

個人事業主がカードローンやクレジットカードに申し込むためのポイント

とはいえ、実際は「個人事業主でもOK」のカードローンやクレジットカードもたくさんあります。

そもそも、カードローンでもクレジットカードでも、申し込み条件として「個人事業主不可」と明記しているところはほとんどありません。

たとえば、「20歳以上で、本人に安定した収入がある方」のような書き方をする銀行や会社が多く、職種や年収に関して詳しく公表しているところは少ないのが現状です。

個人事業主が審査に通る可能性を上げるためには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

カードローンなら、収入証明書はほぼ必須!

カードローンの場合、一般的に銀行よりも消費者金融のほうが、間口は広めです。パートやアルバイトの方はもちろん、個人事業主でも一定の収入があれば、審査に通れる可能性は十分にあります。

ただし銀行の中でも、確定申告書などの収入を証明できる書類を提出すれば、審査にパスできる可能性はあります。

多くの銀行カードローンでは、200~300万円ぐらいの融資であれば、収入証明書を不要とするところが多いのですが、個人事業主の場合はやはり収入がもっとも心配されるところですので、低い額の融資でも提出を求められる場合があります。

そこは仕方がないと考えて、最初から用意しておくようにしましょう。

クレジットカードは、キャッシング枠なしで申し込む!

個人事業主に限らず、審査に少し自信のない方がクレジットカードの審査に通りやすくするためには、まず「キャッシング枠を希望しない」ことが基本です。

上述した通り、カード会社が一番不安がるのは、お金を事業資金に使われることですから、そもそもキャッシング枠をつけなければ、その点は解消されます。

ちなみにキャッシング枠を希望しない場合は、収入証明書の提出もあまり求められません。たとえばJCBカードでは、個人事業主の必要書類を以下のように定めています。

キャッシング枠を希望する場合
  • 弊社からお届けする書面(契約書)
  • 事業内容確認書
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
キャッシング枠を希望しない場合
  • 弊社からお届けする書面(契約書)
  • 本人確認書類

JCBカード「必要書類について」参照

このように、キャッシング枠をつけるかつけないかによって、必要となる書類がまったく異なります。

キャッシング枠をつけるだけで、収入証明書に加えて、事業内容を確認できる書類まで必要になりますので、クレジットカードをショッピングだけに使うのなら、ぜひキャッシング枠なしで申し込むようにしましょう。

また、三井住友VISAカードには「三井住友カードマーチャントメンバーズクラブ」という、個人事業主専用のクレジットカードもあります。

こちらは、利用枠が最大200万円、またキャッシング枠も最大50万円まで用意されています。金利も15.0%とまあまあ低めですので、キャッシング枠をつけたい個人事業主の方にはうれしい一枚です。

個人事業主が現金の融資を希望するなら、カードローンがおすすめ!

上記をまとめますと、以下のようなことがいえます。

  • 収入証明書を提出できるなら、カードローンの審査に通る可能性は十分にある
  • クレジットカードは、キャッシング枠をつけなければ審査に通る可能性が上がる
  • キャッシング枠付きのクレジットカードを作るなら、個人事業主専用カードを選ぶ

ショッピングではなく、主に現金の融資を希望する場合は、やはりカードローンのほうがおすすめです。

一般的に、カードローンのほうが融資の限度額は多めですし、クレジットカードのキャッシングよりも金利は低めですから、使い勝手はいいといえます。

ちなみにクレジットカードのキャッシングも、「貸金業法」という法律が適用されますので、消費者金融と同様、総量規制の対象となります。年収の3分の1を超える貸付は受けられないため、気を付けましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド