三井住友銀行のビジネスセレクトローンの詳細まとめ

※ 画像は公式サイトキャプチャを引用

金利(年率) 最高限度額 審査時間
2.125%~ 1億円
来店の有無 保証人 即日融資
あり 第三者保証は不要 不可

ポイント

  • 三井住友銀行の中小企業向けローン
  • 業歴2年以上の法人が対象
  • 最大1億円までの高額融資
  • 年2.125%~の低金利
  • 無担保&第三者保証不要

三井住友銀行の「ビジネスセレクトローン」は、中小企業を支援するための商品です。無担保で最高1億円もの大型融資に対応する、メガバンクならではのローンとなっています。

\すぐに借りるなら/

ビジネスセレクトローンの申し込み条件と必要書類

ビジネスセレクトローンには、以下の条件を満たす法人が申し込めます。個人事業主の申し込みはできません。

  • 業歴2年以上であること
  • 三井住友銀行の取引窓口(エリア・法人営業部・支店)で取引可能な地域に所在すること
  • 最新決算期において、債務超過(貸借対照表の「純資産」の部分がマイナス)でないこと
  • 申し込みの時点において、税金の未納がないこと

このように、ビジネスセレクトローンでは業歴2年以上の法人が対象となっているため、開業資金として利用することはできません。

また、申し込みにあたって必要なものは、以下の通りです。

  • 最新の税務申告書(原本3期分)
  • 最新決算期の納税証明書(法人税・消費税、その1・その3-3)
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書。発行後3ヵ月以内のもの)
  • 事務手数料(消費税込)
    • 三井住友銀行から初めて借り入れる場合:75,600円
      (ただし、借入金額が3,000万円以上の場合:97,200円)
    • 上記以外:32,400円
      (ただし、借入金額が3,000万円以上の場合:54,000円)

担保と第三者保証は不要!

ビジネスセレクトローンでは、原則として担保を差し入れる必要はありません。

また、第三者の保証も不要です。ただし、会社の代表取締役全員の連帯保証が必要となります。

ちなみに、担保を差し入れた場合は、最大3億円までの借り入れが可能になると公式サイト上に明記されています。担保の価値にもよりますが、さらに高額な資金を必要とする場合は、検討してみるのも一つの方法です。

ビジネスセレクトローンの金利

ビジネスセレクトローンの金利は、「年2.125%~」となっており、審査の結果に応じて銀行側が決定します。ただし、これは「変動金利」の場合です。

ほかにも「固定金利」や、「各種金利優遇制度」もあることが、公式サイト上に記載されています。金利優遇としては、たとえば環境に配慮した活動をしている法人を対象とした「SMBC-ECOローン」があります。

SMBC-ECOローンとは

ISO14001、エコアクション21など、三井住友銀行所定の規格に基づいた「環境認証」を取得済みの企業、もしくは東京都の「地球温暖化対策報告書制度」に基づいた報告書を提出済みの企業などが対象です。

それ以外の条件(業歴2年以上・最新決算期において債務超過がないなど)は変わりません。

上記にあてはまる法人の場合、金利が年1.875%~(変動金利の場合)となり、通常のビジネスセレクトローンに比べて、最大0.25%金利が引き下げられます。

その他、既に三井住友銀行と何らかの取引のある企業の場合は、取引状況によって金利優遇を受けられることもあります。

最長7年!ゆとりの返済期間

ビジネスセレクトローンの借入期間は、最長7年となっているため、ゆとりをもって利用することが可能です。

返済方式は「元金均等返済」のみとなっており、毎月一定額の元金に加え、残高に応じた利息分を合わせて返済します。

ただし、「据え置き期間の設定も可能」であるため、事業が軌道に乗るまでの間は利息分だけを返済し、あとから元金を返済する、ということもできます。

ビジネスセレクトローンは、こんな人におすすめ!

三井住友銀行のビジネスセレクトローンは、以下のような企業に向いています。

  • 業歴2年以上で、業績が著しく悪化していない企業
  • ある程度まとまった金額を、低金利で借りたい企業
  • 据え置き期間を設定できるビジネスローンを希望する企業

ビジネスセレクトローンは、最大1億円(有担保の場合は3億円)までのワイド融資に対応していることと、銀行ならではの低金利であること、据え置き期間を設定できること、の3点が大きなメリットといえます。

メガバンクのローンは、特に初めて取引する企業の場合、審査がやや厳しい傾向がみられますが、条件を満たす場合は一度相談してみることをおすすめします。

ビジネスセレクトローンのデメリットとは?

一方、ビジネスセレクトローンのデメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • 事務手数料が高い
  • オンラインでの申し込みができない(来店必須)
  • 個人事業主は利用できない

ビジネスセレクトローンには、オンラインからの申し込みページがなく、初めて取引する場合はまずフリーダイヤルに電話して相談することから始める必要があります(これまでに取引のある場合は、担当の支店に問い合わせます)。

いずれにしても、手続きには来店が必須です。

また、意外と大きいのが事務手数料です。特に、三井住友銀行から初めて借り入れる企業は、最低でも75,600円の手数料がかかってしまいます。

それでも、「これを機に三井住友銀行とお付き合いを始めよう」という企業には魅力もあるローンですので、検討してみる価値はありそうです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド