カードローンを一度でも利用すると自分の名前は業者間で出回る?

カードローンに抵抗のある方の中には、「一度でも利用すると、顧客名簿か何かに入れられて、業者間で売買されるのでは…」と思っている方もいるかもしれません。

結論からいえば、それは誤りです。まっとうな業者であれば、顧客の個人情報はしっかりと守りますので、正当な理由なしに社外に流出するようなことはありません。

特にお金に関する業種ですから、プライバシーには慎重に配慮する会社がほとんどです。

ただし、違法なヤミ金業者になると話は違ってきますので、くれぐれも気を付けるようにしましょう。

\すぐに借りるなら/

今は、どの会社も「個人情報保護法」を守っている!

「一度でも借金をすると、自分の情報が業者間で出回ってしまう!」と危惧する人もいるかもしれませんが、少なくとも現在の日本では、そのようなことはありません。

昔は、まだ業界全体が今ほどクリーンではなかったことと、個人情報の取り扱いが厳しくなかったこともあり、情報が流出するケースもあったと思われますが、今は「個人情報保護法」という法律もありますので、どのような業種であれ顧客の個人情報を正当な理由なく外部に漏らすようなことは禁止されています。

時々、ある会社の顧客リストが流出してしまったというニュースが流れることがありますが、企業にとっては信頼を失う大変な出来事です。

それは銀行でも貸金業者でも同じですので、まっとうなカードローンを利用する限り、個人情報が漏れるようなことはまずないと言っていいでしょう。

業者が個人情報を提供するのは、「信用情報機関」だけ!

どの業者も、個人情報の取り扱いには細心の注意を払っていますが、カードローンの場合、「信用情報機関」には顧客の情報を提供しています。

カードローンを取り扱う銀行や会社の公式サイト上には、個人情報の取り扱いに関する規定が明記されていますので、それを見ると詳しくわかります。

ここでは例として、消費者金融のプロミスのサイト上にある「個人情報の取り扱いについて」の文言を一部引用しましょう。

当社は、お客様の個人情報について、当社の個人情報保護方針に従い、以下のとおり取り扱います。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 統括情報管理責任者

第1章 個人情報の信用情報機関への提供、登録、使用について

第1条(個人情報の使用)

当社は、当社が加盟する信用情報機関(以下、「加盟先機関」)および加盟先機関と提携する信用情報機関(以下、「提携先機関」)にお客様およびその配偶者の個人情報が登録されている場合には、当該個人情報の提供を受け、返済または支払能力を調査する目的のみに使用いたします。

第2条(申込情報の加盟先機関への提供)

当社は、お客様に係る申込に基づく個人情報(本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号および運転免許証等の記号番号等)、ならびに申込日および申込商品種別等の情報。以下、「申込情報」)を加盟先機関に提供いたします。

第3条(申込情報の登録)

加盟先機関は、当該申込情報を以下の期間登録いたします。

加盟先機関 株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー
登録期間 照会日から6ヵ月以内 照会した日から6ヵ月間

第4条(申込情報の他会員への提供)

加盟先機関は、当該申込情報を加盟会員に提供いたします。加盟先機関の加盟会員は、当該申込情報を返済または支払能力を調査する目的のみに使用いたします。

プロミス「個人情報の取り扱いについて」より一部引用

上記に何が書かれているのかをまとめますと、主に以下の2点です。

  • 会社が加盟する信用情報機関、およびその関連の信用情報機関に登録されている個人情報は、審査のために使用することがある
  • 会社が得た個人情報も、加盟先の信用情報機関に提供する

各銀行や貸金業者は、それぞれ信用情報機関に加盟しており、カードローンの申し込みがあった時に照会をかけて、申込者の信用情報をチェックします。

この審査は、申し込みを可決するかどうかの重要な材料となりますので、加盟会社と信用情報機関の間では、個人情報(氏名・住所・電話番号・勤務先など)のやりとりが行なわれる、ということです。

一方で、必要のない個人情報の流出は一切禁止されています。

プロミスの公式サイト上にある「個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)」にも、「個人情報保護法」を遵守することや、個人情報を厳重に取り扱うこと、信用情報調査以外の目的では使用しないこと、などが明記されています。

ですから、カードローンを利用したからといって、その情報が好き勝手に漏れる心配はありません。

どこか知らない貸金業者から、いきなり営業の電話がかかってくる、というようなことはありませんので、安心して利用しましょう。

ヤミ金業者は、顧客リストを平気で売買している!

個人情報の取り扱いに慎重である、というのは、あくまで正規のまっとうな銀行や貸金業者の話です。これが、違法なヤミ金業者となると事情はまったく変わってきます。

利息制限法を無視した高金利で貸し付けを行なうヤミ金業者は、そもそも法律を守りませんので、個人情報の取り扱いもずさんです。

実際、一度ヤミ金業者を利用した、もしくはコンタクトをとった人が、その後ほかのヤミ金業者から営業をかけられた、という事例がたくさん報告されています。

ただでさえ取り締まりが厳しくなったヤミ金業界では、一度でも利用したことのある顧客の情報は非常に貴重ですから、高値で売買されます。

また、ヤミ金は信用情報機関に加盟できないため、申込者の返済能力を調べる目的でも、業者間で顧客の情報を共有することがあるのです。

中には、電柱に貼られていたビラを見て一度電話をかけただけで、その後さまざまな業者から営業の電話をかけられた、という人もいます。

ヤミ金もお金を貸す相手を懸命に探していますので、一度でも連絡先を教えると、このようなリスクがあるということを覚えておきましょう。

万が一、既にコンタクトをとってしまって連絡がしつこく続く場合、あきらめさせるためにも、徹底的に無視することが肝心です。

それでも収まらない場合は、法律の専門家に相談するか、あまりに悪質と思われる場合は警察に頼るようにしましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド