おまとめローンと借り換えカードローンの違い

カードローンを探していると、「おまとめローン」や「借り換えローン」という商品を見かけることがあります。

両者は、どちらも「今利用しているカードローンから、ほかのカードローンに変える」という点では同じですが、それぞれ目的が異なります。

簡単にいえば、おまとめローンは複数の借り入れを一本化するためのローン、借り換えローンは一つの借り入れをそのまま他社で乗り換えるためのローンです。

賢く利用すれば、どちらも利息が安くなったり、毎月の返済が楽になったりするメリットがあります。

\すぐに借りるなら/

「おまとめローン」は、2社以上から借り入れている人が対象!

おまとめローンは、その名の通り、数社からの借り入れをまとめるためのローンです。

たとえばA社とB社とC社の3社からお金を借りている場合、D社のおまとめローンを利用できれば、D社から借りたお金でA社・B社・C社の負債を一括返済し、その後はD社で返済していくことになります。

おまとめローンのメリットは、主に以下の3つです。

おまとめローンのメリット

  1. 返済計画が立てやすくなる!

数社のカードローンを利用していると、各社の返済状況がどうなっているのか把握しにくくなります。また、返済も毎月それぞれ行なわなければいけないため、面倒です。

その点、おまとめローンで借金を一本化できれば、残債も分かりやすくなりますし、返済も一ヶ所で済みますので楽になります。

  1. 利息を減らせる可能性がある!

おまとめローンの選び方によっては、数社から借り入れている場合よりも利息が少なくなり、支払いの総額を減らせる可能性があります。

ただし、複数の会社からそれぞれ異なる金額と金利で借りているため、計算は少し複雑になります。各社の返済総額と、一本化した場合の返済総額をしっかりと算出した上で決めることが大切です。

  1. 総量規制の対象にならない

通常、銀行以外の貸金業者が取り扱うカードローンは、総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える貸し付けは受けられません。

しかし、おまとめローンは例外的に総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超える額でも借り入れることができます。

たとえば、大手消費者金融ではアイフルが、「おまとめMAX」というおまとめローンを販売していますが、「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」となっており、総量規制の縛りを受けないことが明記されています。

なぜかというと、貸金業法という法律には、「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」は、例外的に総量規制の対象にならないことが規定されているからです。

おまとめローンは、いわば「数社からの借り入れを一本化することで、計画的に返済していく」ことを目的とした健全な商品ですから、総量規制の影響を受けない例外的な貸し付けとして認められています。

おまとめローンには、上記のようなメリットがありますが、同時に以下のようなデメリットもありますので気を付けましょう。

おまとめローンのデメリット

  1. 審査が厳しい可能性がある

おまとめローンに申し込む人は、数社から借り入れている人ですから、通常のカードローンよりも審査は厳しくなることが一般的です。

支払いの意思や能力がしっかりとあるとみなされなければ、利用することができません。

  1. 金利が低くならない、むしろ高くなる可能性もある

おまとめローンを利用すると、返済の管理は確かに楽になりますが、トータルで見ると金利は低くならず、返済総額はたいして変わらない、というケースも少なくありません。

特に、毎月の返済額をこれまでよりも少なくしすぎてしまうと、返済期間が延びて、その分利息の支払いが多くなってしまうこともあるのです。

たとえば、消費者金融からの借り入れを銀行で一本化した場合、一見すると金利は確実に安くなりますが、だからといって毎月の返済額を抑えすぎると、結果的に利息を多く支払うことになる可能性がありますので注意しましょう。

  1. 追加の借り入れはできない

おまとめローンは、計画的な返済を目的としたものですから、完済するまでは新たな借り入れはできないものがほとんどです。

つまり、ただひたすら返済していくのみですので、収入はしっかりと確保する必要があります。

A社→B社に乗り換えるための「借り換えローン」

借り換えローンは、おまとめローンと異なり、一社での借り入れをそのまま他社で乗り換えるための商品です。

つまり、A社で借り入れている人が、B社で新たにお金を借りて、そのお金でA社の残債を一括返済し、あとはB社で返済していくことになります。

おまとめローンと違い、借り換えローンを利用する目的はただ一つ、「金利を低くすること」のみです。そうしないと、わざわざ他社で借り換える意味がありません。

借り換えローンの場合、一社の借り入れしかありませんから、計算方法は簡単です。現在借り入れているところと、借り換えしたいところの金利を単純に比較するだけで済みます。

金利でいえば、やはり銀行カードローンのほうが消費者金融よりも低いため、借り換えるなら「消費者金融から銀行」というパターンがもっとも一般的です。

この場合、「年18.0%→14.0%」というように、大きく金利を減らせることもあります。

ただし、こちらもおまとめローンと同じく、返済期間を長くしすぎると、せっかく金利が低くなっても利息が多くかかってしまう点に注意が必要です。

毎月の返済額は、できるだけ借り換え前と大きく変えないようにしましょう。

また借り換えの場合、おまとめと違って「借り換えローン」という商品名がついていなくても利用できるものがあります。

特に銀行カードローンでは、資金の使い道を限定しない「フリーローン」で、他社からの借り換えを可とするものが少なくありません。

その場合、限度額の範囲内であれば追加の借り入れも可能です。しかし、借りすぎるとせっかく借り換えたのに、返済がなかなか終わらないということにもなりかねませんから、気を付けるようにしましょう。

おまとめローンと借り換えローンの比較まとめ

上記をまとめますと、おまとめローンと借り換えローンは以下のような違いがあります。

  おまとめローン 借り換えローン
目的 2社以上からの借り入れを一本化すること 1社からの借り入れを、より金利の低いところで借り換えること
総量規制 原則なし 借り換え先による
追加の借入 原則不可 借り換え先による
メリット
  • 返済管理が楽になる
  • 金利が低くなる可能性がある
  • 金利が低くなる
デメリット
  • 審査が厳しい
  • 返済総額が変わらない、もしくは増えることもある
  • 毎月の返済額を抑えたり、新たな借り入れをしたりすると、返済が進まなくなる可能性がある

いずれの場合も、せっかく他社に乗り換えるなら、スムーズに返済が終わるよう、計画的に利用することが大切です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド