プロミスのカードローンを無利息で利用する方法と条件

プロミスには、初めて契約した人限定の「30日間無利息サービス」があります。

つまり、30日間は利息がまったくかからずにお金を借りられますので、もしも30日以内に全額返済できる場合、借りた金額のみの返済で済むことになります。

アコムやアイフルでも同じサービスを実施していますが、プロミスでは「初回出金日の翌日から30日間」となっているため、契約した後しばらく経ってから借り入れした場合でも無利息が適用される点が大きなメリットです。

プロミスのカードローンを無利息で利用するための条件や方法、またなるべく長く無利息でお金を借り続けるための裏ワザもご紹介していきます!

\すぐに借りるなら/

プロミスの無利息サービスの対象となる人(条件)

プロミスの無利息サービスが適用されるのは、以下の条件をすべて満たした人です。

  • プロミスを初めて利用する人
  • Eメールアドレスを登録の上、「Web明細」を利用する人

まず、プロミスを初めて利用する人に限られますので、すでに利用開始してから30日を過ぎている人、もしくは以前に契約していて再契約した人などは対象外となります。

また、Web明細とは利用明細をネットで確認できるサービスのことです。これに登録すると、利用明細が自宅に郵送されることはありません。

Web明細に登録するためには、以下の手順を踏みます。

  1. プロミスの会員サービスにログイン
  2. 「各種設定変更」からEメールアドレスを登録
  3. 「書面受取方法登録・変更」から「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

上記の手続きをしないと無利息の対象になりませんので、契約後忘れずに行なうようにしましょう。

プロミスで無利息になる期間

プロミスで無利息になる期間は、「初回出金の翌日から30日間」です。

利息は、31日目から発生することになります。

30日以内の追加融資分も無利息に!

30日以内であれば、追加で融資を受けた場合も無利息の対象となります。つまり最初に10万円借り入れ、2週間後に5万円借り入れた場合、初回出金日の翌日から30日間は15万円分が無利息になるのです。

30日以内にいったん完済し、再び借り入れた分も無利息に!

最初に借り入れた分を30日以内にすべて返済した後、再び借り入れた場合も、初回出金日から30日間であれば無利息となります。

なお、無利息期間中に最初の約定返済日が来た場合は、借入残高に応じた最低返済額以上の入金が必要です。この時入金した金額はすべて元金に充てられます。

無利息期間中だからといって返済がなくなるわけではありませんので、注意しましょう。もしも初回の返済を延滞してしまった場合、無利息サービスが適用されなくなる可能性があります。

プロミスの無利息サービスの上手な活用方法

プロミスの無利息サービスは、アコムやアイフルと違って「初めてお金を借り入れた日の翌日から30日間」となりますので、契約後あわてて借り入れなくても済む点が大きなメリットです。

まずカードを作っておき、しばらく経ってから利用しても、その翌日から30日間の無利息期間がカウントされます。

このようなプロミスの無利息サービスを最大限に生かすためには、以下のような方法がおすすめです。

30日以内に完済できる程度の金額を借りる!

完全に利息0円でお金を借りるなら、30日以内に全額返済できる額を借りるのがベストです。

たとえば、近々お給料やボーナスが入る時期を狙って、足りない分を借りるという方法があります。

また、30日以内であれば何度借り入れても無利息となる点を利用して、「30日間で少額を借りては返す」というサイクルを繰り返すのもOKです。こまごまとした金銭のやりくりが必要な場合に賢く活用してみましょう。

無利息サービスがあるほかのローンと併用する!

もしも30日以内にすべて返済できない場合は、アコムやアイフルなどのほかのローンの無利息サービスと併用する合わせ技もあります。

たとえば50万円を借りて、2ヵ月あれば完済できそうな場合、以下のような手順を試してみましょう。ここでは、「アコム+プロミス」の合わせ技を行ないます。

  1. アコムで50万円を借りる
  2. 続けてプロミスで新規契約をする
  3. アコムの無利息期間が終わる直前に、プロミスで50万円を借り入れる
  4. プロミスで借り入れたお金で、アコムの無利息期間中に全額返済→利息0円!
  5. プロミスの無利息期間中に、50万円を完済→利息0円!

アコムとプロミスのどちらの審査にも通る必要がありますので、できるだけ希望額を少なめにして申し込むのがおすすめです。

また、アコムの無利息期間は「初回契約日の翌日から30日間」となっているため、最初にアコムで借り、プロミスは後から利用するようにしましょう。

銀行カードローンも併用する!(返済が長くなりそうな場合)

完済できるめどがまだ立たない場合は、低金利の銀行カードローンも一緒に活用するという方法があります。

  1. まず銀行カードローンを契約しておく
  2. アコムで必要な額を借りる
  3. 続けてプロミスで契約する
  4. アコムの無利息期間が終わる前にプロミス借り、アコムの負債を完済する→利息0円!
  5. プロミスの無利息期間が終わる前に銀行カードローンで借り、プロミスの負債を完済する→利息0円!
  6. あとは低金利の銀行カードローンで返済していく

以上の手順を踏めば、最大60日間は無利息で借りることができますので、3ヶ月目から低金利の銀行カードローンで計画的に返済していけばいいということになります。

ただし、利用するカードローンが増えれば増えるほど審査に通りにくくなりますので、その点には注意が必要です。

特に銀行カードローンのほうが審査は厳しいため、なるべく先に銀行カードローンの契約を済ませておくことをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド