アンケートからわかる消費者金融系カードローンランキング!

総量規制のスタートや、過払い金請求の増加などで、ここ数年、経営が厳しくなっている消費者金融。

しかし、昔から個人向けの少額融資を行なってきた「カードローンのプロフェッショナル」だけあって、審査や融資が早い点が大きな魅力です。

実際、カードローンユーザーを対象にしたアンケート調査でも、「利用したことのある借入先」として、消費者金融は上位にランクインしています。

その中でも、特に人気が高いのはどこの会社なのか、詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

利用したことのあるカードローン、上位3位はすべて消費者金融!

現在、さまざまな商品が登場しているカードローン業界ですが、実際にユーザーが利用経験のあるところはどこなのでしょうか?

「株式会社オープンスマイル」が、2015年に行なったアンケート調査がありますので、その結果を見てみましょう。

利用したことがあるカードローンアンケート

グラフを見ますと、トップ3が抜きん出ていることがわかりますが、これらはいずれも消費者金融の会社です。

1位が「アイフル」、2位が「プロミス」、そして3位が「アコム」となっており、この3社だけで全体の約55%と、半数以上を占めています。

また、4位の「新生銀行レイク」も、もともとは消費者金融のカードローンだったものです。

さらに5位の「モビット」も、「銀行系消費者金融」という少し変わった立ち位置になりますが、消費者金融の一つに数えられます。

最近は銀行カードローンの人気が高まっているとはいえ、やはり消費者金融の需要は高く、多くのユーザーが一度は利用している、という事実がみえてきます。

もっとも利用者数の多かった消費者金融は「アイフル」!

トップ3を占める消費者金融の中でも、もっとも票を伸ばしたのは「アイフル」です。

実はアイフルは、消費者金融の業績でみると、大手3社の中では最下位となっています。

消費者金融の会社はいずれも、2010年から完全施行された「貸金業法」という法律によって、ここ数年の経営状況は非常に厳しくなっているのですが、大手銀行グループの傘下に入っているアコムとプロミスは、その影響が最小限で済んだといえます。

一方、大手銀行グループに属していないアイフルは、過払い金請求への対応に追われるなどして、立ち直りにやや時間がかかってしまいました。

それでも、2015年には金融支援が終了し、ようやく復調の兆しが見えてきたところです。

そんなアイフルが、なぜ人気ランキングでは1位を獲得しているのか、その魅力は以下のような点にあります。

融資がスピーディ&無利息期間がある!

これは他の消費者金融でも同じなのですが、アイフルでも即日融資と、30日間の無利息に対応しています。消費者金融ならではのメリットを、しっかりと享受することが可能です。

借り換え・おまとめ商品が充実している!

どの消費者金融も、カードローンの借り換えや一本化(おまとめ)に対応していますが、中でもアイフルは、他社と比べると低金利を実現しています。

会社名 商品名 貸付金額 金利
アコム 貸金業法に基づく借り換え専用ローン 300万円まで 7.7%~18.0%
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 300万円まで 6.3%~17.8%
アイフル おまとめMAX 500万円まで 12.0%~15.0%
かりかえMAX 500万円まで 12.0%~17.5%

この表を見ると分かるように、アコムとプロミスの借り換え・おまとめローンでは、上限金利が通常のカードローンと変わりません。

しかしアイフルでは、特に「おまとめMAX」の上限金利が15.0%と低めですので、消費者金融の中ではもっとも返済総額を低くできる可能性があります。

数社からの借入で苦しんでいる人にとっては特に、強い味方になってくれる会社なのです。

2位のプロミスは、金利の低さと「瞬フリ」サービスが魅力!

利用者数ランキング2位のプロミスは、SMBCグループの完全子会社となっており、正式名称を「SMBCコンシューマーファイナンス」といいます。

メガバンクである三井住友銀行の豊富な資金力がバックにあるため、消費者金融の冬の時代にあっても、経営は比較的安定しているといえそうです。また、多くの銀行カードローンの保証会社も務めています。

他の会社にはない、プロミス独自のメリットとしては以下のようなものがあります。

上限金利がやや低めに設定されている!

プロミスでは、アコム・アイフルの2社と比べて、上限金利がわずかながら低く設定されています。

会社名 金利 借入限度額
アコム 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円

わずか0.2%の違いではありますが、長い目で見ると利息に大きな差が出ることもありますので、少しでも金利の低いところで借りたい人にはおすすめです。

土日祝日を問わず、即振り込みが反映される「瞬フリ」!

プロミス独自のサービスの一つに、「瞬フリ」があります。

希望の口座にお金を振り込んでくれるサービスは他社でも行なわれていますが、プロミスの「瞬フリ」では、三井住友銀行およびジャパンネット銀行の口座に限り、曜日や時間帯を問わず、最短10秒で振込が反映される点が大きなメリットです。

3位のアコムは、カードローン業界のトップランナー!

利用者数ランキングでは3位となったアコムですが、業績でいうと、消費者金融業界ではトップとなっています。

三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているため、プロミスと同様、豊富な資金力をバックに、比較的安定した経営を続けています。

また、アコムはマスターカードのライセンスが与えられている国内唯一の消費者金融でもあり、「ACマスターカード」というクレジットカードも発行しています。

さらに、数多くの銀行カードローンの保証会社も務めるなど、幅広い事業を手がけている点が特徴です。

他の会社にはない、アコム独自の魅力としては以下のようなものがあります。

コールセンターは24時間受付!

銀行でも消費者金融でも、カードローンのコールセンターは21時ぐらいまでの営業が多いのですが、アコムでは24時間、スタッフが対応しています。

新規申し込みはもちろん、利用に関する相談も随時可能です。

審査通過率がもっとも高い!

カードローンの申し込みで一番気になるのが、「審査に通るかどうか」ということですが、実際の数字で見ますと、もっとも審査通過率が高いのはアコムです。

たとえば2015年度のデータによると、アコムの新規貸付率は47.9%、プロミスは43.5%(成約率)、アイフルは46.3%(成約率)となっています。

もちろん、所定の条件を満たす必要はありますが、審査に自信のない方は優先的に申し込みを検討したい会社です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド