キャッシング「リボ宣言」のしくみと注意点

クレジットカードのキャッシング枠には「リボ宣言」というものがあります。このサービスはメリットも多いのですが、それ以上に注意しておかなくてはいけない点もあります。

それを知らずに利用してしまうと、いつまでも支払いが終わらない「リボ地獄」に陥ってしまうこともあるのです。

あなたがそうした事態にならないため、「リボ宣言」のしくみと注意点を解説してみました。

この記事を読み終えれば、「リボ宣言で大失敗!」という事態を防ぎ、クレジットカードのキャッシング枠を賢く使えるようになります。

\すぐに借りるなら/

キャッシング「リボ宣言」とはどのようなサービスか?

キャッシング「リボ宣言」とは自動的にリボ払いになるサービスです。通常ですと一括払いかリボ払いを選択することになります。

しかし、一度「リボ宣言」を選択しておけば、以降は手続き不要で自動的にリボ払いとなるのです。そのため、わざわざ一括かリボかを選ぶ手間が省けるというメリットがあります。

また、リボ払いですので一括返済とは違い、少しずつ返済していく形になります。そのため、返済がとても楽になります。

「一括返済する余裕がない」、「返済を楽にしたい」というようなときなどに利用すると便利なサービスです。

キャッシング「リボ宣言」はとてもかんたんにできる

キャッシング「リボ宣言」の手続きはとても簡単です。カード会社のHPか電話で申込むだけで利用できます。むずかしい手続きは一切いらず、停止もいつでも自由にできます。

ただし、手続きした時期によっては、実際に反映されるのが次回の支払いになることがありますので注意しておきましょう。

キャッシング「リボ宣言」はどのように返済していくのか?

キャッシング「リボ宣言」の返済は通常のリボ払いとおなじです。基本的に毎月決まった額を返済していく形になります。返済額は借入れ額によって決まり、その返済額は固定となるのが一般的です。

例えば、「三井住友VISAカード」のキャッシングリボですと以下のような返済額になっています。

三井住友VISAカードのキャッシングリボの返済額一覧

借入れ額 返済額
(以下の範囲から1万円単位で選択)
5万円~20万円の場合 1万円~5万円
30万円~70万円の場合 2万円~6万円
80万円~200万円の場合 3万円~7万円
210万円~300万円の場合 4万円~8万円

上記のように借入れ額が大きいほど、返済額も大きくなり、逆に借入れ額が小さくなると、返済額も減っていきます。今回は三井住友VISAカードを例に解説しましたが、他社のカードであっても基本的に大きな違いはありません。

理解していないとリボ地獄に直行!キャッシング「リボ宣言」の注意点

キャッシング「リボ宣言」は返済額が少なく、毎月の返済が楽になるというメリットがあります。しかし、これはデメリットでもあるのです。

返済額が少ないということはその分、残高の減りが遅く、返済期間が長くなるということを意味します。キャッシングの利息は日割りですので、返済期間が長いほど大きくなります。

例えば、三井住友VISAカードでは10万円の借入れの場合、リボ手数料(金利)は18%となり、返済額は1万円~5万円の範囲から選択できます、

仮に1万円の返済額を選択した場合は完済までに13 回かかります。このときの利息は10,751 円 で、総返済額は11万751円です。

では、おなじ条件(借入れ額10万円・金利18%)で1ヵ月後(30日)一括返済した場合の利息はどうなるでしょうか?

この場合ですと、10万円×18%÷365×30=1,479円となり、利息は1,479円、総返済額は10万1,479円。リボ払い時との利息差は9,272円もあるのです。

こうした点を理解しておかないと、支払いが一向に終わらない「リボ地獄」に陥ってしまうこともあります。リボ宣言は借入れをする度に自動的にリボ払いになります。それでも返済額は変わらない、あるいは大きくは変わりません。

借入れ額が増えても返済額は少ないままですので、借金が増えているという実感をしにくいのです。それが原因で気づいたときには「返済がなかなか終わらない」というリボ地獄に陥ってしまう可能性もあります。

このように、リボ宣言すると返済期間が長くなるので利息が大きくなるという点を理解しておかなくてはいけません。

リボ払い宣言は緊急時のみ使用。普段は一括払いがオススメ!

正直な話、リボ宣言はあまりオススメできません。理由はクレジットカードのキャッシング枠の金利は高いからです。多くのカードが18%で固定となっています。

また、そもそもクレジットカードのキャッシング枠はオマケのようなもので、メインで使うようなものではありません。

もし利用するなら一括返済を前提に使いましょう。借入れ額は1万円~5万円程度の少額にとどめておくようにするのがオススメです。

もちろん、「どうしても返済が苦しい」というときもありますので、そうした緊急時はリボ宣言をして乗り切るのもよいかと思います。

リボ払いで返済するなら銀行系カードローンも選択肢に入れる!

おなじリボ払いをするなら、金利の低い銀行系カードローンを利用するほうが賢い選択です。銀行系は最大でも15%以下というカードが多く、より低金利&低利息で借入れが可能です。

例えば、「三井住友銀行カードローン」の金利は4.0%~14.5%、最大でも14.5%となっています。

キャッシングリボ(金利18%)との利息差を返済期間3年で、「借入れ額×金利÷365×返済期間=利息」で比較すると以下のようになります。

借入れ額 キャッシングリボ
(年率18%)
三井住友銀行カードローン
(年率14.5%)
10万円 54,000円 43,499円
20万円 10万8,000円 86,999円
30万円 16万2,000円 13万500円

ご覧のように三井住友銀行カードローンのほうが、キャッシングリボよりも低利息なのが分ります。これはほんの一例にしかすぎません。

銀行系カードローンの中にはもっと低金利なカードもあります。そのため、おなじリボ払いで借入れするなら、銀行系を選んだほうが絶対にお得です。

まとめ

リボ宣言にすると自動的にリボ払いになりますので、返済自体は楽になります。しかし、返済期間が延び、利息が増えるというデメリットも理解しておかなくてはいけません。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は高いのでとくに注意が必要です。なるべくなら、普段は一括返済し、緊急時のみリボ宣言を利用するのがオススメです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド