カードローンの審査が甘くなる時期・タイミング

カードローンの審査は、実は時期によって厳しくなる時と甘くなる時があることをご存じですか?

もちろん、ブラック入りしている人がパスできるようになるわけではありませんが、ある時期には利用を見送られた人が、別の時期にはパスできた、というケースは実際にあります。

一般的には、「繁忙期よりも閑散期」、「平常時よりキャンペーン時」がねらい目です。

カードローンに申し込むおすすめの時期について、詳しくご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

審査に通りやすいのは、カードローン業界の閑散期!

どの業界にも、繁忙期と閑散期があります。閑散期のほうが、企業は顧客確保に力を入れますので、カードローンも申し込むなら閑散期のほうがおすすめです。

カードローンの繁忙期に関するデータがありますので、ご紹介しましょう。

カードローンの繁忙期

グラフを見るとわかるように、もっとも申込者が増えるのは3月となっています。学費や引っ越し代など、新年度に向けて何かとお金がかかるため、カードローンの需要が増えるからです。

同じく9月も、日本では年度末になりますので、申込者数が増加します。

3月と9月の申し込み件数は、それ以外の時期の実に1.5~2倍にも増えるため、避けたほうが無難です。

次に、カードローン業界の閑散期のグラフも見てみましょう。

カードローンの閑散期

グラフを見ると、ボーナス月の7月や12月に申込者数が減っていることがわかります。まとまったお金が入る時には、カードローンを利用する必要がありませんので、当然ながら申込者は少なくなるわけです。

逆に、ボーナスを使って残債を一括で返済しようとする人も増えるため、カードローン業界にとっては顧客が減少する時期でもあります。

さらに、1月や2月もカードローンの申し込み者数が減っていることがわかります。

冬のボーナスが入ったすぐ後ということもありますが、一年の中で一番寒い時期ですので、夏と違ってレジャーにお金を使う人が少ないことも一因かもしれません。

その他、一ヵ月の中では月末~初旬にお金の工面をする人が増えるため、中旬のほうが申し込みは少なくなります。一週間の中では、週末にお金を借りる人が多いことから、平日のほうがねらい目です。

大々的にキャンペーンをしているカードローンもねらい目!

カードローンの閑散期になぜ審査が甘くなるのかというと、「新規顧客を獲得したがるから」「会社側に時間的な余裕があるから」などな主な理由です。

申込者が減る閑散期には、顧客獲得のためにどの会社も努力します。

また、繁忙期と違って時間的にもゆとりがありますので、繁忙期には「属性にやや心配な点がある」として足切りしていたお客さんにも、閑散期には丁寧に話を聞くなどして、審査に通すよう努力してくれる可能性があります。

しかも、多くの会社ではスタッフに契約数のノルマもあるため、閑散期には特に可決率が上がります。この時期には、キャッシュバックや金利優遇などのキャンペーンを行なう会社もあるほどです。

ちなみに、クレジットカードの閑散期も大体カードローンと同じですので、年末が近づくとポイントアップのキャンペーンを実施するところが多くなります。

ほかにも、社名変更や新商品登場などで大々的にキャンペーンが行なわれている時期もねらい目です。

キャンペーンをしているということは、とにかく新規顧客を呼び込もうとしているということですから、審査に通る可能性が高くなります。

ちなみに、どこかのカードローンやクレジットカードがキャンペーンをしていると、実際に使うかどうかはともかくとして、ポイント付与やキャッシュバックなどの特典を目当てに申し込む人もいます。

しかし、必要のないカードローンやクレジットカードをいくつも契約すると、信用情報に「契約中」として登録され、ほかのローンの審査に通りにくくなるリスクがありますので、注意が必要です。

審査に自信のない人や急ぎの人は、繁忙期の申し込みを避けよう!

上記のことから、審査に通る自信があまりない方は、カードローン業界の閑散期やキャンペーン時期を狙って申し込んだほうがいい、ということがわかります。

以前に一度審査落ちしてしまった方でも、通常は半年以上経っていればパスできる可能性がありますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

逆に、審査に自信のない方は繁忙期を避けて申し込むことも大切です。

前述したように、特に年度末の3月は申込者が飛躍的に増えるため、どのカードローンでも足切りに遭いやすくなります。よほどの事情がある場合を除き、3月の申し込みは避けるようにしましょう。

同じく、年度末の9月もやや繁忙期にあたりますし、ゴールデンウイークやお盆などの大型連休の前後も何かとお金がかかるため、カードローン利用者が増えます。

これらの時期にお金が必要になりそうな場合は、できるだけ前もって申し込んでおいたほうが安心です。

ちなみに、繁忙期は審査に通りにくいだけではなく、時間がかかりやすい点にも注意しましょう。

「最短30分」とうたっているカードローンでも、それは平常時のことであって、申込者が殺到している時期には大幅に遅れてしまうこともあります。

スムーズに手続きを進めるためにも、できるだけ繁忙期は避けたほうが賢明です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド