カードローン審査が甘い会社は存在しない!あるとすれば…

カードローンの申し込みをした際には、必ず審査を受けることになります。

銀行であれ消費者金融であれ、まっとうな業者であれば必ず「属性審査」や「信用情報調査」を行なってから、融資するかどうかを決定するのです。

ですから、「審査なし」とうたわれているカードローンには気を付ける必要があります。そのほとんどは、無登録の違法な業者だからです。

ただし、まっとうな業者であっても審査基準は各社によって異なりますので、一社がダメでも、ほかの会社であれば審査に通る可能性はあります。

カードローンの審査事情について、分かりやすく解説していきましょう。

\すぐに借りるなら/

まともなカードローン業者は、必ず信用情報調査を行なう!

カードローンを利用するにあたっては、申し込み後、必ず審査を受けます。

カードローンの審査には、大きく分けて「属性審査」と「信用情報調査」の2種類があり、そのどちらも重要な審査です。

属性審査とは、申し込み者の基本的なプロフィールを調べる審査で、たとえば年齢や勤務先、住居形態などがチェックされます。

その際、申告した勤務先に本当に勤めているかどうかを確認するために、担当者が勤務先に電話をかける「在籍確認」が行なわれることもあります。

多くのカードローン会社では、各項目を点数化して、その総合点で自動的に評価する「スコアリングシステム」を採用しているため、属性審査にかかる時間はかなり短縮されています。

そしてもう一つ、重要な審査が信用情報調査です。こちらは、各銀行や貸金業者が加盟する「信用情報機関」に問い合わせをして、申し込み者の金融取引の履歴を照会する審査になります。

たとえば、申し込み者が過去に何らかの金融取引で延滞や不払いを起こしていた場合、その情報がしっかりとデータベースに記録されていますので、審査に通るのが難しくなってしまうのです。

国内の信用情報機関としては、「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」「全銀協(全国銀行個人信用情報センター)」の3つがあり、銀行や、まっとうな貸金業者は、必ずいずれかの機関に加盟しています。

申し込み者が、信頼に値する人物かどうかを判断するために、特に信用情報調査は重要な審査なのです。

違法な貸金業者は、信用情報調査ができない!

一方、法律を無視した高金利で貸付をする「ヤミ金」と呼ばれる業者は、上記のような信用情報調査は行ないません。

というのも、ヤミ金のほとんどは、国や自治体の認可を受けていない無登録の業者ですので、信用情報機関への加盟ができないからです。

つまり、申し込み者の金融取引の履歴を照会したくても、加盟していない以上は不可能ということになります。

ですから、もしも「信用情報調査なし!」をうたうようなカードローンがあれば、真っ先にヤミ金の可能性を疑うべきでしょう。

過去に延滞や不払いを起こしたことのある人は、思わず手を出したくなってしまうかもしれませんが、絶対にコンタクトをとらないようにしてください。

ちなみにヤミ金は、まともな信用情報機関には加盟できない代わりに、「ヤミ金限定の信用情報」は持っているといわれています。

過去にほかのヤミ金業者から借り入れた履歴は、ヤミ金業界専用のデータベースにしっかりと記録されている、ということです。

またヤミ金では、信用情報調査よりも、属性審査のほうを重視する傾向がみられます。特に、「住所が定まっているか」「いざという時に連絡のつく家族がいるかどうか」は、ヤミ金が慎重にチェックするポイントです。

こうした条件さえ満たしていれば、いわゆる「ブラックリスト入り」している人にも、ヤミ金はお金を貸す可能性が十分にあります。

いずれにせよ、法外な高金利での貸付を行なう業者に手を出すのは高リスクですので、「審査なし」を宣伝文句にしているカードローンには、絶対に申し込まないようにしましょう。

まっとうなカードローンでも、審査基準は会社によって違う!

まっとうな貸金業者や銀行であれば、必ず審査を行ないますが、その基準は銀行や業者によってまちまちです。

信用情報調査で金融事故の履歴が出てきた場合は、さすがにどの業者も審査に通すことはありませんが、それ以外の属性に関する調査では、各社によって基準は異なります。たとえば、勤務形態や年収などの項目です。

実際、正社員や公務員など、正規雇用で勤めている人でなければ審査に通さないところもあれば、パートやアルバイトでもOKとするところもあります。

ただし、申し込み条件には「本人に安定した収入のある方」としか記載していない業者(銀行)が多いため、申し込む側にとっては分かりにくいのも事実です。

一般的には、銀行カードローンのほうが属性審査は厳しい傾向がみられます。銀行カードローンは、消費者金融に比べると低金利で、融資の上限額が高い分、貸し出す相手を慎重に選ぶ必要があるからです。

一方、消費者金融は銀行に比べると、金利が高い代わりに、審査のハードルはやや低めに設定されています。

もちろん、誰でも審査に通るわけではありませんが、パートやアルバイトでも一定の収入があれば可とする会社が多いですし、自営業や個人事業主でも、比較的融資を受けやすいといえます。

ですから、あるカードローンではダメだったとしても、ほかのカードローンでは大丈夫という可能性はありますので、一つのカードローンの審査に落ちた場合は、別の会社に申し込んでみましょう。

ただし、カードローンは申し込んだだけの情報も、信用情報機関にしっかりと記録されるため、あまり短期間のうちに複数の申し込みをした場合は、「よほど切羽詰まっている」と判断されてしまう可能性があります。

あくまで常識的な範囲内にとどめるか、もしくはデータベースから申し込み履歴が消える6ヶ月が過ぎるのを待ってから、新たに申し込むようにしましょう。

また、身に覚えもないのにどこのカードローンからも断られてしまう場合は、もしかしたら個人情報機関に誤った情報が登録されている可能性もあります。

CIC・JICC・全銀協ともに、自分の個人情報を照会することができますので、あまりに審査落ちが続く場合は、一度調べてみることをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド