カードローンの審査で行われる「信用情報審査」とは?

カードローンに申し込んだ際、必ず行なわれる審査の一つに「信用情報調査」があります。

信用情報調査とは、申し込み者がこれまでに契約したクレジットカードやローンなどの情報を調べて、返済能力に問題がないかどうかをチェックすることです。

どんなに少額の融資を希望する場合でも、この調査は必ず行なわれます。

信用情報とはどのような内容なのか、過去に延滞や不払いがあった場合は絶対に審査に通らないのか、などについてご紹介しましょう。

\すぐに借りるなら/

日本には3つの信用情報機関がある

新規にローンやクレジットカードを申し込む際、申し込み者の基本的なプロフィールを点数式で評価する「属性審査」に加えて、必ず行なわれるのが「信用情報調査」です。

本人がこれまでに利用したクレジットカードや各種ローンの取引情報を照会するもので、要は「この人に融資しても問題がないかどうか」を調べるために行なわれます。

信用情報を扱っているのは、信用情報機関というところです。日本には現在、3つの信用情報機関があります。

機関名 加盟金融機関等
CIC
  • クレジットカード会社
  • 信販会社
  • 一部の消費者金融など
JICC
  • 消費者金融
  • 一部のクレジットカード会社など
全銀協
  • 銀行
  • 信用組合
  • 農協など

銀行であれ貸金業者であれ、金融取引を扱うすべての会社は、上記のいずれかの信用情報機関に加盟しています。また、複数の機関に加盟している会社も少なくありません。

ちなみに、3つの信用情報機関は「CRIN」というシステムで情報共有されているため、どれか1つの機関に事故情報(延滞や不払いなど)が登録されていると、その情報はほかの機関に加盟する会社も把握することができます。

つまり「クレジットカードではブラックだけれど、消費者金融なら大丈夫」ということにはならない、ということです。

カードローンに申し込んだ際、銀行や貸金業者は加盟する信用情報機関に照会をかけ、申し込み者の信用情報を必ず調査した上で、審査の可否を決定します。

信用情報機関には、どんな情報が登録されている?

CIC、JICC、全銀協には、以下のような情報が記録されています。

  • 氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先などの基本情報
  • クレジットカードや各種ローンの借入状況(契約日・借入額など)
  • クレジットカードや各種ローンの返済状況(最終返済日・延滞の有無など)
  • クレジットカードや各種ローンの申し込み履歴
  • 事故情報(長期延滞・代位弁済・債務整理・自己破産など)

それぞれの情報は、登録されている期間がそれぞれ異なります。たとえば申し込み履歴なら最長6ヶ月、借入に関する情報なら、解約した時点から最長5年が目安です。

つまり、過去に完済しているローンについても、5年間は情報を照会することができます。

カードローンの審査でもっとも重視されるのは、「事故情報がないかどうか」「現在、他社からの借入がどれぐらいあるか」「クレジットカードや各種ローンを利用している場合、毎月きちんと返済しているかどうか」といった情報です。

これらは返済能力をはかるための重要な材料になりますので、必ずチェックされます。

ブラックリストとは

よく聞かれる「ブラックリスト入り」という言葉ですが、実際にはそのようなリストが存在するわけではありません。一般的に、事故情報の記録をブラックリストという通称で呼んでいます。

金融業界での事故としては、長期(61日以上)にわたる延滞や、代位弁済(連帯保証人などが、債務者の代わりに返済すること)、債務整理、自己破産などが代表的です。

たとえば債務整理や自己破産した場合、CICとJICCでは手続きをした時点から最長5年、全銀協では最長10年も信用情報機関に記録が残ってしまいます。

事故情報が消えない限り、新たにカードローンの審査に通ることは難しくなります。

信用情報調査で審査に落ちるその他のケース

事故情報がなくても、信用情報調査で「問題あり」と判断され、審査に通らないケースはいくつか考えられます。

たとえば「短期間のうちに、複数のクレジットカードや各種ローンに申し込んだ場合」です。

上述したように、申し込んだだけの情報も最長6ヶ月間、信用情報機関に登録されますので、それが照会されて「よほど切羽詰まった状況である」と判断される場合があります。

思い当たることのある方は、最後の申し込みから6ヶ月経ってから新たに申し込むようにしてみましょう。

また、延滞はしていなくても「他社からの借入が多い場合」も、リスクを避けるために審査に通さない可能性があります。

ほかには「ある程度の年齢で、クレジットヒストリー(信用情報)がまったくない場合」も、審査にはやや不利な状況となります。

たとえば30歳以上で、これまで一度もクレジットカードやローンを利用したことがない場合、悪い履歴がない一方で実績もないということになりますので、審査が厳しくなる可能性があります。

また近年、気を付けたいのが「携帯電話の機種代の延滞」と「奨学金の返済の延滞」です。

携帯電話の本体料金を分割払いで購入した場合、ローンと同じ扱いになるため、61日以上延滞した場合は信用情報機関にしっかりと記録されます。

同じく奨学金も、61日以上の延滞で信用情報機関に登録されるようになりました。

「自分は金融事故を起こしていない」と思っていても、実はそうではないケースも増えてきましたので、ぜひ気を付けるようにしましょう。

信用情報機関の登録情報は、自分でも開示できる!

身に覚えもないのに、カードローンやクレジットカードの審査にいつも通らないという方は、もしかしたら信用情報機関に誤った情報が登録されている可能性もあります。

また、同姓同名の人の情報と間違って照会されてしまうケースも、少ないながら存在していますので、不安や疑問がある場合は自分で信用情報の開示を求めてみましょう。

CIC、JICC、全銀協のいずれも、運転免許証などの身分を証明できる書類を提示して開示請求を申し込めば、自分の信用情報を見ることができます。

機関名 開示方法 料金
CIC インターネット開示(PC・スマホ) 1,000円
郵送開示
窓口開示 500円
JICC スマホによる開示 1,000円
郵送開示
窓口開示(東京・大阪) 500円
全銀協 郵送開示のみ 1,000円(ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書)

※各機関のHP参照

開示の結果、もし身に覚えのない情報が登録されていた場合は、取り消す手続きができますので、何度も審査に落ちてしまう方は一度、開示請求してみることをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド