主婦でも銀行カードローンでお金を借りる方法

銀行カードローンは、一般的に消費者金融よりも審査が厳しいといわれます。そのため、「主婦の私には借りられないわ」とあきらめている方もいるかもしれません。

しかし、最近の銀行カードローンは幅広い雇用形態の人を対象にしていますので、主婦であってもパートやアルバイトなどで収入があれば、融資を受けられる可能性は十分にあります。

さらにいうなら、収入のない専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば銀行カードローンを利用できることもあるのです。

主婦でも銀行カードローンでお金を借りる方法について、詳しくご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

銀行カードローンは、実は主婦に優しい!

カードローンについて調べていると、申し込み条件として「本人に安定した収入のある方」と書かれているものが多いため、パートやアルバイトをしている主婦の方や、仕事をしていない専業主婦の方は、「自分にはムリ」と思ってしまうかもしれません。

特に、銀行は消費者金融と比べると審査がやや厳しい傾向にあるため、「正社員や公務員じゃないと難しいだろうな」と考える人がいても不思議ではないでしょう。

しかし実際は、そうではありません。最近は、パートやアルバイトでも一定の収入があれば審査にパスできる銀行カードローンが多いため、必ずしも正社員である必要はないのです。

「でも、収入がまったくない専業主婦になると、さすがに難しいのでは?」と思われるかもしれませんが、実は専業主婦に関しては、銀行カードローンのほうが消費者金融よりも融資を受けやすいという特徴があります。

それは、銀行が「総量規制」の対象外だからです。

消費者金融などの貸金業者には、「貸金業法」という法律が適用されるのですが、その中に「年収の3分の1を超える貸付はしてはいけない」という総量規制のルールが盛り込まれています。

ということは、年収0円の専業主婦は、基本的に融資を受けられないということです。

特例措置として、配偶者の収入を合算できる「配偶者貸付」という制度はありますが、この制度を採用している消費者金融はごく一部に限られています。

また、配偶者の同意書や収入証明書、婚姻関係を示す戸籍抄本などの提出も求められますので、なかなか面倒なものです。

一方、銀行は「銀行法」という別の法律が適用されますので、総量規制は関係ありません。ですから、収入のない専業主婦の方でも、所定の条件さえ満たせば、銀行カードローンでお金を借りることは十分に可能なのです。

「専業主婦OK」の銀行カードローンに申し込もう!

主婦の方が銀行カードローンを利用したい場合、一番おすすめなのは「専業主婦でもOK」とはっきりうたわれている銀行を選んで申し込むことです。

パートやアルバイトである程度の収入がある方でも、「自分の収入だけでは“安定している”とまではいかないな」と思う場合は、専業主婦可の銀行カードローンに申し込んだほうが、審査に通る可能性は高くなると考えられます。

大手の銀行カードローンの中で、「専業主婦可」としているところをいくつかご紹介しましょう。

専業主婦の申し込みOKの銀行カードローン

銀行名 融資限度額 金利 条件
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
10万円~500万円
(専業主婦は30万円まで)
1.8%~14.6%
  • 満20歳以上65歳未満の方
  • 配偶者に収入がある方
みずほ銀行
(みずほMy Wing)
10万円~100万円
(専業主婦は30万円まで)
12.0%~14.0%
  • 満20歳以上満66歳未満の方
  • 配偶者に安定かつ継続した収入がある方
ソニー銀行 10万円~800万円
(専業主婦は50万円まで)
2.5%~13.8%
  • 満20歳以上65歳未満の方
  • 配偶者に収入のある方
  • ソニー銀行に普通預金口座を持っている方
ジャパンネット銀行
(ネットキャッシング)
10万円~1,000万円 2.5%~18.0%
  • 20歳以上70歳未満の方
  • 配偶者に安定した収入がある方
  • ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている方
イオン銀行
(カードローンBIG)
30万円~800万円
(専業主婦は50万円まで)
3.8%~13.8%
  • 満20歳以上、満65歳未満の方
  • イオン銀行に普通預金口座を持っている方
  • 配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方
楽天銀行
(楽天スーパーローン)
10万円~50万円
(専業主婦は50万円まで)
1.9~14.5%
  • 満20歳以上62歳以下の方(ただし、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下)

上記のほかにも、地方銀行なども含めると、専業主婦可の銀行カードローンは数多くあります。金利や融資限度額なども合わせて考慮の上、もっとも希望に合ったところに申し込んでみましょう。

夫の収入証明書や在籍確認は必要?

カードローンの利用を考えている主婦の中には、「夫にバレないかどうか心配」という方も多いと思います。

銀行カードローンは、上述したように総量規制の対象外ですので、消費者金融の「配偶者貸付」のような厳格な審査は、基本的に必要ありません。

提出書類としては、申し込み者の本人確認書類(運転免許証など)だけで済むことがほとんどです。

また、夫の職場に在籍確認の電話がいくことも、まずありません。銀行カードローンでは、あくまで申し込んだ本人の属性だけで審査を行なうからです。その分、専業主婦の融資限度額は低めに設定されています。

もっとも、審査の段階でより詳しいチェックが必要と判断された場合は、夫の収入証明書の提出や、在籍確認が必要になるケースもないとは言い切れません。

しかし基本的には、夫にバレることなく利用できると考えていいでしょう。

このように、主婦の方でも銀行カードローンを利用できる可能性は大いにありますので、ぜひ条件に合ったところに申し込んでみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド