クレジットカードのキャッシング枠の審査で見られる3つの項目

クレジットカードのキャッシング枠を申し込む際には、所定の審査が必要です。

キャッシング枠の審査は、ショッピング枠の審査とは別に実施されます。現金を引き出すサービスですので、基本的にはカードローンと同じ内容の審査が行なわれるのです。

クレジットカードのキャッシング枠の審査で特に重視される、3つの項目についてご紹介しましょう。

\すぐに借りるなら/

キャッシング枠の審査は、ショッピング枠の審査よりも厳しい!

クレジットカードにキャッシング枠を設定する際、ショッピング枠とは別の審査を受ける必要があります。それは、キャッシングとショッピングがもともと別のサービスであり、適用される法律も異なるからです。

クレジットカードのショッピングは「割賦販売法」、キャッシングは「貸金業法」という法律に基づいて行なわれます。貸金業法は、消費者金融などのカードローンにも適用される法律です。

一般的に、審査はキャッシング枠のほうが、ショッピング枠よりも厳しい傾向がみられます。クレジットカードのショッピングでは、万が一返済が滞った場合、購入した商品が担保としてカード会社に没収されることがあります。

一方、キャッシングは現金を引き出すサービスですから、カード会社にとっては回収できないリスクが高くなります。そのため、キャッシング枠の審査のほうが厳しく行なわれるのです。

もちろん、希望する枠が高ければ高いほど、収入なども合わせて慎重に審査が行なわれます。

その結果、人によっては「ショッピングはOKだけれど、キャッシングはNG」という判断を下されることもあります。逆に「ショッピングはNGだけれど、キャッシングはOK」というケースはまずありません。

項目1-収入と勤務形態

キャッシング枠の審査では、まず「属性審査」が行なわれます。属性審査とは、申し込み者の基本的なプロフィール情報をチェックするものです。

最近の属性審査では、年齢や勤務先、勤続年数、収入、家族構成などのさまざまな項目に点数をつけ、その総合点で自動的に可否を判断する「スコアリングシステム」が採用されています。

どれぐらいの点数を出せばOKとなるかは、各カード会社によって異なりますが、ゴールドカードやプラチナカードと呼ばれる高ランクのカードほど、基準は厳しくなります。

特にキャッシング枠の審査で重視されるのは、返済能力に関わる情報、つまり勤務先や勤続年数、収入などの項目です。

基本的には、パートやアルバイトよりも正社員もしくは公務員のほうがスコアは高くなりますし、勤続年数が長いほど、今後も職場を辞める可能性が低いと判断されるため、審査には有利になります。

もちろん年収も重要な要素ですが、キャッシングの場合、「毎月安定した収入があること」のほうが重視されますので、それほど年収が高くなくても毎月決まった給与をもらっている人であれば、審査に通る可能性はあります。

一方、自営業者や個人事業主などは、安定性という観点から、年収に関わらず審査がやや厳しくなる傾向がみられます。

項目2-信用情報

クレジットカードの審査では、キャッシング・ショッピングともに、必ず信用情報調査が行なわれます。これは、各カード会社が加盟する「信用情報機関」に問い合わせて、申し込み者の金融取引の履歴を照会する審査です。

現在、国内には3つの信用情報機関がありますが、キャッシングサービスを行なうクレジットカード会社の多くは、「CIC」と「JICC」という2つの機関に加盟していることが一般的です。

これらの機関に照会をかけて、申し込み者が他のクレジットカードやローンなどで延滞していないかどうか、また過去に自己破産や任意整理などの金融事故を起こしていないかどうか、などをしっかりとチェックします。

信用情報調査に問題があった場合は、ショッピング・キャッシングともに利用不可と判断されますので、クレジットカード自体を作れなくなることが普通です。

ちなみに、最近は携帯電話の機種代の支払いや、奨学金の返済などの情報も信用情報機関のデータベースに載っているため、これらを延滞してしまうと、審査に不利になってしまいます。支払うべきものは、すべてしっかりと支払うことが大切です。

項目3-他社からの借入

信用情報調査で、もう一つ重視されるのが他社からの借入状況です。ほかのクレジットカードでキャッシングを利用していないか、もしくは消費者金融や銀行などのカードローンを利用していないかどうかは、必ずチェックされます。

というのも、クレジットカードのキャッシングは消費者金融のカードローンと同じく、「総量規制」のルールが適用されるからです。

総量規制とは、「銀行以外の貸金業者(ノンバンク)からの総借入額が、年収の3分の1を超えてはいけない」というルールになります。

ですから、既に他社からの借入がある場合、それを合わせて総量規制に引っかからないかどうかを慎重に確認する必要があるのです。

たとえば年収300万円の人ですと、ノンバンクからの借入は最高100万円までになりますので、他社から50万円の借入があるなら、クレジットカードのキャッシング枠は50万円までしか設定できないことになります。

ちなみに、総量規制は「貸金業法」の法律に盛り込まれたルールですので、ショッピング枠には関係がありません。

総量規制に抵触しないかを確認するために、他社からの借入がある人や、50万円を超えるキャッシング枠を希望する人には、収入証明書の提出が求められることが一般的です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド