カードローンの審査で必要な「本人確認書類」と「収入証明書類」

カードローンの審査では、「本人確認書類」と「収入証明書類」が必要になることがあります。

特に本人確認書類は、本人からの申し込みであることを確認するためにも、ほぼ必ず提出を求められるものです。運転免許証やパスポートなどが、これにあたります。

一方、源泉徴収票などの収入証明書類は、提出が求められる場合とそうでない場合があります。一般的には、希望する借入額が多ければ多いほど、提出が必要になります。

本人確認書類と収入証明書類で提出できるものについて、また収入証明書類が必要になるケースなどについて、詳しくご紹介していきましょう。

\すぐに借りるなら/

本人確認書類は、カードローンの新規申し込みに絶対必要!

申し込み者の素性を明らかにする本人確認書類は、希望する借入額にかかわらず、カードローンに新規申し込みする際にはほぼ必ず提出が求められます。

用意できない場合は、一切の融資を受けられませんので、申し込む際には必ず手元に準備しておくようにしましょう。

本人確認書類として提出できるもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真つき)
  • 各種健康保険証
  • 在留カード・特別永住者証明書(外国籍の場合)

※会社や銀行によっても異なります

消費者金融でも銀行でも、ほとんどのカードローンでは「運転免許証」を優先して提出することになっています。

運転免許証には、顔写真もふくめ、生年月日や住所など、基本的な個人情報がすべて記載されているからです。

運転免許証がない場合は、パスポート(日本国旅券)、それもない場合は顔写真つきの住基カードが望ましいと考えられます。いずれも持っていない場合は、健康保険証でも可です。

ちなみに、前回の免許証更新の後で住所が変更になった場合は、新住所が書かれている裏面も必ずコピーして提出する必要があります。

また、パスポートなどの住所変更の手続きが済んでいない場合は、現住所に送られてきた公共料金や納税の領収書なども提出しなくてはいけません。

本人確認書類を提出するタイミングや方法

本人確認書類を提出する時期や方法は、会社によって異なります。

一般的に、消費者金融の場合は申し込みと同時にオンラインで送信するところが多いのですが、銀行カードローンの中には、審査に通ってから書類を提出するところもあります。

オンラインで送信する

消費者金融の多くは、申し込みと同時に、スマホのアプリを使って本人確認書類を送信できるようにしているところが多くみられます。

スマホのカメラで撮影した画像をそのまま送れますので、わざわざコピー機で写しをとる必要がなく、非常に便利です。

ローン契約機で送信する

無人契約機を利用できる消費者金融や銀行の場合は、審査に通った後で、契約機から本人確認書類を提出できることがあります。その場で音声ガイダンスにしたがいながら、書類をスキャンして送信します。

郵送する

特に融資を急がない場合は、申込書と一緒に本人確認書類のコピーを同封して、郵送するという方法もあります。

本人確認書類が必要でないケース

カードローンを申し込む際は、基本的に本人確認書類の提出が必須ですが、一部の銀行カードローンでは、例外的に免除される場合があります。

それは、すでにその銀行の口座を持っている人が、少額融資を希望する場合です。

たとえば「セブン銀行カードローン」では、セブン銀行の口座を持っている人であれば、50万円までの融資に限り本人確認書類が必要ありません。

同じく「みずほ銀行カードローン」も、みずほ銀行の口座を持っている人が200万円以下の融資を希望する場合は、書類の提出を求められないことになっています。

収入証明書類は、必要な場合とそうでない場合がある!

SONY DSC
SONY DSC

カードローンの申し込みでは、場合によって収入証明書類の提出が必要になることもあります。

収入証明書類として提出できるもの

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分など)
  • 所得証明書(市町村役場発行のもの)
  • 住民税決定通知書・納税通知書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書

※会社や銀行によって異なります

一般的には、会社員や公務員であれば前年度分の源泉徴収票、個人事業主や自営業の方であれば確定申告書などを提出します。

それらを用意できない場合は、会社や銀行が提出を受け付けているその他の書類を使うようにしましょう。

収入証明書類が必要なケースとは

収入証明書類が必要なケースについては、消費者金融と銀行で基準が異なります。

消費者金融の場合

多くの消費者金融では、「希望借入額が50万円以上の場合」もしくは「他の貸金業者からの借入と合わせて100万円を超える融資を希望する場合」に、収入証明書類の提出を求められます。

これは、消費者金融からの借入に「総量規制」というルールが適用されるためです。

総量規制とは、「すべての貸金業者からの借入総額が、年収の3分の1を超えることはできない」というルールですので、特に他社からの借入を合わせて100万円を超える場合は、念のために年収を証明する必要があります。

他社からの借入を合わせても100万円に達しない場合や、希望借入額が50万円以下の場合は、原則として収入証明書類を提出しなくてもいい会社がほとんどです。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンでは、銀行によって収入証明書類が必要になる基準がそれぞれ異なります。

銀行は、貸金業者と違って総量規制のルールが適用されませんので、収入証明書類を提出しなくても、ある程度まとまったお金を借りることが可能です。

銀行カードローン 収入証明書類が必要になる借入額
三菱東京UFJ銀行カードローン 200万円を超える場合
オリックス銀行カードローン 300万円を超える場合
みずほ銀行カードローン 200万円を超える場合
じぶん銀行カードローン 300万円を超える場合
イオン銀行カードローンBIG 300万円を超える場合

※各銀行のHP参照

上記は一例ですが、多くの銀行カードローンでは200~300万円を超える融資を希望する場合に、収入証明書類が必要になります。

ただし、それ以下の融資でも「審査内容によっては提出が必要になる場合もある」としている銀行がほとんどですので、念のために用意しておいたほうが安心です。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド