カードローン審査が10秒以内に終わる理由

最近のカードローンの審査は、かなりスピーディです。

たとえば、大手の消費者金融では「最短30分」の審査をうたっていますが、申込者の基本情報をもとにした属性審査だけなら、ほとんど瞬時に終わります。

実際、銀行系消費者金融の「モビット」では、オンラインで10秒の簡易審査を受けることができるほどです。

なぜ、面倒なはずのカードローン審査が10秒程度で終わってしまうのか、その秘密に迫ります。

\すぐに借りるなら/

属性審査は、コンピュータが自動的に行なう時代!

カードローンの申し込みの際には、まず氏名や住所、勤務先、年収などの基本情報を送信します。最近はインターネットでの申し込み受付が増えていますから、サイト上のフォームに入力するだけで簡単に申し込みが可能です。

銀行や貸金業者側は、その情報が送られてきたら、まず属性審査を行ないます。基本的なプロフィールをもとに、融資可能な人とそうでない人を「ふるい分け」するのです。

この時、多くのカードローンでは担当者が一つひとつの項目をじっくり精査するのではなく、入力された情報をもとに、コンピュータが自動的に点数化して可否を判断します。

最近は、こうした「スコアリングシステム」を取り入れる会社がほとんどですので、必要な情報さえそろえば、瞬時に属性審査ができるのです。

属性審査にパスした人については、引き続き信用情報機関に照会をかける「信用情報調査」も行ない、他社からの借り入れ状況や、延滞・債務整理などの有無を確認します。

このように、最近のカードローンではコンピュータによる自動判定が行なわれるため、スピーディな審査回答が可能なのです。

属性審査のスコアリングは、各社によって違う!

属性審査では、項目ごとに点数をつけて合計点で可否を判定しますが、その基準は各社によってまちまちです。

ただし、一般的には以下のような基準となっています。

職業

もっともスコアが高いのは、大手企業の会社員および公務員です。安定性という観点から、高いスコアがつけられます。

次に高いのは中小企業の正社員で、自営業やパート・アルバイトなどはやや低めのスコアになります。

収入

年収が多いほどスコアも高くなりますが、一般的には400万円以上あればそれほど大きな差は出ません。

カードローンの審査では、「継続的な安定収入」が重視されますので、年収が多くても時期によって波のある自営業よりは、毎月決まった手取りをもらえる会社員のほうが高スコアになることもあります。

勤続年数

属性審査で意外と重視されるのが、勤続年数です。長ければ長いほど、今後も仕事をやめるリスクが低いとみなされるため、高いスコアがつきます。

1年未満など短い場合は、審査にパスできても、利用限度額を低く制限される可能性があります。

家族構成

カードローン審査では、既婚であれ未婚であれ「同居している家族がいる」ほうがスコアは高くなります。

家族がいたほうが、支出が少なく済むことが多いから、というのが一因です。また、いざという時に頼れる人がいる、ともみなされます。

住居形態

カードローンの申し込みでは、持ち家か賃貸かを必ず問われますが、一般的には持ち家のほうが高スコアです。

住宅ローンの支払いがあっても、持ち家は資産ですので、いざとなったら売却してまとまったお金を作ることもできます。また、家があったほうが借り逃げされるリスクが低いともみなされます。

ちなみに、居住年数も長ければ長いほどスコアが高くなります。

健康保険証の種類

健康保険証の種類は、カードローンの審査で意外に大きなポイントとなります。

もっともスコアが高いのは、共済組合や組合健保の保険証で、これらは公務員や大企業に勤めている証でもあるからです。

次に社会保険、一番低いのは国民健康保険となります。

他社での借り入れ状況

カードローンの審査で非常に重要となる項目です。

当然ながら、他社からの借り入れが多ければ多いほどスコアは低くなります。

カードローンの属性審査では、上記のような項目をすべてスコアリングして、合計点を出します。

あくまで合計点での判断となりますので、何かの項目のスコアが低かったとしても、ほかの項目が高ければ審査に通る可能性は十分にあります。

モビットの「10秒審査」は、精度が高いと評判!

最近は、多くのカードローンが公式サイト上に簡易診断のページを設けています。

ただし、ほとんどは年齢や年収、希望借入額などの最小限の項目で判定しますので、簡易審査ではOKだった人でも、実際に審査を受けてみたらダメだった、ということが少なくありません。

あくまで目安程度に活用するものといえるでしょう。

そんな中、かなり精度の高い簡易審査として評判なのが、銀行系消費者金融モビットの「10秒審査」です。ほかのカードローンよりも入力項目が多い分、正確な判定が期待できます。

モビットの10秒審査で入力する項目は、以下の通りです。

お客様情報

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 携帯電話・PHSの有無
  • 携帯電話・PHS番号

お勤め先について

  • 勤務先名
  • 勤務先の電話番号
  • 雇用形態
  • 勤務先の種類(法人企業・個人企業・公共公的機関・自営業)
  • 入社年月
  • 保険証の種類
  • 前年度税込年収

お住まいについて

  • 自宅住所
  • お住まいの種類
  • 自宅電話番号の有無
  • 自宅電話番号

契約希望額など

  • 現在の他社お借入れ件数(住宅ローンなどの有担保ローンは除く)
  • 契約希望額
  • 希望連絡先
  • インターネットパスワード(審査結果照会の際に必要)

上記すべてを入力して簡易審査を申し込むと、すぐにその場で審査結果が表示されます。上述したような、コンピュータによる自動判定が行なわれるため、即時に結果が出るのです。

もちろん、本審査の結果が違う可能性もゼロではありませんが、ほかのカードローンの簡易審査に比べるとかなり精度は高めですので、利用できそうかどうかをあらかじめ知りたい方にはおすすめです。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド