キャッシング枠の利用は住宅ローン審査に不利になる?

キャッシング枠の利用は住宅ローンの審査に影響するのでしょうか?最近のクレジットカードはキャッシング機能が付属しているものが多く、利用している方も多くいます。

すぐに返済すれば利息もさほど気にならないため、外貨入手の手段としても優れており、海外旅行中に活用する方もいます。

しかし、借金であることは間違いないため「住宅ローンの審査に不利になるかも?」と不安になる方も多いでしょう。今回はそんなキャッシング枠の住宅ローンへの影響をお伝えして行きます。

キャッシング枠の利用があると住宅ローンの審査に影響してしまうのか?

結論から言いますとその可能性はあります。住宅ローンは数百~数千万の高額の融資になります。銀行にとってはリスクが高く、慎重に審査されることになります。

カードローンやクレジットカードよりも審査は厳格かつ、合格基準もずっと高くなるのです。

もしキャッシング枠の利用があると、それだけでマイナス査定になる可能性もあります。これから長期に渡って住宅ローンの返済をしていくのに、他の借金があると大きな不安要素となってしまうためです。

また、キャッシングの利用があるということは「お金を借りて使う癖があるかもしれない」と融資する側に警戒されてしまうこともあるのです。

住宅ローンの審査は非常に慎重にされるため、ちょっとしたマイナスポイントが原因で審査落ちしてしまうことも十分あり得ます。

そのため、キャッシング枠だけでなく、カードローンやその他のローン、クレカの分割り払いやリボ払いもおなじく不安材料になる可能性があります。それだけ住宅ローンの審査はシビアで慎重なものとなるのです。

キャッシング枠があっても利用していなければOK!?

キャッシング枠が付属していても利用がないという方も多いでしょう。しかし、利用していない場合であっても住宅ローンの審査に不利になることがあります。その理由は将来的な利用を警戒されるためです。

キャッシング枠での借入れはATMやネット等から簡単にできます。借入れしようと思ったらすぐにでも出来てしまうのです。

今は利用がなくても、将来的な利用の可能性があり、それによって返済不能になる可能性を警戒されてしまうことも否定はできません。

こうした理由から、たとえ利用がなかったとしても住宅ローンの審査に影響する可能性があります。

このことはキャッシング枠だけの話しではありません。カードローンやクレジットカードも同様になります。

カードローンやクレジットカードもすぐに利用できますし、使いすぎによって将来返済不能になることだって否定はできません。

とくに注意しておきたいのが、所持しているカードの枚数が多いときです。カードの枚数が多いと、それだけ潜在的なリスクが高くなります。

何度もお伝えしていますが住宅ローンの審査は非常に慎重なため、ちょっとしたことが審査落ちの原因になります。所持するカードの枚数は必要最小限にしておくのがオススメです。

なぜキャッシング枠の有無や利用状況が分かる?その秘密

信用情報機関という名前を聞いたことがないでしょうか?信用情報機関とは、かんたんに言えばあなたの借入れ状況を記録する機関です。

日本には「JICC」、「CIC」、「全銀協」の3つの信用情報機関が存在します。カード会社はこれらのいずれかに必ずと言っていいほど加盟しているのです。

あなたがキャッシング枠やカードローン、クレジットカードに申込みをしたり、借入れ・返済をおこなうと、その事実はカード会社を通じて信用情報機関に記録されます。

これらの記録は3つの信用情報機関で共有しているのです。

住宅ローンの審査では100%信用情報機関に照会して、あなたの借入れ状況を確認されます。そのため、キャッシング枠の有無や利用状況が分ってしまうのです。

利用しないキャッシング枠やカードは解約してしまおう!

住宅ローンの審査は厳しく、ちょっとしたマイナス査定だけで落ちてしまうこともあります。

キャッシング枠があると住宅ローンの審査に不利になる可能性も否定できませんので、利用しないのであれば無くしてしまうのも良い手です。

キャッシング枠の解約は利用中のカード会社に電話するだけで簡単にできます。むずかしい手続きは必要ありません。

キャッシング枠だけでなく、手持ちのカードローンやクレジットカードの枚数も必要最小限にしておくのがオススメです。

これもやはり将来的な利用を警戒され、審査にマイナス査定となる恐れがあります。利用しないカードは解約しておくほうが無難になります。

キャッシング枠やカードを解約すれば、その事実は信用情報機関に記録されます。解約したからといって信用情報に傷がついたりしませんので安心してください。