カードローンの審査で1番重要視される項目は?

カードローンの審査で1番重要視されるのは「返済能力」です。カードローン会社は利息で収益を上げていますので、貸したお金が返ってこないことを一番警戒しています。

そのため、なによりもあなたの返済能力を重要視しているのです。

返済能力は単に年収の額だけでなく、様々な要素によって決定されますし、もちろんカード会社によって基準はことなります。

ただ、大手であればどこでもそれほど差はありません。今回はそんな返済能力に関して、カード会社がどのように判断しているのを中心に解説していきます。

\すぐに借りるなら/

あなたの返済能力はこうやって判断される!審査のカラクリ

大手のカード会社であれば、ほぼすべてが審査を「スコアリングシステム」という方法でおこなっています。スコアリングシステムとは、あなたが申込み時に入力した情報をもとに返済能力を採点化する審査方法です。

申込み時には以下のように項目を入力することになります。これらは「属性」と呼ばれ、それぞれ点数がつけられていくのです。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 家族構成
  • 住居形態
  • 他社からの借入金額・件数
  • 過去の返済履歴

例えば、職業であれば公務員や医師であれば5点満点、サラリーマンなら4点、自営業者なら3点と、それぞれの項目ごとに採点化されます。

その合計によって、あなたの返済能力が算出され、審査の合否や限度額が決定されます。このように大手のカード会社では、スコアリグによってあなたの返済能力を採点化しているのです。

属性で重要なのはこの2つ!安定収入と信用情報が審査通過の鍵

採点化される属性はどれも重要ですが、とくに重要となるのが「安定収入」と「信用情報」です。まず安定収入からですが、現時点の収入の高低ではなく、「今の収入を継続できるか?」が重要視されます。

カードローンは長期に渡って返済してくのが基本です。毎月継続して返済をおこなうことになるため、安定して入ってくる収入が大切となります。

そのため、カード会社は収入の高さよりも「収入の継続性」を重視しているのです。

例えば、Aさんの今の収入が月60万円だったします。しかし、歩合制なため、来月の保証はありません。一方、Bさんの収入は月25万円。

ただ、会社勤めですので来月もおなじ額が保証されています。この場合、Bさんのほうが安定していると見なされ、スコアリングの点数が高くなることがあります。

もちろん収入が高いに越したことはないのですが、カード会社はそれよりも安定収入を求めています。こうした理由から、現時点の収入よりも収入の継続性が高いほうが、審査上有利になることがあるのです。

信用情報に問題があるとまず審査に通らない!

次に信用情報です。信用情報というのは信用情報機関にある、あなたの借入れや返済などの記録です。現在、日本には「JICC」、「CIC」、「全銀協」の3つの信用情報機関が存在します。

カードローンやクレジットカードなどを利用すると、その記録は信用情報機関に必ず記録されます。カードローン会社は以下のように、この信用情報機関のいずれかに必ずといっていいほど加盟しています。

カード名 JICC CIC 全銀協
モビット ×
アコム ×
プロミス ×
アイフル ×
ノーローン ×
新生銀行カードローン・レイク ×
三井住友銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック ×

上記のようなに大手のカード会社は信用情報機関に加盟していますので、審査時には確実にあなたの信用情報をチェックします。そのため、過去の借入れや返済、事故情報の有無などはすべて分ってしまいます。

もし、過去に延滞や債務整理などをした場合、その情報は事故情報として一定期間記録されます。これはいわゆる「ブラックリスト入り」です。

こうした事故情報があると安定収入があるなど、その他のスコアに問題がなくても審査に通るのが困難になります。

すべての信用情報機関はあなたの信用情報を共有している!

補足として注意点しなくてはいけないのが、すべての信用情報機関は記録を共有しているという点です。例えば、モビットは全銀協には加盟していません。

そのため、「モビットには全銀協の信用情報は分らないのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかし、すべての信用情報機関は記録を共有しているため、全銀協の記録も分ってしまうのです。こうしたことから、どのカードやローンであっても事故情報があると、すべてカード会社に知られてしまいます。

もし、過去に延滞等をして事故情報がある場合、審査に通るのは非常に厳しくなります。

まとめ

カードローンの審査に一番重要視されるのは「返済能力」です。返済能力はスコアリングによって採点化されます。

とくに重要なのが「安定収入」と「信用情報」の2つ。このどちらかが欠けていると、審査に通るのはむずかしくなります。とはいえ、継続した収入があり、信用情報に傷さえなければ、大抵のカードローンの審査に通ります。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド