カードローン審査の通過研究結果を発表!

カードローンに申し込むにあたって、もっとも大きな壁となるのが「審査」です。どんなに切羽詰まった状況にあっても、審査に通過しなければ融資を受けることはできません。

カードローンの審査に通過できるかどうかは、一人ひとりの属性や信用情報によっても変わってきますが、おおよその傾向というものはありますので、それをしっかりと研究すれば通過率を上げることはできると思われます。

ここでは、カードローンの審査に関するさまざまな情報を研究した結果、見えてきた「審査に通るためのコツ」を公開していきます!

\すぐに借りるなら/

各社共通!カードローンの審査に通るための基本的なコツ

銀行・消費者金融を含めたすべてのカードローンに共通する、審査通過率を上げるための基本的なコツをご紹介しましょう。

なるべく他社からの借入は整理しておく!

カードローンの審査では、必ず「信用情報調査」が行なわれ、過去に金融事故を起こしていないかどうか、また他社からの借入が現在どれだけあるか、などがチェックされます。

既に他の会社からお金を借りている場合、その額が大きければ大きいほど、どのカードローン業者も警戒してしまうのが普通です。

ですから、もし整理できそうな借金がある場合は、できるだけ片づけてから新たに申し込んだほうがいいでしょう。

ちなみに、他社からの借入状況については、虚偽の申告をしても信用情報調査で分かってしまうことですので、絶対に嘘をつかないことが大切です。

返済実績を積んでおく!

カードローンの信用情報調査では、悪い情報だけではなく、良い情報もチェックされます。たとえば、過去にカードローンやクレジットカードの返済をきちんとしてきた人は、その情報をもとに「この人は信用できる」と判断されるのです。

ですからカードローンの審査では、「悪い情報はないけれど、良い情報もない」人よりは、「良い情報だけがある」という人のほうが有利になります。その意味では、なるべく事前に返済実績を積み重ねておくことが大切です。

ちなみに最近は、携帯電話の機種代の分割払いや、奨学金の割賦返済についても、信用情報機関のデータベースに登録されるようになりました。カードローンやクレジットカードのみならず、支払い義務のあるものはしっかりと支払うようにしましょう。

最初は低めの融資額で申し込む!

初めてカードローンを利用する場合、最初は少額融資を希望したほうが、審査に通りやすくなります。

上述したように、特にこれまでの返済実績がほとんどない人の場合、業者側としては「信用に値する相手かどうか」を判断しにくくなってしまいます。

しかし、たとえば10万円程度であれば、よほど他の属性に問題がない限り、融資してもらえる可能性は十分にあるはずです。そうして、まずは少額を借りてしっかりと返済していき、信用度を上げていけば、後々限度額も増枠してもらいやすくなります。

勤続年数をなるべく長くする!

カードローンの審査では、さまざまな項目がチェックされますが、意外と重視される項目の一つに勤続年数があります。

勤務先や勤務形態、年収などのほうが重要度としては上ですが、研究の結果、多くの銀行や貸金業者が勤続年数も重視することがわかりました。

同じ職場に長く勤めている人ほど、今後も途中で辞める可能性が低いとみなされますし、たとえ辞めても、次の職場でまた長く勤められると予想されます。つまり、継続的な返済能力がある、と判断されるということです。

一般的には3年以上、最低でも1年以上、同じ職場に勤めているほうが審査には有利にはたらきますので、もし職場を変えて間もない場合は、少なくとも1年を過ぎるまで待ってから申し込んだほうが、審査に通る可能性は上がります。

審査に通りやすいタイミングを狙う!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はカードローンの審査には、通りやすい時期と通りにくい時期があります。

一般的には、3月や9月などの年度末は、何かとお金がかかるためカードローンの申し込みが殺到しやすく、少しでも属性に不安な点のある人は足切りされやすい時期です。

逆に、7月や12月などのボーナス月や、出費の頻度が減る1月や2月などは、カードローン業界の閑散期ですので、審査に通りやすい時期になります。

それ以外では、たとえば週末(金曜日)や月末(30~31日)もねらい目です。カードローン業界では、担当者が週や月ごとに契約数のノルマを達成しなければいけないところが多いため、週末や月末は少しでも成績を上げようと、前向きに審査してくれることが多いといわれます。

「総量規制」に引っかからないようにする!

これは、消費者金融に申し込む際に気を付けたいポイントです。

一般的に、銀行よりも審査に通りやすいといわれる消費者金融ですが、実は消費者金融ならではの壁も存在します。それが「総量規制」です。

総量規制とは、「年収の3分の1を超える融資はできない」というルールで、銀行を除くすべての貸金業者に適用されます。つまり年収300万円の人の場合、ノンバンクからの借入総額は、何社合わせても100万円まで、ということです。

たとえば、既に他の消費者金融から50万円を借り入れている場合、年収300万円の人なら、新たに借りられる額は50万円までとなります。現在、他社からの借入がある人は、自分が現段階でまだ借りられる金額をしっかりと把握した上で、融資を希望するようにしましょう。

上記のようなポイントをしっかりと押さえて申し込めば、よほど信用情報や属性に大きな問題がない限り、カードローンの審査に通る可能性は高くなると思われます。ぜひトライしてみてください。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド