審査なしで借りられる合法カードローンは存在する?

カードローンの申し込みを考えている方が、もっとも不安に思うのは「審査に通るだろうか?」ということでしょう。

特に、収入や勤務形態などの属性にあまり自信がない人や、過去に何らかの支払いを延滞してしまったことのある人などは、不安が大きいと思います。

そこで、「審査なしで借りられるカードローンはないか」と思い、色々と調べる人もいるかもしれませんが、結論からいいますと、そのような合法カードローンはありません。

もし「審査なし」をうたっているカードローンがあるとすれば、それは高確率で違法な業者ですので、絶対に手を出さないように気を付けましょう。

\すぐに借りるなら/

まっとうなカードローンは、必ず審査を行なう!

「審査なしのカードローンがあればいいのになぁ」と思う人は多いかもしれませんが、残念ながらそのような合法カードローンは存在しないのが実情です。

銀行であれ消費者金融であれ、まっとうな業者では必ず審査を行ないます。

銀行や貸金業者にとっては、融資額に応じて支払われる利息が収益です。ボランティアではなく、あくまでビジネスとしてお金を貸し出していますから、貸したお金が返ってこなければ、当然ながら経営は成り立ちません。

ですから、誰彼かまわずお金を貸し出すわけにはいかず、審査で「確実にお金を返済してくれる相手かどうか」を確認する必要があるのです。

そのために行なわれるのが、申し込み者の基本情報を調べる「属性審査」と、金融取引の履歴を照会する「信用情報調査」の2つの審査です。まっとうな業者であれば、これら2つの審査を必ず行ないます。

ただし、審査基準は銀行や会社によって異なります。最近は公式サイト上で、審査に通る可能性を判定してくれる簡易診断のサービスを用意している会社が多いですので、まずはそれを試してみるのもおすすめです。

「審査なし」=「ヤミ金」を疑うべき!

審査のないカードローンがないかと、色々調べていく中では、もしかしたら「審査なし!」とうたっている業者を見つけることもあるかもしれません。しかし、そこで喜んで安易にコンタクトをとるのは大変危険です。

上述した通り、まっとうな業者であれば必ず行なう審査を行なわないということは、つまりまっとうではない、と考えられます。ほとんどは、無登録・高金利の「ヤミ金」と呼ばれる業者のはずです。

国や自治体の認可を受けていない、非正規業者であるヤミ金は、信用情報機関に加盟できないため、そもそも信用情報調査を行なうことができません。

信用情報機関に照会をかける権限がないのです。ですから、過去に任意整理や自己破産などの金融事故を起こしたことのある人にも、ヤミ金はお金を貸します。

またヤミ金では、属性審査の基準も正規の業者とは異なります。

通常の属性審査では、収入や勤務先、勤務形態などを中心として、さまざまなプロフィールを総合的にチェックしますが、ヤミ金が重視するのは「住所が定まっていること」や「確実に連絡がつく家族がいること」などです。

もちろん、収入はあるに越したことはありませんが、たとえなくても、代わりに返済してくれそうな家族がいれば融資することもあります。本人が逃げるようなことがあったら、家族に取り立てがいく、ということです。

「それでも、まっとうな業者から借りられない人にとっては心強い存在なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、ヤミ金はそうした人の足元を見るため、法外な高金利で貸付を行ないます。

そして、万が一返済が滞るようなことがあれば、かなり悪質な取り立てを受けることもあるのです。

審査なしでお金を借りることには、これだけのリスクがあります。甘い誘い文句に乗らないよう、くれぐれも気を付けてください。

審査に自信がない人へのアドバイス

まっとうな業者で、審査なしのところはありませんが、審査に比較的通りやすいカードローンはありますし、申し込んでみたら意外と心配は杞憂だった、ということもあり得ます。

審査に不安のある方のために、いくつかのアドバイスをお送りしましょう。

収入面で不安のある人

給与が少ないために、審査落ちするのではないかと不安な人は、銀行よりも消費者金融のほうがおすすめです。

消費者金融では、基本的にパートやアルバイトでも、一定の収入がある人は融資の対象とします。

総量規制のルールがありますので、収入の3分の1までの貸付しかできませんが、基本的には「50万円までの融資であれば、収入証明書の提出不要」としている業者がほとんどです。

専業主婦(主夫)の人

現在、専業主婦(主夫)で収入のない人は、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが審査に通る可能性があります。

銀行によっても申し込み条件は異なりますが、配偶者の収入さえ証明できれば、専業主婦(主夫)でも一定額までの融資なら行なう銀行はありますので、ぜひ調べてみてください。

一方、消費者金融は総量規制のルールがあるため、基本的に本人に収入のない場合はNGとするところがほとんどです。

ただし、一部の女性向けカードローン業者の中には、「配偶者貸付」といって、配偶者の同意書や収入証明書、住民票などを提出すれば融資を行なうところもあります。

過去に延滞をしたことのある人

以前、クレジットカードや何かのローンで、返済が遅れてしまった場合、それが審査に影響するのではないかと心配になる人も多いと思います。

まず、延滞の記録には大きく分けて2種類あります。1つは、3ヶ月以上返済が遅れる「延滞記録」、もう1つは少しだけ遅れた場合の「返済遅延記録」です。

どちらも延滞には変わりませんので、審査には不利になってしまいますが、返済遅延記録の場合は、たった1回程度であればそれほど重視されることはないといわれます。

たまたま口座にお金を用意するのが遅れて、引き落としができなかったが、翌日にすぐ支払ったケースなどです。

もちろん、それを何回も繰り返すようであれば、審査にはかなり悪影響を及ぼしますが、1回程度しかない場合はそれほど気にせずに申し込んでみることをおすすめします。

一方、返済遅延が3か月以上にわたる「延滞記録」は、立派な金融事故の一つとして扱われますので、その情報が消えない限り、新たに審査に通るのは難しくなります。

信用情報機関によっても異なりますが、一般的に返済遅延記録は2年間、延滞記録は5年間データベースに残るとされています。

こういった信用情報が原因で、カードローンの審査に落ちると考えられる場合は、情報が消去されるのを待ってから申し込んでみるしかありません。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド