肉体労働者におすすめのカードローン

一般的に、工事現場で働いている方や、単発のアルバイトなどで肉体労働を行っているような方は、カードローンの審査に通りにくいと言われています。

銀行や消費者金融などの審査基準は一般には公開されていませんので、このようなことは噂や憶測の域を出ない部分もあります。

しかし実際に一部の肉体労働者の方が、カードローンの審査に通らず困っているということはたくさん起こっています。

肉体労働者の方の中で審査に通りにくい人はどのような特徴があるのか、またそのような方であっても審査に通りやすく、お金を借りやすいローンにはどのようなものがあるのか、解説していきます。

\すぐに借りるなら/

肉体労働の方全員が審査に通りにくいわけではない

肉体労働の方の雇用形態は、正社員や契約社員・派遣社員、そして単発のアルバイトで生計を立てている方など、様々な形があります。この雇用形態については、審査が通りやすいか否かを決める重要な部分となります。

ローン審査に通りやすい方

工事現場で働く方や、土木作業員、とび職などの方は、基本的には「ブルーカラー」であるとみなされます。

「ブルーカラー」であること自体で、事務仕事などの「ホワイトカラー」の職業に比べて審査の際の評価が低くなってしまうこともあります。

しかしあまりにスコアの差をつけてしまうことは職業差別にもつながってしまいますし、ブルーカラーかホワイトカラーかという部分で決定的な評価の差がつくことは基本的にはありません。

それよりもローンの審査では、雇用形態が正社員などの「正規雇用」か、契約社員や単発のアルバイトなども含めた「非正規雇用」かという部分や、年収がどの程度あるのかという部分が重要視されます。

ブルーカラーの方であっても、正社員として雇用されており、さらにホワイトカラーの方と比較してもそん色がない年収があれば、問題なくローン審査に通ることが可能です。

ローン審査に通りにくい方

ブルーカラーの方の中で、契約社員や派遣社員、そして単発のアルバイトなどで生計を立てている方は、正社員の方よりも審査に通りにくい傾向にあります。

しかし、契約社員や派遣社員などの場合であっても、正社員と変わらない年収を得ている場合にはそれほど影響がなくローン審査に通ることが可能となります。

ただ、契約社員・派遣社員で正社員よりも給与水準が低い場合には、雇用形態と年収のポイントが割り引かれて見られてしまうため、審査に通ることが難しくなってしまう可能性が高くなります。

さらに、工事現場などを単発で転々としており、決まった職場で働くことがない肉体労働の方は、ローン審査においてはきわめて不利になってしまうと言えます。

単発のアルバイトの場合には収入が契約社員・派遣社員以上に低いことが多く、さらに給与の支払いが「日払いかつ手渡し」などの場合もあり、正確な年収を把握することが難しいような場合もあります。

ローン審査では、その人の信用が最も重要なポイントとなりますので、このような単発のアルバイトで生計を立てているような方がローンの審査を通ることは非常に難しくなることが考えられます。

ローン審査に通りにくい肉体労働の方におすすめのカードローンは?

単発のアルバイトで生計を立てている方など、肉体労働をしている方の中でもローン審査に通りにくい方は、審査基準が比較的ゆるいローンを選ぶようにしましょう。

ローン審査に通りにくい肉体労働の方が申し込むべきカードローン一覧

以下に挙げるカードローンは、他社と比べても門戸を広く開けて対応してくれるところであり、審査に通りにくい方であっても一度相談してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

  • プロミスのカードローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • アコムのカードローン
  • アイフル キャッシングローン
  • モビットのカードローン

上記のような消費者金融系カードローンの場合、基本的に銀行系とは審査基準が異なりますので、安定的な収入があれば非正規雇用の肉体労働の方であっても審査に通る可能性が高くなっています。

単発のアルバイトを転々としている方が審査申し込みをする際の注意点

前述した非正規雇用の方の中でも、単発のアルバイトを転々としているような方は、審査申し込みの前に気をつけておくべきことがあります。

カードローン審査では安定的な収入があることに加えて、「定職」に就いているかどうかという点も重視されます。

単発のアルバイトをしている方は、なるべく多くの会社、多くの現場で働くより、たとえ日払いであっても一つの現場で長く働いている方が、審査に通りやすくなります。

なるべく一つの職場で長く働くことは、単発のアルバイトで生計を立てている方の年収を把握することも容易にし、より審査に通りやすい要素を増やすことにもつながります。

まとめ

肉体労働の方は、一概にローン審査に通りにくいわけではありません。しかし非正規雇用の方など、ローン審査に通りにくい方がいらっしゃることも事実です。

ローン審査に通りにくい方は、一度前述したような消費者金融系カードローンに、審査の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド