なぜカードローン審査に落ちたのか教えてくれる?

カードローンの審査に落ちた場合、多くの人がその理由を知りたいと思うものです。何が悪かったのかが分かれば、次にチャレンジする際に参考になりますし、何より精神的にスッキリします。

しかし、残念ながらカードローンの審査落ちの原因は教えてもらえないことがほとんどです。どんなにしつこく問い合わせても、「当社の審査基準に沿わなかったため」としか答えてもらえず、具体的な回答はもらえません。

なぜ、カードローンの審査落ちの原因は秘密にされるのでしょうか。また自分で原因を突き止める方法はないのか、などについても解説していきます。

\すぐに借りるなら/

カードローンの審査落ちの理由、なぜ教えてもらえない?

カードローンの審査に落ちると、その原因を知りたいと思うのが普通です。

しかし、銀行であれ消費者金融であれ、審査落ちの原因について回答してくれるところはまずありません。実際、公式サイト上でも「審査に関する問い合わせには一切答えられない」と明記してあるところが多いはずです。

「落ちた原因がわかれば、次の対策も立てやすくなるのに、なぜ教えてくれないのか?」と腹を立てる人もいるかもしれませんね。

しかし、実はその「対策を立てやすくなる」という点が、審査落ちの原因を教えてもらえない最大の理由なのです。

カードローンの審査基準は、各社によって異なります。

よほど属性に問題がある人や、他社からの借り入れが多い人、信用情報に傷がある人などは大体どこでもNGとなりますが、その他の細々とした項目については、企業によって判断が分かれます。

実際、あるカードローンでは審査にパスできなかった人が、別のカードローンではOKだった、というケースも少なくありません。

このように、各社ともそれぞれの審査基準を持っているわけですが、それが公になってしまうと、申込者が本当の情報を隠して、その会社の審査基準に合わせて申し込んでくる可能性が高くなるのです。

たとえば、「この会社は勤続年数が1年以上じゃないと審査に通さない」という情報が公になると、実際は1年未満しか勤めていない人が、虚偽の申告をする可能性があります。

その結果、正しい審査ができなくなってしまうことが一番の問題なのです。

さらに、「審査落ちの原因を伝えると、その原因を修正して再度申し込んでくる人が増える」という問題もあります。

たとえば、他社からの借り入れ件数が多すぎて審査に通らなかった場合、その理由を本人に伝えると、もしかしたら他社の負債を少し減らしてから再度申し込んでくるかもしれません。

しかし、会社側としては「数社から一気に借り入れている」というだけで融資はしたくないため、原因を解消して再度申し込まれても、審査に通すことはほぼありません。

すると、申込者は「審査落ちの原因を解消したのに、なぜまた落とすんだ?」とクレームをつけてくるでしょう。

このように、審査落ちの原因を伝えることにはさまざまな弊害があるため、どの会社も原則として回答はしてくれません。しつこく尋ねれば尋ねるだけ印象を悪くするだけですので、やめておいたほうが無難です。

カードローンの審査落ちで考えられる原因とは?

会社側に詰め寄らなくても、カードローンの審査に落ちた原因は、ある程度までは自分で知ることができます。

カードローンの審査に落ちる原因で、よくあるものをピックアップしてみました。

属性の問題 年齢や収入、勤務形態などについて、カード会社の審査基準に合致しない部分があった
他社からの借りすぎ
(総量規制に抵触)
他社からの借り入れが多く、返済に不安がある。もしくは「年収の3分の1まで」という総量規制に抵触する恐れがある。
信用情報の問題 信用情報調査の結果、他社での延滞や債務整理などの事故情報が見つかった
審査が不十分 職場への在籍確認がとれない、本人への連絡がつかない、など
申込件数が多すぎ
(申し込みブラック)
1ヵ月以内に3件以上のカードローンやクレジットカードに申し込んでいる
希望契約額が高すぎ 収入に見合わない利用枠を希望している
利用実績がまったくない
(スーパーホワイト)
過去にローンやクレジットカードを利用した経験がなく、利用実績を確認できない

中でも、「3大原因」と呼べるのは以下の3つです。

  • 返済能力が不足している(収入・勤務形態・勤続年数など)
  • 他社からの借り入れが多い
  • 延滞や債務整理などの事故情報がある

返済能力に関しては、各社によって審査基準が異なるため、申し込むカードローンを変えることでクリアできる場合があります。

なるべく「パート・アルバイト・契約社員・個人事業主でも申し込み可」と明記されているところを中心に、希望契約額を少なめに設定して申し込むようにしましょう。

一方、他社からの借り入れが多い人や、信用情報に傷がある人は、基本的にどのカードローンでも審査に通る可能性は低くなります。

特に延滞や債務整理を行なっている人は、いわゆる「ブラックリスト入り」している状態ですので、その記録が消えない限り、新たなローンを契約することは原則できません。

信用情報機関にもよりますが、5~10年間はデータが残るため、新規申し込みはその後にするようにしましょう。

審査に不満がある場合は、「信用情報」の開示手続きを

「いや、自分には思い当たる原因は何もない!」という場合は、信用情報機関に開示請求を行なうのも一つの方法です。

日本には、「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」「JICC(日本信用情報機構)」「KSC(全国銀行個人情報センター)」の3つの信用情報機関があり、それぞれ情報の開示請求を受け付けています。

KSCは郵送のみですが、CICとJICCはスマホからも手続きできますので、とても便利です。

開示請求した結果、もしも身に覚えのない情報が登録されていた場合は、訂正してもらうことができます。思い当たる原因のない審査落ちが続く場合は、念のため一度、自分の信用情報をチェックしてみましょう。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド