主婦でも借りられる審査が甘いカードローンはある?

専業主婦の中にも、事情があってカードローンを利用したい人はたくさんいます。

しかし、カードローンの申し込み条件を見ると「本人に安定した収入がある方」と書かれているものが多いため、専業主婦には無理だとあきらめてしまっている人も多いかもしれません。

確かに、専業主婦はカードローンの審査に不利であることは事実ですが、中には専業主婦でも借りられるカードローンは存在しますので、そういうところに絞り込んで探すのがおすすめです。

ここでは、専業主婦でも借りられるカードローンの例や、その際「夫にバレないかどうか」などの気になる情報についてもご紹介していきます。

\すぐに借りるなら/

専業主婦が借りられる消費者金融は少ない!?

一般的に、銀行よりも消費者金融のほうが審査は甘いというイメージがあります。

実際、銀行では断られてしまうような年収の低い人や、パート・アルバイトの人でも審査に通りやすく、間口が広い点が消費者金融のメリットです。

ただし、専業主婦となると話は変わってきます。たとえば「アコム」「プロミス」「アイフル」の大手消費者金融3社は、いずれも専業主婦を不可としているのです。これには、「総量規制」が大きく関係しています。

総量規制とは、「年収の3分の1を超える融資はできない」というルールで、銀行以外のすべての貸金業者(ノンバンク)に適用されます。

たとえば年収300万円の人なら、ノンバンクからの借入は何社からであっても100万円まで、ということです。

以前までこのルールはなかったのですが、多重債務者が続出したことから、「収入に見合った利用を」ということで適用されるようになりました。

それでは専業主婦はどうなるかといいますと、そもそも専業主婦は本人に収入がありませんので、総量規制に照らし合わせて考えると「借入可能額は0円」ということになります。

つまり、収入のない専業主婦は、基本的に消費者金融を利用できない、ということです。

専業主婦でも借りられる「配偶者貸付」とは?

ただし、総量規制の例外的な措置として「配偶者貸付」というものがあります。これは、「配偶者の収入も合わせた夫婦2人の年収の3分の1までなら融資可能」というルールです。

つまり専業主婦でも、配偶者に収入があれば、その3分の1までならノンバンクからお金を借りられるということになります。

配偶者貸付を受けるためには、以下の書類が必要です。

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を示す書類(住民票や戸籍抄本など)
  • 配偶者の収入証明書(給与明細書や源泉徴収票など)

上記のものを用意できるなら、専業主婦でも消費者金融から融資を受けることができます。

配偶者貸付を行なう消費者金融は意外に少ない!

しかし、問題なのは「すべての消費者金融が、配偶者貸付に対応しているとは限らない」という点です。むしろ、配偶者貸付を行なっている会社はかなり限られてきます。

たとえば、「アコム」「プロミス」「アイフル」の大手3社は、いずれも配偶者貸付に対応していません。2016年10月現在の時点で、配偶者貸付を行なう消費者金融には以下のような会社があります。

配偶者貸付に対応している消費者金融

会社名 融資限度額 金利
レディースフタバ 10万~50万円 14.959~17.950%
アスカ 5万~50万円 18.00%~20.0%
ベルーナノーティス 1万~100万円 8.0%~18.0%
キャネット 5万~50万円 15.0%~20.0%

いずれも少額融資を基本とした中小企業です。大手に比べると金利もやや高めに設定されていますが、専業主婦にも融資してくれる数少ない会社ですので、選択肢の一つとして考えてみるのもいいでしょう。

専業主婦なら、銀行のほうが融資を受けやすい!

一般的に、消費者金融よりも審査の厳しいイメージがある銀行ですが、実は専業主婦でも融資可能なところは意外とたくさんあります。

その大きな理由は、消費者金融と違って総量規制の対象外だからです。

つまり本人の収入に関わりなく、銀行独自の判断でお金を貸し出すことができるため、専業主婦であっても配偶者に安定した収入さえあれば、柔軟に融資してくれるところが多いのです。

実際に、専業主婦でもOKとしている銀行をいくつかご紹介しましょう。

専業主婦への融資を行なっている銀行カードローン

銀行名 融資限度額 金利
三菱東京UFJ銀行
(バンクイック)
10万円~500万円
(専業主婦は30万円まで)
1.8%~14.6%
みずほ銀行
(みずほMy Wing)
10万円~100万円
(専業主婦は30万円まで)
12.0%~14.0%
新生銀行
(レイク)
1万円~500万円 4.5%~18.0%
ソニー銀行 10万円~800万円
(専業主婦は50万円まで)
2.5%~13.8%
ジャパンネット銀行
(ネットキャッシング)
10万円~1,000万円 2.5%~18.0%
イオン銀行カードローン
(カードローンBIG)
30万円~800万円
(専業主婦は50万円まで)
3.8%~13.8%
楽天銀行
(楽天スーパーローン)
10万円~50万円
(専業主婦は50万円まで)
1.9~14.5%

上記のほかにも、専業主婦への融資に対応する銀行は、地方銀行も含めて数多くあります。

専業主婦の場合、30~50万程度の融資に限定されてしまいますが、銀行のほうが消費者金融に比べると金利も低いため、配偶者に安定した収入のある方は、まず銀行に申し込んでみるのがおすすめです。

夫に内緒でカードローンを利用できる?

専業主婦の方の中には、「夫に内緒でカードローンを利用したい」と思う方も多いかもしれません。

結論からいいますと、消費者金融では難しいが、銀行では可能な場合もあります。

消費者金融で専業主婦が融資を受けるためには、配偶者貸付の制度を利用することになりますので、どうしても配偶者の同意書が必要になります。ですから、夫の承諾なしに借りるのは難しいのが現状です。

一方、銀行では基本的に本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)だけで申し込める場合が多く、配偶者の同意書はもちろん、収入証明書の提出すら求められないところがほとんどです。

申し込み者本人への電話連絡はありますが、配偶者の職場への在籍確認の電話がかかることもほぼありません。

ただし、審査の状況などによっては在籍確認が必要になるケースもありますので、配偶者に内緒でお金を借りたい場合は、あらかじめそのことを担当者に伝えておくことをおすすめします。

スピーディーな消費者金融系

  • 即日融資
  • 無利息期間
  • WEB完結
  • 電話連絡なし
  • 書類郵送なし
  • 収入証明不要
  • おまとめ対応
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生OK

はじめて利用する方は金利が上限の年率18%が適用されるケースが大半ですが、プロミスは17.8%とはじめての方でも他より少しお得に借りることができます。SMBCグループの安心できる消費者金融系カードローンです。

  • 即日融資・Web完結も対応可能(OK)
  • 30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • 在籍確認は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
  • フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
  • 「収入証明書不要」は「限度額50万円以内」

公式サイトへ

カードローンの返済や借金に困ったら ⇒ 借金解決ガイド